結婚式2次会の服装☆TPOに合わせたコーディネート術

結婚式2次会の服装☆TPOに合わせたコーディネート術

結婚式2次会の服装に頭を悩ませたことはありませんか?結婚式2次会の服装は両方に出席する場合なら、結婚式のドレスコードに従えば良いのですが、服装に困ってしまうのは2次会のみに参加するとき。あまりに気合を入れすぎた格好だと浮いてしまうのでは?と心配になってしまいます。

2次会となるとほとんどの場合、親族の方は出席されませんし、結婚式に比べてカジュアルな雰囲気で、新郎新婦にお祝いの気持ちを伝えられる場です。ですが結婚式2次会の服装選びで忘れてはならないのは、2次会もお祝いの席であるということ。

どんなにカジュアルな会場であろうとも、新郎新婦の結婚をお祝いするために招待されたということを忘れず、きちんとマナーを守った服装を心がけることが、新郎新婦への何よりの気遣いでもあるのです。

そこで今回は結婚式2次会の服装で悩む人へ向け、会場に合わせたコーディネートのポイントを7つお伝えします。



 

結婚式2次会の服装☆
7つの会場別コーディネート

 

事前に会場の雰囲気をチェックする


結婚式2次会の服装といっても、2次会のスタイルはさまざま。ホテルや結婚式会場で行われるフォーマルなものなのか、レストランでカジュアルに行われるものなのか…、その結婚式2次会の服装マナーは、会場の雰囲気によっても異なります。

会場に合わせたコーディネートをするためにも、事前に幹事の方に2次会のコンセプトを確認するか、会場のHPなどで雰囲気をチェックしてみてはいかがでしょうか。

【事前に確認したい会場のポイント】

・ 開催会場がホテルかレストランか
・ 会場の収容人数
・ 着席か立席か、パーティーの形式
・ お料理のメニュー
・ 会費

などなど。

これらの事項を事前に把握しとおくと、どの程度フォーマルな服装で参加すべきなのか、丁度良い目安になります。ホテルならばよりフォーマルに、レストランならカジュアルになるでしょう。また、着席スタイルよりは立席スタイルがカジュアル、会費も安いほどフランクな結婚式2次会の服装を選ぶと良いのです。

 

フォーマルな会場で行われる場合


結婚式2次会の服装の目安として、2次会の会費が少し高めの設定であったり、着席する形式の会場で参加の場合は、披露宴に参加するのと同じようなフォーマルな服装を意識すると安心です。

【フォーマルな結婚式2次会の服装】

・ 基本的なことですが、短すぎるワンピースはNG。
・ サンダルや素足を避ける。

フォーマルな結婚式2次会の服装選びで失敗しないためには、基本的に結婚式のドレスコードにNGな服装を避けること。一般的に挙式でのマナー違反は、フォーマルな2次会の席でもNGと覚えておきましょう。

 

セミフォーマルな結婚式2次会の服装のポイント


【セミフォーマルな2次会とは】

・ 着席のパーティースタイルだけれどメニューがカジュアル
・ ちょっと普通より高めかな?というような会費設定

などの要素を持つ結婚式2次会の服装はセミフォーマルなドレスコードに合わせましょう。

【セミフォーマルな結婚式2次会の服装】

・ 基本的には、女性は露出を押さえたドレスやワンピースをチョイス。
・ パーティー感を出すためにも、綿のような素材は避ける。
・ 光沢やツヤのあるものを選びましょう。
・ 露出度の目安としては、電車に乗っても恥ずかしくない格好。

セミフォーマルはこのように、そのまま電車に乗っても浮かないスタイルで、品よくまとめる服装です。結婚式2次会の服装選びならば、黒などの光沢感のあるワンピースにはおりものなどが安心でしょう。

 

セミフォーマルな結婚式2次会の服装・男性編


男性の場合は、フォーマルもセミフォーマルも一緒だろう!と思ったあなたは要注意。男性の場合、セミフォーマルな結婚式2次会の服装なら、いくつかのバランス感覚が必要です。

