就活の電話で折り返し☆基本マナーを抑えた7つの例文

就活の電話で折り返し☆基本マナーを抑えた7つの例文

就活電話の折り返しマナーは、しっかりと把握していますか?大学に入学したばかりだったはずなのに、気がつけば就活シーズンに突入している!と感じる人も多いはずです。学生の感覚で就活を進めてしまうと、ささいなシーンが思わぬ落とし穴になります。

「すでに社会人の1人」と言う認識を持って、就活マナーならぬ、「ビジネスマナー」をしっかり意識しながら就活に専念しなければ、希望の企業への就職が夢のまた夢になってしまいます。

就活電話の折り返しマナーもそのひとつ。最近ではメールが主流になっていますが、まだまだ企業から電話が来ることも多々あります。授業や移動中などで電話が取れなかった時、企業に自分から折り返す…。

そんなシチェーションでの就活電話の折り返しマナー。自信を持って対応出来ますか?若い人ほどメールが主流となっている昨今、多くの学生が見落とす就活電話の折り返しは、イメージアップのチャンス!

今回は、事前に理解しておきたい、就活電話の折り返しマナーの基本をお伝えします。就活電話の折り返しのチャンスを無駄にしないよう、しっかり対策して下さい。



 

就活の電話で折り返し☆
基本マナーを抑えた7つの例文

 

留守電が入っていたら必ず折り返す


自分が電話に出られない間に、留守番電話に就活中の企業からのメッセージが入っていたら、必ず折り返すのは、最低限の就活電話の折り返しマナーです。

【 就活電話の折り返しマナー:電話の趣旨 】

★ 就活電話の折り返しをしたら「先程お電話頂いたのですが」と伝えます。

・ そうして、「折り返しの電話であること」を先方の電話に出た方に伝えて下さい。

企業には色々な所から電話が掛かってきます。就活電話の折り返しだとわかれば、「さっき社内の誰かが電話した方なのだな」と相手に伝わり、対応がスムーズになるはずです。

自分が電話をした趣旨を相手に先に伝えるのは、やりとりをスムーズに進めるためのビジネスマナーです。

 

着信2回は急いで折り返しての合図


携帯の留守番電話には録音がなくても、着信が2回以上残っていれば、それは「急いで伝えたい事がある」というサインです。

【 就活電話の折り返しマナー:着信2回 】

★ 着信を2回受けたら、早く先方に就活電話の折り返しをします。

・ 「また掛けてくるだろう」はビジネスマナーとしてNGです。

相手があなたに抱く印象で「就活電話の折り返し」と、「また自分が掛けた」では、大きな差があります。着信2回以上の就活電話の折り返しでは、「何度もご連絡頂いて申し訳ありません」とひと言添えて連絡を入れて下さい。

★ 着信履歴を見て急いで折り返したならば、相手にいい印象を与えることも出来るかもしれません。

 

知らない番号からでも折り返そう


企業の電話番号は登録してあっても、登録してある電話番号だけから、電話が掛かって来るという保証はありません<。知らない電話番号からの着信であっても、折り返し電話をするように心がけるのが得策です。

【 就活電話の折り返しマナー:知らない番号 】

★ 「知らない電話番号だから」と放っておいてしまっては、チャンスを棒に降ってしまう可能性があります。

知らない電話番号に折り返し電話する時には、「先程お電話を頂いたようなのですが」と切り出し、「ご確認頂けますでしょうか」と伝え相手に確認してもらいます。

 

電話が一次選考になっていることも



「ただ用事があって電話している」と、気軽に就活電話の折り返しをした場合、
就活的に大間違いなこともあります。もちろん、先方は用事があって電話をしてきているのですが、その時のあなたの就活電話の折り返しマナーは、必ずチェックされています

【 就活電話の折り返しマナー:いつでも丁寧に 】

★ メールだけでは伝わりにくい、「あなたの人となり」が、直接電話で話せばわかることもあります。

逆にメールでは取り繕っている部分が、電話で話してボロとなることもある訳です。周りがガヤガヤしている所で電話したり、失礼な言動がないようにしっかり練習して掛けると安心です。

 

大学名と氏名は忘れずに


企業に就活電話の折り返しをした時には、必ず自分の大学名と氏名を伝えて下さい。

【 就活電話の折り返しマナー:大学名と氏名を 】

★ 企業にはあまり会社名や肩書などなく、氏名だけで電話をしてくる人はいません

・ 氏名だけでは不審に思われる可能性があるのです。大学名をきちんと伝えることで、先方も電話をもらった要件が想像出来るはずです。

就活電話の折り返しの際には、「◯◯大学の△△と申します。先ほど◯◯課の☓☓様からお電話を頂いたのですが、いらっしゃいますでしょうか」とわかりやすく、自分の氏名と要件を伝えるように心がけます。

 

折り返す時間帯も配慮して電話を


着信が数度あったら、取り急ぎ就活電話の折り返しをするようにしますが、そうでない場合には時間帯に配慮をすれば、就活電話の折り返しマナー上級者です。

【 就活電話の折り返しマナー:時間帯 】

★ 朝イチから午前中はバタバタとしやすい時間帯です。

・ また昼休み就業時間ギリギリ就業時間後も避けたほうがいい時間帯です。

留守電や着信に気がついて折り返しする時は、この時間帯を避けて連絡します。どうしても連絡する場合には「お忙しい時間に申し訳ございません」と一言添えると丁寧です。

 

相手が不在だった場合も考えておく


就活電話の折り返しをした時に、相手が不在にしている場合もあります。相手が不在だった時に慌ててしまわないように、「不在だった場合にはどう伝えるか」も考えてから、折り返しの電話をするようにすると、安心です。

【 就活電話の折り返しマナー:相手の不在 】

★ 先方から不在を伝えられたら…

・ 「かしこまりました。こちらからまたお電話差し上げたいのですが、お戻りのご予定はおわかりになりますでしょうか」と聞き、再度折り返し掛ける旨を伝えます。

安易に不在だったからと、また電話をもらおうと思わないようにするべきです。

 

いかがでしたでしょうか。就活電話の折り返しで必要なマナーの基本は、出来るだけ早く対応することです。ただ就活電話の折り返しマナーは、「早くすればいい」と言うものではありませんが、少なくとも就活電話の折り返しが早い事は、就職への意欲と取られます。

就活電話の折り返しがいつまでも掛かってこなかったり、対応がルーズである場合、就活への熱意がないものと評価されてしまいます。自分が「就職したい!」という熱い気持ちがあれば、就活電話の折り返しマナーは、自然と態度に必ず現れるものです。

企業の担当者にもその熱意は伝わるものですし、逆に就活に熱意がないことも伝わってしまいます。就活電話の折り返しマナーだけでなく、メール、面接も真摯に対応して自分の熱意が相手に伝わるように対応する丁寧さが、就活を成功させる隠された秘訣です。

 

まとめ

就職活動での隠れたポイント、折り返しマナーの基本

・留守電を聞いたらすぐに折り返そう
・着信があったら折り返すのがマナー
・知らない番号も企業の可能性あり
・電話でふるいに掛けられてることも
・名前だけでなく大学名も添えると吉
・忙しすぎる時間に掛けない配慮も
・不在でも慌てないよう応対を考えて