フリーターの就職活動!面接で一目置かれるポイントとは

フリーターの就職活動!面接で一目置かれるポイントとは

フリーターの就職は難しい。そんなイメージがある人々が多いですが、本当でしょうか?将来への保証がない現代の日本社会では、新卒の就職活動者だけではなく、転職活動や主婦層の社会復帰など、あらゆる就職活動で溢れています。

確かに何回か挑戦して不採用になった時などは、そう感じて心が折れそうな時期もあるかもしれません。けれども、よくよく考えると、現代の世相ではフリーターの就職活動に限った事ではないのです。

派遣社員やフリーランスと、就職活動者だけではなく仕事の形態まで多様になった現代、フリーターの就職活動は、転職活動と心構えはあまり変わりません

今回はフリーターが就職をするための、面接におけるPRの仕方とポイントをお伝えします。本記事を参考に、自分の今までの経歴をプラスに転向し、理想の職場を見つけて下さい!



 

フリーターの就職活動!
面接で一目置かれるポイントとは

 

言葉遣いはしっかりと


フリーターの就職では、面接が自己アピールができる本領発揮の場所。自分を100%アピールできればいいのですが、『面接』は誰でも緊張する場。その緊張を少しでも抑えられるのは、しっかりとした日常です。

仕事は人が創っていく場所。人と人のコミュニケーションがきっちりと成り立つことが、仕事では欠かせないことを、フリーターの就職活動者だからこそ、理解できます。

【 フリーターの就職活動:言葉遣い 】

① 会話は日頃から、年齢関係なく行なっていますか?

② 言葉遣い「フリーター敬語」になっていませんか?

③ 小さすぎず大きすぎず、丁寧な挨拶ができていますか?

フリーターの就職では、現在のフリーターとしての職場での在り方が問われます。職場で日頃から気にかけてくれる人がいれば、訓練が行き届き大丈夫であるはず。

 

身だしなみは好印象を与えるように


フリーターの就職に限らず、『面接』では第一印象が、大きく選考に左右されるぐらいに非常に大切です。フリーターの就職では、「フリーター」のイメージを払拭するきっかけでもあるのが、マナーの行き届いた身だしなみです。

【 フリーターの就職活動:身だしなみ 】

① 服装は、アイロンをかけて用意していますか?

② 髪型は黒髪で、スッキリとまとめていますか?

③ 綺麗に靴が磨かれていますか?

出来ればフリーターの就職活動中は、全身鏡を玄関に置いて、全体的に好印象を与えるように心掛けて下さい。フリーターの就職の場合、「よーい、スタート!」で就活をスタートする訳ではありません。指導する先生もいませんので、自分自身でより細やかにチェックすべきです。

 

フリーターの就職活動に欠かせない、「爽やかさ」


フリーターの就職活動だからこそ、フレッシュマンの爽やかな印象は、そのギャップで2倍の好印象を与えます。特に居酒屋などの飲食店など、デスクワークなどのアルバイト以外でのあるバイト経験でしたら、このギャップは、ぜひ利用すべきです。

【 フリーターの就職活動:第一印象 】

★ 表情は非常に大切です。

・ 喜怒哀楽の「喜」と「楽」はぜひ表に出して下さい。明るいイメージの方を企業は採用したくなります。

鏡で日頃から明るい表情を作るように、練習する内に自分の癖が分かります。また、姿勢も第一印象に大きく影響する要素、正しい姿勢を確認し、習慣にして下さい。

★ 明るい表情で、好感が持てる話し方を心掛けて下さい。

 

面接官の質問にすぐに答える


フリーターの就職活動では、やはりある程度の厳しい質問は、意識して望まなければなりません。

【 フリーターの就職活動:質疑応答 】

★ フリーターの就職活動で、聞かれる内容はある程度用意されてます。その質問に対して、簡潔な答え方を訓練して置くと、余裕が持てます。

・「なぜ今までフリーターとして過ごしてきたか?」
・「どうして我社を選んだのか?」

…など

さらに、答えた理由・エピソードなどを伝えて、最後はまとめるように整理をしておきます。

 

自己PRをきっちりと伝える


フリーターの就職活動には、効果的な自己PRは不可欠です。

【 フリーターの就職活動:自己PRのまとめ方 】

① 効果的な自己PRを簡潔に伝えるために、まず自己PRをノートに書き出してみて下さい。

② そしてそれを『面接』時で口頭で、スムーズに言えるぐらいに練習します。

③ 会社のことや志望動機に絡み合わせながら、アレンジできるぐらいに完成させます。

 

フリーターの就職活動での自己PRのポイント


フリーターの就職活動では、自分の今までのアルバイト歴を、ひとつの「社会経験」として捉え、いかに今までの経験をスキルとして習得して来たのかを、自己PRでアピールする事が、成功に繋がります。

【 フリーターの就職活動:効果的な自己PR 】

① 「過去→現在→未来」をうまくストーリーを構成してアピールする。

② そこに自分の考えや、今まで培ってきた自分自身の思いを織り交ぜる。

大変そうに聞こえますが、フリーターの就職活動では自分の社会経験を通して得たスキルや意思を、これを言葉で伝え、自信を持ってアピールできる場所でもあるのです。

 

いかがでしたでしょうか。フリーターの就職活動と言えば、正社員として働いていない期間の「ブランク」をどう魅力的に転換してアピールするかです。それは中途採用の転職活動と、考え方はほぼ同じ

「フリーターの就職活動だから…。」とそればかりを考えず、発想の転換が必要です。新卒で就活をしていても、フリーターの就職活動も皆一緒。「自分の能力や個性を活用出来る業界や会社を、いかに見つけて、いかにアピールするか。」それに尽きるのでは、ないでしょうか。

それならばフリーターの就職活動で、個性を発揮できる大きなステージが『面接』です。自分で100%伝え、発揮できたと思うことができたら…。きっと素敵なスタートが待ってると期待したいものです。

営業も就職活動も、現代は「数」。何度失敗しても心折れず前進する強い心が、最も成功するポイントなのかもしれません。

 

まとめ

フリーターが就職活動をする時に、強みにしたいポイントとは

・フリーターとしての職場での在り方が大事。社会人としての所作を
・フリーターイメージを払拭する、マナーの行き届いた身だしなみ
・イメージからのギャップ!爽やかさと、明るく好感が持てる話し方
・フリーターだからこそ尋ねられる質問には、すぐに答える準備を
・面接でスムーズに出来るよう、自己PRを書き出して準備する
・効果的な自己PRは、過去→現在→未来に続くストーリー構成