結婚式のネイル事情!晴れの日にふさわしいデザインとは

結婚式のネイル事情!晴れの日にふさわしいデザインとは
結婚式参列でのネイルにもマナーがあることは、あまり知られていないので、どうしたら良いのかわからず不安になってしまいますよね。実は結婚式に参列する際のネイルにも服装と同じようにマナーがありますので、しっかりと把握して恥ずかしい思いをしないようにしましょう。たかがネイルといえども、マナー違反をしてしまうと呼んでくれた新郎新婦や親族の方にも恥ずかしい思いをさせてしまうなど、自分だけの問題ではないので気を付けたいところです。

新郎新婦にとっては一生に一度の大切な日です。ゲストはオシャレをして場を華やかにする使命がありますが、清潔感も大切。お祝いする側としてお化粧やネイルといった部分にもしっかりと気を配ることは、心の底からお祝いするためには大切なことです。

そこで今回は、あまり知られていない結婚式でのネイルマナーについてお伝えします。

 

結婚式のネイル事情!
晴れの日にふさわしいデザインとは

 

ネイルはしても良いの?

結婚式に呼ばれた際にネイルをどうしたら良いのか悩むところです。ですが、結婚式に参列する際にノーメイクはマナー違反なのですから、手先も少し意識したいところです。もしカラーを塗らないとしてもハンドケアはするべきでしょう。清潔感のある手元を演出できるようにトップコートを塗っておくのも爪がキレイに見えるのでおススメです。

 

結婚式にNGなネイルの色

結婚式のようにおめでたい日のネイルは、黒やグレー、紺色などの暗い色は場の雰囲気に合いませんので控えましょう。また、フォーマルな場ですのでカジュアルすぎるデザインも選ばないようにして下さい。あくまでも清潔感や品格を重視し、肌馴染みの良い色にするのをおススメします。

新婦カラーの白色ですが、目立たないように範囲を小さくするのであればネイルで使ってもかまいません。例えば短めのフレンチネイルなどは品が合って良いでしょう。

 

ネイルの基本的な選び方

結婚式のネイルは、まずどんなドレスを着るのかを決めてから選びましょう当日着ていくドレスに合わせてネイルのカラーを決めます。ただ、ドレスと同色を必ず選ばなければならないわけではありません。派手な色はマナー違反となりますから、迷ったときは品のある淡いピンクやベージュなどのナチュラルなカラーにしておけばどんなドレスにも合いますし、キレイな手元も作れます

 

結婚式でのネイルのデザイン

結婚式は新郎新婦が主役ですので、基本的にあまり目立ちすぎないようにしましょう。神前式やチャペルは神聖で厳正なる儀式の為、クリアやピンク、ベージュなどの清潔感のある色を選び、単色塗り又はシンプルなフレンチ。ワンポイントであればストーンなども構いません

披露宴も同じく、出来る限りシンプルで清潔感のあるデザインにしましょう。二次会になると比較的自由となりますが、やはり主役よりは目立たないようにすることと、ダークカラーは控えるようにして下さい。明るめのカラーでも良いですし、ラメやパールを付けても問題ありません。

爪の長さについては、長すぎるものは品格がなくなり、清潔感がなくなりますのでNGとされています。それだけでなく、結婚式はストッキングを着用しているため、ストッキングに引っかかったりと実用性にも欠けますのでやめておきましょう

 

結婚式に親族で出席する場合のネイル

今は誰でも常にネイルをしているような時代ですが、結婚式で親族で出席する場合のネイルはマナー違反となります。親族は他のゲストと違って全体的に控えめにしなければいけません。どうしてもネイルをしたい場合は、クリア系やベージュ系とし、デザインがなく一色のものにしましょう。結婚式に親族として出席する場合のネイルは、清潔感を出すためだけのものと割り切って下さい

 

ネイルチップも便利

仕事柄ネイルは禁止されている上に少し汚くなっている場合はどうにかしたいものです。その際、ネイルチップであれば専用の接着テープで爪に装着するだけですので、着脱も簡単なのでおススメです。結婚式の後に簡単に外せるので普段のお仕事にも影響がないですし、通販でも手軽に購入できますから結婚式に合ったものを探せます。

 

いかがでしたか。これで結婚式でのネイルマナーは問題なく把握できたことでしょう。結婚式の主役は新婦ですので、新婦よりも目だつネイルはNGです。ご祝儀を出す時だったりお料理を食べる時など、指先は意外と見られているので気を付けましょう。

ネイルアートは一般的になってきていますが、お年を召している方が見ると派手で下品に見えてしまうことがあるようです。せっかく結婚式にお呼ばれしたので髪型やドレスの次にネイルにはこだわりたいと思うところですが、ネイルは少し地味めにする方が無難です。1番のポイントは清潔感があること。結婚式に呼ばれたゲストは新郎新婦の人となりを表します。自分のせいで新郎新婦に恥ずかしい思いをさせることのないように、きちんとマナーを守って大切な日を心からお祝いできるようにしたいものです。

まとめ

結婚式にふさわしいネイルとは

・全く手元のケアをしないのはNG
・ダークカラーはNG
・ドレスとのトータルコーディネートも必要
・目立ち過ぎず品格と清潔感のあるネイルを
・親族はネイルは清潔感を出すためだけ
・すぐ着脱できるネイルチップもおススメ


連記事