結婚式の準備!スムーズに進める7つのチェック事項

結婚式の準備!スムーズに進める7つのチェック事項
結婚式の準備、差し迫っても間に合わない!なんてことになったら大変ですよね。一生に一度の結婚式の準備だけに、誰だって万端にしておきたいもの。とは思っていても、最後はドタバタになるものです。

お互いに仕事も忙しいでしょうし、話し合える時間は少ない…。もっとロマンチックに二人の時間を過ごしたいし、結婚式の準備がなかなか進まない要素はいっぱいあるはず。

でも、あまりにドタバタして、バリバリ寝不足な顔で式に臨むのは嫌ですから、できるだけスムーズに進めたいのではないでしょうか。

結婚式の準備を始めるベストな期間は、一般的にはなんと1年前から!確かに一年前から始めて、ひとつひとつ丁寧に慌てず焦らず進められればベストですが、そうも行きません。差し迫っている時には、段取りを進めてくれるチェック項目があると便利ですよね。

そこで今回は、結婚式直前の準備に絞って、差し迫った期間でこなしたい、チェック項目をお伝えします。



 

結婚式の準備!
スムーズに進める7つのチェック事項

 

身だしなみをチェック!


花嫁の身だしなみは結婚式の準備のなかでも、特に花嫁にとっては大切なもの。結婚式の準備のかなりのウェートを占めていると言っても過言ではないのではないでしょうか。

【 結婚式の準備:身だしなみ 】

★ 特にギリギリで慌てるのが、メイク・ヘアメイク

・ けっこう直前になって変更したくなる人も多いので、事前に一度リハーサルをして、当日のイメージをしっかり作ると安心です。プロの意見をよく聞いて、納得のいくものを早い段階で作っておいてください。

さらにエステやネイルサロンへ行くなら、早い段階で予約を取って!直前になって「行く暇がない!」と言うケースも少なくありません。

さらに花婿の衣装もしっかりチェック!花嫁の方ばかりに気を取られ、バランスがおかしくならないよう、しっかり合わせてください。

 

すでに行なった注文や予約を確認


【 結婚式の準備:予約の再確認 】

★ 招待状の返信を確認して、式の出席者の人数を把握してください。

・ 料理や引き出物の数がはっきりしますので、注文数と照らし合わせて最終チェック。変更が必要な場合はこの時点で、すぐ行って下さい。

さらに、この時点で席次表を作ることができます。出席者名、誤字脱字をチェックして、失礼のないように作成してください。

 

新郎挨拶を考える


結婚式の準備の中でも、新郎新婦の挨拶は大変な作業に入るのではないでしょうか。文章の作成が得意な方はいいでしょうが、そうでない方にとっては骨の折れる作業になることがほとんど。

【 結婚式の準備:新郎挨拶 】

★ お決まりのフレーズは外さず、自分たちの色を出した爽やかな文章を作成してください。感謝の気持ちを前面に出すのがコツです。

・ 「花嫁が手紙を読む」という演出をする場合には、その準備も1週間前をめどにまとめておくと安心。けっこう前日まで完成せず、徹夜で結婚式前日に準備する羽目になる方も多いのです。

できれば、何回か読む練習をしておきたいところ。当日はボロボロに泣くこともありますが、練習をしておけば一気に飛んでしまった!なんてことも少なくなります。

 

披露宴の最終確認


結婚式の準備、最終チェックでは入場曲などの選定があります。演出でいろんな音楽を使うかもしれませんので、しっかりと時間を確保してチェックしてください。

【 結婚式の準備:音楽チェック 】

★ 会場のプランナーさんと一緒に、確認しておくとより安心!

・ 自分たちの計画や意思が、しっかり伝わっているかを確認しておくことは大切です。分かってくれていると思っていたのに、意思と違う展開になって後で困ることがないよう、しっかり話し合っておきたいところです。

 

お心付けやお車代を準備


だいたいの人数は分かっているはずですので、漏れがないよう準備しておきます。

【 結婚式の準備:お心付けとお車代 】

★ もしかするとスタッフなどは人数が分からないかもしれませんし、急な人数の変更もあるかもしれませんので、お心付けのポチ袋は多めに準備しておいてください。

・ ちなみに式場スタッフなどへはお心付け、余興を頼んだ方にはお礼を準備します。

「お心付け」や「お車代」、また「お礼」などいくつかの名目がありますから、誰にどの名目で渡すのが良いのかを、前もって話し合うのも大切。当日は忙しいですから、前日までに準備し、詳細とともに両親へ預けるのが一般的です。

 

結婚式のリハーサル


普段着ることのないドレスやタキシード。着こなしをしっかりチェックしておく時間も持てれば、当日も納得できるものになるはず。

【 結婚式の準備:リハーサル 】

★ 特にお互いに姿勢をチェックして、最もキレイに、カッコよく見えるよう姿勢を探して見つけられればバッチリ。

・ そしてその姿勢をキープできるよう、練習できたら晴れの舞台が美しく!新婦はヒールでの歩行がスムーズにできるよう、念入りに練習しておけば間違えありません。

入場時の歩くスピードで戸惑う親子も見受けられます。お父様との思い出作りも含めて、楽しみながら練習できれば、前日の夜も和むのではないでしょうか。

 

他の人に任せられることはすべて任せる


結婚式の準備には相当のエネルギーが求められます。すべて自分でするのはまず不可能!式が近づけば近づくほど焦ってきますので、できるだけ人の助けを借りることを、おすすめします。

【 結婚式の準備:人に任せる 】

★ 特にプランナーさんはそれが仕事!遠慮せずにどんどん頼めばサポートしてくれるはず。

・ 同じ人にあれもこれもと頼んで振り回すことは避けたいものの、友人たちも新郎新婦の力になりたいと思っている方々は多いですから、とりあえず頼んでみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか、結婚式の準備は多くのことが関係しますので、はっきり言って疲れます。途中で、「結婚式なんてするもんじゃない!」と思ってしまう人もいるかもしれません。

でも、人生において結婚というのはとても厳粛で大切な誓約であり、二人にとっても家族、親族、友人たちにとっても喜びの時。苦労はありますが、結婚式の準備を入念にすることには大きな意義があります。

そして新郎新婦が良いスタートを切り、その後も仲良く家族を築いていけるかどうかにも関係してきます。もちろん、どんなに入念に結婚式の準備をしたとしても、完璧な式が行われるとは限りません。トラブルが起こることもあり得ます。

そんな時、もし何かあってもユーモアのセンスは助けになります。結婚式前に早めに準備をしていれば、心に余裕ができるのもメリット。できる限りの結婚式の準備をして、思い出に残る結婚式にしちゃいましょう!

まとめ

結婚式の準備のチェック事項

・新郎新婦バランス良い服装チェック
・人数が確定後、注文や予約最終チェック
・新郎挨拶、新婦の手紙を準備する
・コーディネーターと共に、披露宴の演出チェック
・お心付けやお車代は、多めに準備して両親へ渡す
・姿勢や歩き方など、結婚式のリハーサル
・コーディネーターや友人に任せることも考える