フリーターの就職事情!体験談に学ぶ7つの成功事例

フリーターの就職事情!大成功した7つの体験談に学ぶ

フリーターから就職をして、安定した生活に転向するのは現代社会では至難の道とも言われていますが、実際にフリーターを就職する前に経験している人々は、大多数

フリーターが就職活動で戦力となるのは、「フリーター」と言う立場での社会人経験です。フリーターを経て就職した人材は、企業から見ればその謙虚さ、社会人としてのコミュニケーションスキルが魅力です。

そのため、実はフリーターから就職した方は意外と多いのです。その成功の秘訣は端的に言えば「企業に対し前向きに自分をアピールできた」ということに尽きます。

では具体的に、どのような姿勢でフリーターから就職活動に繋げ、企業側に自分を売り込むことができたのでしょうか。ここではフリーターを経て就職をすることに、大成功した先輩達の、体験談やポイントを7つの項目に分けて解説します。



 

フリーターの就職事情!
体験談に学ぶ7つの成功事例

 

フリーターの就職活動計画


フリーターは、あまり仕事に対しての責任を問われない「気軽さ」がありますが、その分雇用者の都合で、いきなり辞職させられることもあるという、不安な要素もあります。

その環境の中で、まずは「将来を見据えること」を心がけてみませんか。まずは、「自分がこれからどのように生きたいか」真剣に考えてみます。

【 フリーターの就職活動:将来を見据える 】

☆ 将来のためには貯金をする必要性に気付けば、今の生活を改め、節約を考えなければいけないかもしれません。場合によっては「資格取得」を考える人々も多いです。

目標を決めて努力すれば、その体験も企業に対してのアピールポイントに繋がります。特にフリーターの就職活動では、短期的に「ともかくどこかの正社員になりたい」と闇雲な就活はせず、将来を見据えて行動した結果、理想の職場に就職できたという方に倣ってみてください。

 

面接でイメージを覆し、「お!」と思わせる


前の項目にも重なる内容ですが、あえて分けて解説します。もちろん、これまでのフリーター経験を通して、いざ企業に正社員としてフリーターから就職したら「こんな仕事をしたい」「あんな仕事をしたい」と思う人々も多くいます。

ただし、それを漠然と「思う」ではなく、より明瞭にイメージしてみると、フリーターの就職活動を、よりスムーズに進めさせてくれます。

【 フリーターの就職活動:企業での自分をイメージ 】

☆ 「自由人」のイメージが強いフリーターの就職活動では特に、準備段階で社内での自分の姿を、明瞭に思い描いてみます。

「企業の中で自分はどのように仕事をしていきたいか」「どのようなビジョンがあるか」ということをイメージして、それをアピールすることは重要なポイントです。

フリーターの就職活動で、マナーや言動が気になる面接。このイメージを言葉にしてアピールすることにより、フリーターの印象に纏わり付く「責任感がない」「自由人」などの負の印象がたちどころに解消し、面接に通った先輩もいるのです。

未来のことを明快に語れる方は、実は正社員でもあまりいないのが現状。

☆ 目標を持っているという姿勢だけでも評価の対象となるかもしれません。

 

フリーターの就職活動で、企業が気にしていること


どんなに能力があっても、基本的な身だしなみやマナーに無頓着な人は、敬遠されがちです。確かにそれほど身だしなみやマナーを、厳しく問われない職場も確かに多くあります。

ただし、特にフリーターの就職活動で、企業が気にするポイントマナーと身だしなみ

【 フリーターの就職活動:マナーと身だしなみ 】

☆ そこに目をつけ、本やネットなどで社会人として恥ずかしくない身だしなみと、どこでも通用するビジネスマナーを研究してから就活し、フリーターを経て就職を勝ち取った方がいます。

身だしなみやマナーは一度身についたら、職場だけでなくどのような場面にも役立ちます。何よりもあなたを価値ある人に見せてくれるのです。研究して絶対に損はありません。

 

フリーターが就職活動する時の受け答えのポイント


そもそも、あなたはどうしてフリーターになったのでしょうか?「学校は卒業したけれど、受け入れてくれる就職先がなかったので、仕方なくフリーターに」「何をしたいのか自分でもよくわからなかったので、とりあえずフリーターとして働くことにした」など、人それぞれ様々な理由があります。

なかには、フリーターの仕事に誇りを持っている人も、もちろん多くいます。しかし、もしフリーターになった理由が上記のような少しネガティブなものだったら、どこか正社員ではないという「負い目」の気持ちがありませんか?

