結婚式ソング選びから☆盛り上げ余興のための7曲!

結婚式ソング選びから☆盛り上げ余興のための7曲!

結婚式ソングの選曲ひとつで、結婚式を盛り上げることは充分にできます!結婚式の余興を頼まれた時、「いったいどんな余興にしたらいいんだろう?」と、やはり躊躇してしまいます。余興で大切なのは、会場を盛り上げること。

そして会場を盛り上げるためには、ゲストみんなを自分の余興に引き込まなければなりません。さぁ、それではそのためには、何をしたらいいのでしょうか?

会場を盛り上げて、ゲストみんなを自分の余興に引き込むための第一歩!それは、余興にどんな曲を使うかどうかです。「え?それが大事なの?」と気が抜ける人々も多いはず。けれども、などるなかれ、これがとっても大事なことなのです。

結婚式の余興を盛り上げるには、ゲストを引き込む結婚式ソング!これはダンスでも歌でも、マジックでも鉄則です。感動させたいならば感動的な音楽を、ノリノリにしたいならばアップテンポな音楽を!五感に活躍してもらいましょう。

そこで今回は、結婚式で盛り上がると評判の曲から、特におすすめの曲をご提案します。



 

結婚式ソング選びから☆
盛り上げ余興のための7曲!

 

誰もが知っている曲でみんなを引き込む


結婚式ソングとして選ぶべきなのは、やはり聞いていて幸せな気持ちになれる曲。聞いていて楽しくなる幸せになれる曲なら、会場を明るく楽しくさせる最高の結婚式ソングといえます。

【幸せな気持ちになる、結婚式ソング】

★ 大塚愛さんの「SMILY」

アップテンポで明るく、会場の雰囲気も一瞬でパッと明るくなります。女性グループで歌うのももちろん、曲に合わせてダンスもおすすめです。

この曲にあわせて余興を考えれば、会場の雰囲気は絶対明るく楽しいものになるはず。結婚式ソングの代表曲でもあります。

 

乗りやすい曲、アップテンポな曲を選ぶ


結婚式ソングとして選びたいのは、曲がアップテンポ。思わずみんなの体がウズウズして、動き出してしまうような曲です。流行した曲であれば耳馴染みもよく、みんなもすぐに引き込まれてしまいます。

【乗りやすくておすすめ!結婚式ソング】

★ ゴールデンボンバーの「女々しくて」

歌詞は男性の失恋の曲ですが、男性グループが新婦に対して歌うように、コミカルな余興にして盛り上げているケースが多いです。CMソングにもなっているので、みんなが聞いたことがあり、アップテンポでダンスにも向いているので会場を盛り上げてくれる結婚式ソングです。

前述した大塚愛の「SMILY」に対して、こちらは男友達からの余興にはピッタリの結婚式ソングといえます。でも、実は女子高時代の友達の結婚式などでは、女友達のグループからの選曲が多い結婚式ソングでもあります。

 

歌詞の内容もしっかりチェックしよう


雰囲気が結婚式ソングにピッタリ!と思っていても、実は歌詞の内容は失恋の歌だった・・・なんてこと、実は多いのです。前述のようなコミカルに盛り上がる曲ならば良いのですが、感動曲ではそうはいきません。そのため結婚式ソングは、歌詞の内容もチェックする必要があります。

【歌詞もピッタリ!の結婚式ソング】

★ ドリームズ・カム・トゥルーの「生きてゆくのです」

曲調もアップテンポで、歌詞もまさに結婚式ソングとしてピッタリ!という感じの曲なのでおすすめです。

ボーカルの力強さや知名度もバッチリなので、新婦の友人の余興には、可愛らしくおすすめしたい結婚式ソングです。

 

結婚式の定番曲でゲストのハートを掴む


結婚式ソングの定番とまではいかないものの、特に人気が高い曲を選ぶと安心です。中島みゆきの「糸」などの、感動的な歌の場合には歌唱力が不可欠。そのため少し楽しげな曲で、定番曲を探してみると、間違いがありません。

【結婚式ソングの定番!】

★ 森高千里さんの「私がオバさんになっても」

知名度でいえばバッチリです。明るく可愛らしい曲なので、新婦友人の余興にはぜひ使ってもらいたいおすすめの曲。

私がオバさんになってもずっと仲良くしていたい、というストーリーに合わせた余興を考えてもOK!全体的に可愛らしい、愛情いっぱいの余興をゲストに披露すれば、結婚式の雰囲気ももちろん負けずにハッピーになること間違いなしの結婚式ソングです。

