結婚式の二次会、服装は大丈夫?迷いやすい7つのマナー

結婚式の二次会、服装は大丈夫?迷いやすい7つのマナー
結婚式の二次会の服装、招待を受けたら何を着て行こうかな?ってウキウキしちゃうもの!久々に会える友達や、美味しい料理やお酒、楽しみで仕方ない結婚式の二次会の服装選びですが、ちょっと待って。

せっかくの結婚式の二次会の服装でも、きちんとそれに見合ったものを選ばなければ、周りの目が気になってしまって、二次会を楽しむどころではなくなってしまいますね。友達の結婚式の二次会の服装を見て「あ、しまった!」なんて思っても、もう時すでに遅し、取り返しがつかないものです。

そうならないためにも、着ていくべき結婚式の二次会の服装をしっかりとチェックして、マナー違反にならないようにしなければなりません。そこで今回は、いったいどんな結婚式の二次会の服装がふさわしいかをお伝えします。



 

結婚式の二次会、服装は大丈夫?
迷いやすい7つのマナー

 

「平服」と書いてあっても真に受けない


結婚式の二次会の服装について、招待状に「平服でお越しください」と書いてあっても「普段着」と解釈するのはNGです。平服とは「略礼装」のことで、決して普段に着るジーンズやスカートのことを指してはいないということをしっかり理解してください。

【 結婚式の二次会の服装:「平服」の場合 】

★ 結婚式の二次会の服装での「平服」指定があった場合には、「高級レストランに行ける服装」を目指すと安心です。

あまりカジュアルにならないように配慮しながら、質の良いワンピースやスーツを身につけるようにすれば問題ないはずです!

 

花嫁が着るべき色は避けるのがマナー


結婚式の二次会の服装であっても、「花嫁を引き立てる」ということを忘れない、と言うことは鉄則!

【 結婚式の二次会の服装:花嫁とのかぶり 】

★ 結婚式の二次会の服装では、花嫁が着る色のドレスや、ティアラ、生花などは避けてドレスアップするのが基本です。「白いドレスは花嫁のもの」を意識して選んでください!

でも最近では、ドレスの色がシャンパンゴールドだったり、カラードレスだったりすることもあるので、心配な場合は花嫁に相談してみるのもおすすめです。あくまでも目立ちすぎず、花嫁を引き立てるように結婚式の二次会の服装を考えるのがポイントです。

 

露出は激しすぎず控えめなものを選ぶ


「結婚式の二次会の服装、少しカジュアルでも大丈夫な会場らしい…。」といっても、派手にしすぎたり、露出が多すぎると、会場で一人だけ浮いてしまう…、なんていうことになってしまうかも。どんな結婚式の二次会の服装がいいのかは、招待状に書いてある会場を参考にするのが良い方法です。

【 結婚式の二次会の服装:会場で見分けるスタイル 】

★ 高級レストランであれば、フォーマルに近い結婚式の二次会の服装がおすすめですが、クラブやカジュアルレストランであれば、少しカジュアルにするのがおすすめです。

とはいえ、下品と思われてしまうような露出や服装は避けるのが基本です。

 

オシャレなパーティーバッグがおすすめ


結婚式の二次会の服装で、これがあったらおすすめ!なのは、小さめのハンドバッグです。パーティーシーンに大きなバッグは不釣り合いですから、小さめのハンドバッグは用意しておくと、これから何回も使うチャンスがあるでしょう。

【 結婚式の二次会の服装:役立つ!パーティバック 】

★ キラキラしたスパンコールや、品のいい刺繍などの小さなハンドバッグは、活用しやすいアイテムです。

でも高級ブランド品であっても、革のバッグや大きなバッグ、型押しのバッグは、結婚式の二次会の服装にはふさわしくないので、避けるようにするのがマナーです。

 

ヘアスタイルも手抜きせずセットして


結婚式の二次会の服装は、ヘアスタイルにも手を抜かずにドレスアップ!一番NGなのは、普段と変わらずヘアスタイルに何も気遣わないでいることです。

【 結婚式の二次会の服装:ヘアスタイル 】

★ ロングヘアならアップスタイルやハーフアップスタイルがおすすめです。

・ セミロングやショートヘアでも、ヘアアクセサリーをつけたり、編み込んだりして、ヘアセットは必ずすると◎!

アップヘアに出来ない髪の長さなら、直前に美容院でカットするだけでも、だいぶ印象が変わりますよ。きちんとおめかしすることが、大切です。

 

ファーやヒョウ柄などはNGアイテム


ファーやヒョウ柄のアイテムは、パーティーシーンを華やかにしてくれそうですが、実は結婚式の二次会の服装にはふさわしくないアイテムです。

【 結婚式の二次会の服装:NGアイテム 】

★ カジュアルな結婚式の二次会の服装では問題ない場合もありますが、格式が高いレストランでの結婚式の二次会の服装では、避けた方が無難

・ 殺生をイメージするようなアイテムは、結婚式では避けるようにしてください。

ショップの店員さんがこのマナーを知らないで、ファーや毛皮等のアイテムをすすめる場合もあるので、自分でしっかりと理解し、注意して選ぶ方が安心です。

 

キラキラアイテムを上手に使って装う


夜に行われることの多い結婚式の二次会の服装は、披露宴よりも少しカジュアルに、そしてパーティー感を出したいものです。おすすめなのは、小物を使ってキラキラ感を出すということ。

【 結婚式の二次会の服装:キラキラアイテム 】

★ スパンコールのついたヘアバンドやバッグ、スワロフスキーやクリスタルをあしらったハンドバッグやヒールなど、キラキラした小物は、照明に当たるとキラキラ反射してとても華やかなイメージ!

派手なデザインの結婚式の二次会の服装でなくても、シンプルにこういった小物をあしらえば、パーティー感もぐっとアップします。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式の二次会の服装は、品よく華やかにパーティー感を出すのがおすすめです。あくまでも大切なのは「品よく」ということです。でも下品に感じてしまうほど、派手にするのは、やはり結婚式の二次会の場にはふさわしいとは言えません。

またあまりにも目立ってしまうほど、華やかな服装をえらぶことは、主賓である新郎新婦に失礼になるので注意が必要です。またまったくアクセサリーをつけず、ドレスアップしていないことも、新郎新婦に対してまた失礼なマナー違反となります。

バランスを取るのは難しいことですが、会場のイメージに合わせて、程よく品のある服装を考えて、新郎新婦の新しい門出をお祝いしてあげたいものですね。きっとあなたのドレスアップ、新郎新婦も楽しみにしていてくれるはずです。

 

まとめ

結婚式の二次会、服装マナー

・平服=普段着と思っては恥をかくかも
・白いドレスや白いアクセサリーは避けて
・パーティーといえども品よくまとめて
・アクセサリーのようなバッグを活用して
・ショートヘアでもヘアセットは忘れずに
・殺生をイメージさせるアイテムはNG
・パーティー感アップのキラキラアイテム