ここで、フリーターを経て就職し、正社員になった方の中には「面接の際はあくまでも自分を偽らず良く見せようとも思わずしっかり受け答えをすることを心がけた」という方がいます。

【 フリーターの就職活動:あくまでもポジティブに 】

☆ 「能力がないから」「自分の心がブレていたから」フリーターになったのではなく、ともかく社会の中で頑張っていきたい気持ちがあるからこそ「フリーター」として生きてきたと、ポジティブに答えたのです。

このような心境になるには「開き直り」も必要です。一回の面接だけで就職できた方は、相当運の良い方です。良い結果が出るまで粘り続ける、諦めない気持ちも大切ですね。

 

フリーター経験から知った「自分の強み」


企業は何も「即戦力」だけを求めている訳ではありません。やる気をもって努力し、企業のために貢献してくれる人材を何より大切にするところも多いのです。

フリーターとして働く中で「やりがい」を感じていくケースは多いです。一度でもそれを感じられれば「自分はどのような場面ならやる気を出せるか」を伝えることができます。このようなことから就職への糸口をつかんだ元フリーターもいます。

【 フリーターの就職活動:やる気を見せる 】

☆ 集中力でも、コミュニケーション能力でも何でも構いません。ともかく「やる気」があり「このような場面なら、特に自分は力を発揮できる」という「強み」を見つけ、それを前面に打ち出してみてください。

 

応募する会社を選ぶ時


フリーターの中には「憧れの会社」を、具体的に思い描きチャレンジするケースもあります。しかしそのような会社、特に名前の知れている会社は、ただでさえ倍率ステータスも高いもの。

【 フリーターの就職活動:自分が輝く会社を見つける 】

☆ それならば小さくても、自分の力量にあった企業に就職し、能力を発揮できればどうでしょう。「あなたのおかげ」で将来その企業が伸びるかもしれないのです!

自分の能力やフリーター経験が遺憾なく発揮できる職場。やりがいに溢れていますよね。そのため進路を若干変更し、このような会社をあえて避け、フリーターから就職を果たしたという方も多いです。

実際に、現在は大企業でも「今後も安泰のまま」と言い切れる企業は無いに等しいのではないでしょうか。

 

フリーター経験をプラスに転換


フリーターとして就職し勤務しているなかで、貴重な経験や嬉しい経験をしたという方も多いのではないでしょうか。それも立派なかけがえのない「社会経験」です。

そのことについて、堂々と面接時にアピールし正社員になった、という方がいます。特にフリーターの仕事と、就職したい企業の仕事が似た分野でしたら、アピールもしやすいですね。

【 フリーターの就職活動:経験をプラスに転換 】

☆ そのために「これまであった貴重な経験」をまとめて、明快に話せるようにしておくと、より明瞭な自己アピールができます。

 

フリーターの就職活動で役立つ、先輩の経験談から分かった7つの就活成功のポイントは、いかがでしたでしょうか。フリーターとひと言で言っても、その仕事内容は様々。どの仕事どの立場で働いていても、やりがいと苦労は必ずあります

あなたの経験を踏まえて「フリータ―を経ての就職」にチャレンジするのも、また貴重な経験です。途中の項目でも述べましたが、「一回面接にトライしただけでは、すぐ就職とはならなかった。」と言う先輩の体験談は圧倒的に多いもの。

ただ、フリーターの就職活動で成功した先輩達に共通していた点は、面接に落ちた時に、「どうして駄目だったのか」次の策を練っていた点です。確かにそれを繰り返せば、いつか正社員の道が開けることは当然のこと

多くの先輩が落ち込まずたゆまず冷静に分析し、そして確信を持って就活に挑んでいたことが印象的でした。

例えフリーターという立場でも「働いている」以上は、何らかの形で社会に貢献し、誰かのことを助けています。どうかそのことを忘れずに、自信を持って前向きに進みましょう!

 

まとめ

フリーターから正社員に転身した先輩に学ぶ、就活成功のポイント

・ただ漠然と動くのではなく、就活前に将来設計を立てて動く
・「企業の中でどうしていきたいか」を明快に語れるようにしておく
・フリーターだからこそ、「身だしなみ」や「マナー」を研究しておく
・自分を偽らず、良く見せようとも思わず、しっかり受け答えをする
・フリーター経験から知った、自分の強みを冷静に分析してアピール
・知名度やステータスの高さに踊らされず「自分が輝く会社」を選ぶ
・「フリーターだからこそ経験できた」ことについてアピールする