結婚式の親族の服装チェック☆気になるポイントを紹介

結婚式の親族の服装チェック☆気になるポイントを紹介

結婚式で親族の服装って気になりませんか?実は新郎新婦との関係性によって正しい結婚式の親族の服装というものがあるのです。

両親はもちろん新郎新婦の兄弟姉妹、親戚までそれぞれの立場で、マナーに沿ったファッションで望めれば、親族からの株も上がるでしょう。

新郎新婦との関係性だけではなく、出席する人の年齢や既婚・未婚などの状況によっても、ファッションマナーは少しずつ変わってきます。おしゃれでありながら、マナーを守った節度ある服装で出席したいものですよね。

今回紹介するのは親族の服装チェックポイントです。主役は言うまでもなく新郎新婦ですが、周りからは親族の服装ももちろん見られています。いざという時、身内の結婚式で恥をかかないために、きちんと覚えておきましょう。



 

結婚式の親族の服装チェック☆
気になるポイントを紹介

 

兄弟の正しい服装


新郎新婦との関係が兄弟である場合、結婚式での正しい服装は既婚かどうかによっても少し変わってきます。もちろん、結婚式場の格式にもよりますが、基本的に既婚の場合、昼ならモーニングコート、夜ならタキシードが正しい正装です。

また結婚式場がカジュアルば場合や、未婚の場合はフォーマルスーツやダークスーツが一般的です。注意点としては両親や媒酌人より目立たないようにしてください。

 

姉妹の正しい服装


新郎新婦との関係が姉妹である場合も同様に、既婚かどうかで少し変わってきます。既婚の方は昼ならアフタヌーンドレス、夜ならイブニングドレスが一般的です。また少しカジュアルな式場の場合は時間帯にかかわらず身につけられるカクテルドレスなどもオススメです。

未婚の場合はワンピースなどでもよく、服装の幅は随分と広がりますが、露出の多いものは避けるようにしましょう。最近は単色のものが流行りです。

また、絶対的な注意点として、新婦はもちろん親族の中でもあまり目立ちすぎてはいけません。色合いや柄に注意しましょう。式場によっては和装ということもありますが、この注意点は絶対です。

 

両親の正しい服装


新郎新婦の両親は結婚式での服装に選択肢がほとんどありません。父親は先程も紹介しましたが、昼間ならモーニングコート、夜ならタキシードが一般的です。

また母親も昼ならアフタヌーンドレス、夜はイブニングドレスですが、黒を基調とした着物という選択肢もあります。新郎新婦の次に注目されることになるので、きちんと行き届いた格好が必須です。

といっても、男性の場合は特に他の親族と似たような格好になってしまいます。後述しますが、基本的に両親の服装より親族は派手な格好をしないものなので、なるべく上品なオシャレをすることをオススメします。

 

祖父母の正しい服装


新郎新婦との関係が祖父母の場合も、結婚式での服装は基本的には両親の服装と同じですが、祖母は着物の選択が一般的です。気をつけるのは新郎新婦の両親よりは地味にまとめること。格好で目立ちすぎないことです。

小物でおしゃれを楽しむのは構いませんが、それでも目立ちすぎないように考慮しましょう。席も新郎新婦の両親に近いことが多いため服装の比較もされやすくなります。

基本的に結婚式で前に立つことはありませんが、それでも親族の席と見た目の年齢で関係性はわかってしまいます。恥ずかしく内容人生の先輩としての威厳は必要です。

 

その他親族の正しい服装


新郎新婦との関係が、直結ではない親族、叔父や叔母などに当たる場合、服装にそれほど制限はありませんが、1つだけ注意点があります。それは新郎新婦と近い親族より目立たないことです。特に新郎新婦の両親、媒酌人、祖父母より目立たないようにしましょう。

基本的に結婚式場での親族は自分より親等の近い親族より控えめにします。女性の場合、和装や洋装も合わせるほうが無難です。

 

未成年は例外


参列する親族の中でも未成年や学生はまさに特例と言えます。例えば未成年であれば、多少派手なドレスでも構いませんし、学生であれば学生服でも構いません。

「清潔感があり、露出の少ないきちんとした服装」であれば新郎新婦との関係を深く考える必要もありません。女性の場合、単色のワンピースを選択する方が多いようですが、別に決まりというわけではありません。

ただし、一般的に周りから見ても「よそ行き」に見えるような服装を選ぶようにしましょう。普段お化粧をしない年齢の女子は薄めのお化粧に挑戦するのも悪くありません。

 

友人は派手めもOK


ここまで結婚式の親族の服装に関して紹介してきましたが、最後だけ少し脱線して友人の場合の服装を紹介しておきます。結婚式には友人や同僚、上司などを呼ぶ場合もありますよね?

その場合、どんな服装が一般的かというと、実は男性はフォーマルスーツやダークスーツ、女性はカジュアルなドレスが一般的です。特に女性は露出にさえ注意すれば多少派手めにしても大丈夫です。

もちろん、結婚式所の格式にもよりますので、そのあたりは入念に調べておくほうが無難です。また友人同士や同僚同士なら参加する人たちで服装を併せておくのもいい方法です。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式の親族の服装チェックについて紹介しました。細かいことのように思えるかもしれませんが、知らないと恥ずかしい思いをすることになります。

席でだいたい新郎新婦との関係はわかってしまうので、恥ずかしくないようにきちんと覚えておくと良いでしょう。親族が結婚式に出席する時、特に女性にとっては何かと便利な服装として、着物が挙げられます。

既婚女性ならば留袖を着ることがマナーとなり、未婚女性の場合には振袖でも大丈夫です。ただし、振袖の場合でも、新婦よりも派手にならないよう、控えめな柄を選ぶ必要があります。

美容院では髪のセットと共に着付けのサービスや、着物のレンタルを提供している所も多いでしょう。将来の親族の結婚式のために、一式揃えておくと何かと便利かもしれません。ぜひ、参考にされてくださいね。

 

まとめ

結婚式の親族の服装チェック☆気になるポイントを紹介

・兄弟の正しい服装
・姉妹の正しい服装
・両親の正しい服装
・祖父母の正しい服装
・その他親族の正しい服装
・未成年は例外
・友人は派手めもOK