 

ゲストの年齢層を考えて曲をチョイス


結婚式のゲストの年齢が高いのがわかったら、その年齢層でも知っている結婚式ソングを選ぶのが、ゲストのを引き込む余興にするポイントです。どんなに有名な曲でも、少数の若いゲストだけわかる結婚式ソングでは、会場全体を引き込むことは難しいもの。

【年齢層の高い会場でおすすめの、結婚式ソング】

★ ダ・カーポの「野に咲く花のように」

年齢層の高い人々に、知名度が高いこの曲なら、会場も盛り上がりますね。曲のようにほんわかと柔らかい雰囲気の余興を考えて会場を盛り上げてください。

 

大人から子供まで盛り上がる曲に決定!


結婚式ソングとして選びたいものは、ゲストみなさんを引きこむような曲。そのためには世代を超えた、「結婚式ソング」と認知をされている曲を選ぶのも一案です。

★ チェリッシュの「てんとう虫のサンバ」

チェリッシュを知らない若い世代でもわかる結婚式ソング。小さな子どもさんでも簡単に覚えられる曲調なので、きっとノリノリで聞いてくれるはず。

少しベタだからこそ選ばない人が多い、けれどもあれば皆が喜ぶ。世代の幅が広いアットホームな結婚式におすすめの結婚式ソングです。もう少し最近の曲をというならば、認知力は低いものの子供でも歌えそうなこの曲

★ ウルフルズの「笑えれば」

会場が盛り上がるだけではなく、どこか温かな雰囲気に変わります。

 

自分の歌声でみんなをしっかり引き込む


結婚式ソングと言えば、バラード。代表曲としては、もはや鉄板であるのが長渕剛さんの「乾杯」です。結婚という門出を祝い、仲間を祝福するという曲は、大人世代は誰でも知っている結婚式ソングです。では、歌唱力のある女性に歌ってもらいたい、結婚式ソングは何でしょうか?

★ BENI 「永遠」

正に結婚式に歌い上げたいこの曲は、「歌ったこの日を忘れないで」に想いが集約されています。歌詞の内容から、新婦さんご自身が歌う結婚式ソングとしても最適です。

★ AI 「STORY」

歌唱力のある女性にぜひ歌い上げて欲しいのが、AISUPER FLYなどの、やはり歌唱力のあるアーティストのバラード。ちなみにSUPER FLYでは「愛をこめて花束を」が人気です。

新郎友人からの心が熱くなるような余興に、ぜひ掛けてもらいたい結婚式ソングたち。この結婚式ソングを熱唱する余興はもちろん格別です。歌詞が結婚式ソングにピッタリですが、「乾杯」など誰もが知る定番結婚式ソングであれば、ギターなどの演奏のみでも、充分に感動的に仕上がります。

 

いかがでしょうか。結婚式の余興を盛り上げる結婚式ソングは、ゲストみんなが引き込まれるような曲を選ぶことがポイント。結婚式は、新郎新婦にとって人生の一大イベントですので、多少気恥ずかしくても、感動的にも面白くも、思い切りはじけて披露してしまうのが、余興成功のコツでもあります。

ひと昔前の結婚式では選曲も決まっていましたが、現在では多くの結婚式ソングが次々と出ています。ゲスト皆が知っているような結婚式ソングはもちろん安心。

けれども、真心を込めた選曲であれば、もちろん問題はありません。最近ではGreenの「奇跡」や、木村カエラの「BUTTERFLY」なども、老若男女に受け入れられる、定番結婚式ソングとなりつつあります。

盛り上げるには、独りよがりや内輪ネタにならないよう、注意することも大切です。結婚式ソングを選ぶのは、その大切な第一歩になります。どんなゲストを呼んでいるのかを新郎新婦にリサーチして、みんなで盛り上がる結婚式ソングを選んでください。

 

まとめ

余興の盛り上げに大助かり!雰囲気を作る結婚式ソング

・大塚愛の曲でみんなで盛り上がっちゃおう
・流行の女々しくてをみんなで踊って歌おう
・結婚式の鉄板ソングのドリカムを選ぼう
・幸せのシンボル森高千里で盛り上がろう
・年齢層が高い結婚式ならダ・カーポを選ぼう
・誰もが知っている曲で子供も大人も一緒に
・自己満足と言われてもこの曲だけは外せない