結婚式の服装マナー☆男性が押さえるべき基本とは

結婚式の服装マナー☆男性が押さえるべき基本とは
結婚式の服装マナーは、女性は知っている人が多いですが、意外と男性は知らないという人の方が多いですよね。

普段仕事でスーツを着ている人は、結婚式の招待されても、仕事用のスーツを着ればいいやと思ってしまうもの。しかし、結婚式での服装マナーと仕事の服装は必ずしも同じとは限りません。

仕事での服装マナーは、業種や会社の規定で決まっていることもありますが、結婚式の服装マナーは、式のフォーマルさにもよりますが、基本的にはどのような式でも普遍的ですから、人によっては結婚式用にスーツを準備する必要があります。

そう考えると、結婚式の直前になって焦らなくてもいいように、男性も結婚式の服装マナーについて、基本的なことは押さえておきたいですよね。

そこで今回は、男性が最低限知っておかなくてはいけない、結婚式の服装マナーについて7つ、ポイントをお伝えします。



 

結婚式の服装マナー☆
男性が押さえるべき基本とは

 

正式には暗め色のスーツ


男性の結婚式の服装マナーでもっとも大切なのがスーツ選び。スーツの色は、結婚式のフォーマルさによって変わってきます。

【 結婚式の服装マナー:フォーマルな場合 】

★ 新郎新婦のどちらかが銀行や保険会社、政治家などお堅い系の仕事をしている場合は、ゲストもお堅めの方が出席します。

・ このようにゲストも式の様式も完全にフォーマルな場合には、スーツの色は暗めの色を選ぶべき。黒、ネイビー、グレーなど、光沢がなくシンプルなスーツが無難です。

 

カジュアルな式では明るめスーツ


結婚式の服装マナーで、男性のスーツは暗めの色を選ぶのがマナーだと前述しましたが、カジュアルな雰囲気の結婚式ではふさわしくない場合も!

【 結婚式の服装マナー:カジュアルな場合 】

★ 例えば、新郎新婦がアパレルやIT系ベンチャー企業など服装に関してカジュアルな会社に勤めている場合は、ゲストもカジュアルでよいケースもあります。

・ ボタニカル柄やチェック柄、派手なピンクなど、極端に派手なスーツでなければ、色味で遊び心を出すのも式全体の雰囲気が明るくなるのでおすすめ!

不安な場合には、周囲の人にも相談しながら選ぶと安心。新郎新婦と親しければ、式のスタイルや会場などの様子を聞いてから判断しても良いかもしれません。

 

白やシルバーのスーツ


カジュアルな結婚式では、服装マナーとして必ずしも暗めの色のスーツを着なくてはいけない、というわけではないとお伝えしましたが、唯一どのような結婚式でも着てはいけないスーツの色があります。それが白!

【 結婚式の服装マナー:NG色 】

★ 白の他にも、シルバーや光沢のある色のスーツは、新郎が着用する場合があるのです。

・ オシャレな人は、光沢のある生地のスーツを持っているかもしれませんが、新郎が着用する可能性がある素材、色は避けなくてはいけません。

 

ネクタイの色は臨機応変に


スーツを選んだら、次は合わせるネクタイを選ぶもの。結婚式の服装マナーでは、スーツと同様に式のカジュアルさによって、ネクタイ選びの幅も異なってきます。

【 結婚式の服装マナー:ネクタイ 】

★ お堅い式では、多少の柄ならOKですし、カジュアルな式では、ドットやちょっと変わった個性的な柄のネクタイもOK!

・ しかし、黒のネクタイだけはしてはいけません。真っ黒で無地のネクタイは葬儀の時に装着するものですから、結婚式にしてしまうと縁起が悪いのです。

 

ポケットチーフでフォーマルに


日頃、仕事ではめったに身に付けないかもしれませんが、ポケットチーフを胸ポケットに入れると、フォーマルな印象がぐっと強まります。

結婚式の服装マナーとして、絶対に加えなくてはいけないアイテムではありませんが、ポケットチーフをすることで、ただの仕事用スーツが結婚式用スーツに見えるものです。

【 結婚式の服装マナー:ポケットチーフを選ぶポイント 】

★ ポケットチーフの色や柄選びに自信がないという人は、スーツやネクタイと同系色の物を選んでおけば間違いありません。

 

薄め色のYシャツ


スーツと一緒に選ばなくてはいけないのがYシャツ。基本的にYシャツはスーツと相性をあわせてコーディネートすれば問題ありませんが、あまりに濃い色味のあるシャツは、結婚式の服装マナーとしては相応しくありません。

【 結婚式の服装マナー:Yシャツ 】

★ 白ならどんなスーツにもあいますし、白以外でもブルーやピンクなどの色味があるシャツの場合には薄い色合いのものを選ぶと間違いありません。

 

フォーマルな黒の革靴


男性の結婚式の服装マナーで気を付けるべきは、服だけではありません。靴にもマナーがあるので、あったものがない場合には事前に準備しておくと安心。

【 結婚式の服装マナー:靴 】

★ 男性の靴は、黒の革靴でつま先に何も飾りがないプレーントゥか、横に一本ステッチでラインが入っているストレートチップが正式です。

・ いくらカジュアルな結婚式と言っても、ブーツやスニーカーで出席するのは大変失礼!

また、革靴でもクロコダイル柄やエナメル、動物柄のものはNGですので注意してください。

 

いかがでしたでしょうか、男性の結婚式の服装マナーは、スーツを着ていればOKというわけではありません。

ホテルやちゃんとした結婚式場で行われるフォーマルな結婚式では、スーツはもちろん、Yシャツ、ネクタイの色に気を遣わなくてはならないもの。ですので、結婚式に招待されたら、まず結婚式の会場を確認することをおすすめします。

式場の雰囲気がわからない場合には、新郎新婦にそれとなくどんな雰囲気で、どのようなゲストが来るのかを聞いておくと確実!男性の結婚式の服装マナーは、会場の雰囲気によって、堅すぎてもカジュアル過ぎても浮いてしまうことがありますから、臨機応変な対応が求められます。

最後にお伝えした革靴については、高額なので購入するのに躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、黒の革靴は、結婚式の服装マナー以外でも、就活や転職活動、式典など正式な場面で使える靴なので1足持っておくと便利です。

まとめ

男性のための結婚式の服装マナーとは

・結婚式のゲストがお堅い系の時はスーツの色は暗め
・カジュアルな結婚式では明るめのスーツでもOK
・男性のスーツで避けなくてはいけない色は白
・ネクタイの色と柄は場の雰囲気に合わせるが黒はダメ
・ポケットチーフを入れるとさらにフォーマルになる
・Yシャツは白か薄めの色であればOK
・靴は黒でプレーントゥかストレートチップの革靴