【男性のセミフォーマルな結婚式2次会の服装】

・ ブラックフォーマルのスーツは「やり過ぎ」なので避けましょう。
・ 新郎新婦が仕事の関係者である場合や、年上の場合はネクタイを着用

確かにセミフォーマルな結婚式2次会の服装としては、ネクタイ着用の必要はありません。けれども新郎新婦との関係性によって、職場関係者の結婚式ならば社会人としてのマナーや礼儀が必要になります。ネクタイは着用した方が、基本的には安心です。

 

カジュアルな結婚式2次会の服装・女性編


最近はレストランや居酒屋での立食スタイルのカジュアルな2次会も増えてきました。そんなカジュアルな会場でフォーマルすぎる服装ではちょっと浮いてしまうかもしれません。

【カジュアルな結婚式2次会の服装】

・ Tシャツやデニムなど、くだけすぎた服装はもちろんNGです。
・ 綿素材のワンピースなどはOKです。
・ サンダルやブーツも避けた方が良いでしょう。

居酒屋などになると非常にカジュアルな会場なので、確かにフォーマルドレスや美容室でのアップスタイルの髪型は浮いてしまいますが、基本的な品の良さは必要になります。結婚式2次会の服装としては、ワンピースがおススメですが、綿素材でも大丈夫です。

 

カジュアルな結婚式2次会の服装・男性編


男性は「カジュアルな格好で」と聞くと、デニムスタイルのような休日の服装をイメージする人が多いのですが、新郎新婦の手前、あまりにくだけた服装は失礼にあたります

【カジュアルな結婚式2次会の服装】

・ ネクタイはなくても問題ありません。
・ 綺麗めなジャケットスタイルがおススメです。

デニム素材を避けて、チノパンなどのパンツカジュアルなジャケットを合わせてで参加すると素敵です。ジャケットは比較的カジュアルな綿素材でも、大丈夫です。

 

結婚式2次会の服装に小物を取り入れるとき


結婚式や披露宴ではパールなどの控えめなアクセサリーが好まれますが、結婚式2次会の服装では、もう少し派手なアクセサリーで遊ぶことも可能です。会場の雰囲気がカジュアルであればあるほど、小物も選びの幅も広がりますね。

【結婚式2次会の服装以外の注意点】

・ ヘアスタイルは、いくら結婚式の2次会といえども手抜きは禁物です。

新郎新婦にお祝いを伝える席ですので、髪型もきちんとセットして向かいましょう。披露宴から直接2次会会場へ向かう場合には、パールのアクセサリーを大ぶりのカジュアル仕様のアクセサリーに変えると、TPOに合わせたイメチェンも出来ておススメです。

 

いかがでしたでしょうか。今回は会場に合わせた結婚式2次会の服装のポイントを7つ、お伝えしました。最近は2次会の会場もスタイルもさまざまですので、参加するゲストも結婚式2次会の服装に頭を悩ませてしまう人々が多いです。

ですが、2次会といえども新郎新婦にとっての晴れの日であることにかわりはありません。2次会は結婚式と共に新郎新婦の一生の思い出の日となる場ですので、きちんとマナーを守った結婚式2次会の服装で参加しましょう。

そして2次会のもう一つの魅力といえば、新しい出会い!新郎側と新婦側のゲストが揃う2次会の席では新しい素敵な出会いが待っているかもしれません。

そんなチャンスを掴むためにも、大人として結婚式2次会の服装のマナーとTPOはきちんと守って、お洒落を楽しめると良いでしょう。今回お伝えした7つのポイントを、あなたが参加する2次会の雰囲気に合わせて是非活用してください。

 

まとめ

結婚式2次会の会場のに合わせた、服装選びのポイント

・結婚式2次会の会場の雰囲気を確認して服装選び
・ホテルなどフォーマルな会場では、披露宴と同じドレスコード
・レストランなどセミフォーマルな会場では、品よくまとめる
・セミフォーマルな会場でも男性ゲストはネクタイ着用が安心
・カジュアルな会場なら、女性は綿素材のワンピースもOK
・カジュアルな2次会なら、男性の服装にジャケットがおススメ
・カジュアルな2次会でも、ヘアスタイルには手を抜かない