結婚式の二次会の幹事を任されたときに最初にするべきこと7つ

結婚式の二次会の幹事を任されたときに最初にするべきこと7つ

みなさんは大切な友人から結婚式の二次会の幹事をお願いされたらどんな気持ちになりますか?幹事って大変そうだから出来れば避けたいと思っていらっしゃる方も多いと思います。実は結婚式の二次会の幹事は、取り組み方次第では新郎新婦に、とっておきの思い出をプレゼントできるやりがいのある役目です。

みなさん初めての時は、うまく出来るか心配が絶えないと思いますが、感動を呼ぶ素敵な結婚式の二次会を企画運営できる素晴らしい機会を楽しみましょう。全力を尽くせば、きっと幹事を引き受けて良かったと思える瞬間を味わえるはずです!!

結婚式の二次会の幹事には様々な仕事があります。どのような仕事をすればよいのか分かれば不安も少しずつ解消されるでしょう。幹事をやって良かったと思えるように一緒に学びましょう。



 

結婚式の二次会の幹事を任されたときに
最初にするべきこと7つ

 

結婚式の二次会の幹事の役割を知る


まず初めに、幹事とはなんでしょうか?幹事と言うのはあるグループの取りまとめをする代表者のことです。

新郎や新婦は結婚式、披露宴の準備で大変忙しいですので彼らの代わりに、彼らの大切な友人をおもてなしするための計画から手配に至るまで幹事の役目は幅広いのです。当日は司会進行役という事もあるかもしれません。結婚式の二次会にもいろいろな形がありますが、新郎新婦が喜んでくれ、周りの友人も感動してくれるような演出が出来れば最高ですね。

 

新郎新婦との打ち合わせをする


結婚式の二次会の幹事を任されたら、まずは情報収集から始めましょう。

新郎、新婦のどちらかとしか面識がない場合は、自己紹介をしてお二人のために頑張ることを伝えましょう。新郎新婦がどのような二次会をしたいと思っているのかを聞き出していきます。招待者の範囲、人数等を把握し会場の希望があるかを確認します。予算、演出、ゲームなど希望を聞き、どの程度幹事に任せるのかを確認しましょう。特に希望の会場がない、幹事にお任せするという場合は計画を一から立てていきます。

 

手伝ってくれるスタッフを決める


結婚式の二次会の幹事の役割は沢山ありますので、まずは一緒に働いてくれる仲間を探しましょう。

主に必要となってくるのは、二次会の受付係(新郎側、新婦側1~2名ずつくらい)、司会(幹事以外の人にお願いしても良いです、みずからしても良いでしょう)、照明・小道具係り、BGM係り、その他必要に応じてゲームを担当する人や、招待状作成してもらう人などお願いすることもできます。なるべく一人の負担が大きくなり過ぎないように調整しましょう。友人の中には色々な才能を持った方があるはずですので、どんなことが出来るか聞いてみるのも良いでしょう。

 

日時・場所・予算を決める


結婚式の二次会の日時は新郎新婦としっかり打ち合わせをします。日時が決まれば会場を探します。出席人数を予想し、予算から料理代、会場代、経費、景品等を決めていきます。出来るだけ出席者が多い方が新郎新婦の負担を少なくすることが出来ます。

二次会を披露宴後行うなら会場は披露宴の会場からあまり遠くないようにしましょう。スムーズに移動できる場所なら披露宴から引き続き参加される方や新郎新婦にとっても都合がよいのです。

もし、行きつけのお店があればそちらを利用するのも良いでしょうし、結婚式の二次会を良くこなしているお店であれば、マイクや音響、プロジェクターなどもそろっている場合があります。店員さんも経験がある分上手にサポートしてくれます。

 

進行表を作成する


日時や会場、予算が決まれば早速スタッフと一緒にどの様な二次会にしていくか内容を検討していきます。新郎新婦や出席者が来てよかったと思えるような内容を考えましょう。

内容としては、準備段階の会場設営や出席者の受付に関する事項、二次会が始まってからの新郎新婦入場、会を始めるにあたっての挨拶、乾杯の音頭、歓談と食事タイムの時間配分、お二人のプロフィール紹介や出会いの紹介。みんなで楽しめるゲーム。友人からの歌のプレゼント。サプライズな企画、新郎新婦挨拶、退場など時間配分や小道具、BGMや照明の事など細かく打ち合わせします。

 

招待状の作成、出欠確認


結婚式の二次会開催約1か月前になったら、案内状を出します。ハガキやメールなどやりやすい形で出しましょう。合わせて出欠の確認と当日乾杯の音頭を取ってほしい方や、スピーチ、余興などをお願いしたい方があれば招待状に記載しておきます。スピーチや余興については予めどれくらいの時間をかけて欲しいかも伝えておくと進行がスムーズになります。出欠が出そろったら会場での席次を決めましょう。

 

みんなが感動できる演出を取り入れる


進行表作成のところでも簡単に触れましたが、二次会が成功するためには新郎新婦はもちろん出席者が感動する演出が欠かせません。楽しいゲームや余興、景品等で盛り上げた後は、感動のフィナーレです。思い出の曲などのBGMの演出と、新婦の母、新郎の母からの手紙読んだり、新郎から新婦へ思いを歌に込めてプレゼントしてもらったり、様々な演出が出来ます。新郎新婦の思い出に残るサプライズを準備しましょう。

 

如何でしたか?

今日お伝えした、この7つの事を実践すれば、初めての方でも皆さんに喜んでもらえる結婚式の二次会が演出できます。幹事の役目も十分果たせ、やりとげた充実感を味わうことが出来ます。何かと気づかれすることも多いと思いますが、皆さんの喜んでくれる姿が幹事のご褒美です。

まとめ

結婚式の二次会の幹事を任されたときに最初にするべきこと7つ

・結婚式の二次会の幹事の役割を知る
・新郎新婦との打ち合わせをする
・手伝ってくれるスタッフを決める
・日時・場所・予算を決める
・進行表を作成する
・招待状の作成、出欠確認
・みんなが感動できる演出を取り入れる