結婚式の余興に超おすすめ!おもしろ小道具を使った7つの芸☆

結婚式の余興に超おすすめ!おもしろ小道具を使った7つの芸☆

結婚式の余興に超おすすめ!おもしろ小道具を使った7つの芸☆

最近の結婚式での余興は、感動的なものや、面白いものなど、招待されるのが楽しみになるようなものが増えてきました。

例えば、歌やビデオレター、クイズのほかにも、努力が垣間見えるような寸劇など・・誰もが楽しいと思えるよく余興が増えています。

余興は、ケーキ入刀やキャンドルサービスと同様に、結婚式のメインイベントの1つです。余興を頼まれた人は、何をしようかと迷ってしまいがち。

できるだけ会場中にとって分かりやすく、盛り上がるものにしたいですね。そのためには、小道具を使って余興をしてみることをお勧めします。定番の余興でも、小道具を使うだけで、ぐっと盛り上がるようになりますよ。

今回は、結婚式の余興でおもしろい小道具を使った7つの芸をご紹介します。



 

結婚式の余興に超おすすめ!
おもしろ小道具を使った7つの芸☆

 

おたのしみ抽選箱


会場のみんなで、お楽しみ抽選会を行うのも楽しいですよ。使う道具は、抽選箱のみです。買うのがもったいなければ、空き箱に、上から手が入るぐらいの穴を開けたものでも大丈夫です。

新郎新婦は、結婚式の前日までに、招待状に番号をふり、抽選箱の中に、あらかじめ出席人数分の番号を書いた紙を入れておきます。

抽選箱から番号をひいて、招待状の番号と同じ人が当たり!当たった人にプレゼントをあげるという余興です。

プレゼント以外にも、当たった人には、新婦のお色直しのエスコートをして一緒に退場したり、お祝いの言葉を述べてもらうなど、何かをしてもらってもよいでしょう。

誰に当たるか分からないので、会場中がドキドキする余興です。ただ、新郎新婦の準備が大変なので、参列者が大人数の場合は前々からの準備が必要です。

 

○×(まるばつ)ピンポンブー


披露宴の余興で、新郎新婦にクイズを出すのも面白いですよ!「ピンポンブー」という小道具を使うと、さらに面白さがアップします。

例えば、司会者が新郎に、「新婦が新郎に直して欲しいと思っているところは?」と聞いたとします。新郎が正解したときは、○を向けてボタンを押しますと、「ピンポン」と音が鳴って光ります。

間違ったときは「ブー」と音がするので、とても正解不正解が分かりやすく、子供にも喜ばれます。クイズ番組の真似をして、ピンポンブーで会場を盛り上げましょう。

クイズは、「新婦の一番嫌いな食べ物は?」、「新郎は新婦のどこが一番好き?」など、気分を害するような内容でなければなんでもOKです。ただ、音が小さいので、マイクを借りて音を拾うようにしましょう。

 

大きなハリセン


昔からあるハリセン。最近はエスカレートした余興?でもよく使われますのでご紹介します。まず、ハリセンのほかに大きなサイコロも用意します。男性が6人で、ハリセンを手に持って、軽快な音楽に合わせて入場します。

そのうちの一人が、持っているサイコロを振るのですが、サイコロには6人の名前が書いてあります。出た名前の男性を曲に合わせて順番にたたきます。これを数回繰り返します。

そして最後に 「新郎の名前だけ6面すべてに書いてあるサイコロ」を用意し、新婦父親にも登場していただきます。そのサイコロを新婦父親に振ってもらい、新郎を叩くという余興です。

新婦父親がハリセンで新郎を優しく叩くのか、本気で叩くかはご想像にお任せします。自分は巻き込まれないので傍観者として楽しめます。

 

大きな布があれば大丈夫~メイク・ザ・イメージ~


まず、代表ペア二人にステージに立ってもらいます。二人の間に、お互いが見えないようにカーテン(布)で隠します。もちろん、二人は客席から見えるように立って下さい。

司会者からお題が出されます。例えば、歌手や、お笑い芸人など。代表ペアは、そのお題を見て、イメージだけでポーズを作ります。二人の間で相談してはいけません。

二人の全面に、別のカーテンをして、3.2.1!ではがし、全員でジャッジします。このとき、同じポーズならOKですが、微妙な時は会場内の拍手で判定しましょう。

二人が相談してはまずいので、お互いの顔が見えないように、大きめのカーテンや布が必要です。そのほか、お題を書く大きめの画用紙も用意しましょう。

 

変身グッズで、どこが変わった?間違い探し!


新郎の友人など、出題者を5人選びます。そして、控え室などで衣装や装飾などを身につけてもらいます。着替えが終わったら登場してもらい、会場の人に、5人の姿を良く見て覚えてもらいます。そして、5人には退場してもらいます。

それから、また控え室で、着ている衣装や小物、さらには人まで入れ替わったりして、再び登場します。何が変わったかを、会場の人に当ててもらう間違い探しクイズです。

再登場するときに、新郎新婦ゆかりのものを着用したり、明らかに分かる間違い、例えばカツラ、髭、めがねなどを新たに身につけて登場しても面白いでしょう。全員女装をしてもおかしいですね。

必要な小道具は、何に変身するかで変わります。出題者も楽しめるもらえる余興ですよ。

 

ビンゴゲーム&抽選箱のダブルで面白さ倍増 新郎新婦からの余興!


誰でも知っていて楽しめるゲームといえば、ビンゴですね。先に当たった人が、いい景品をもらえるというのが通常ですが、これだけでは盛り上がりませんので、ビンゴで当たった人は、さらに、前に出てきていただき、クジを引いてもらうというダブルで面白い余興です。

ですから、早くビンゴになったからといって景品が良いものとは限りません。最後までわくわくドキドキします。用意するものは、ビンゴの紙と、抽選箱、それとたくさんの景品です。

最後にビンゴになったときに、景品が何もなかったらかわいそうですよね。結婚式ではみんなに喜んでもらいたいので、小さなプチギフトで構いませんので、なるべく人数分を用意して、新婦から「おめでとう!」と言って、手渡ししてあげたいですね。

 

新郎からのサプライズ余興!


余興は、参列者の方がやるばかりではありません! 工夫次第では、新郎新婦のほうが、友人や同僚より盛り上がる余興をすることもできます。

結婚式のメインイベントの1つに「ケーキ入刀」がありますね。でも、別に、ケーキでばければならないという決まりはないのです。

勤務先がすし屋だった新郎がいました。新郎は甘いものが苦手だったので、なんと!マグロで「ケーキ(マグロ)入刀」を行ったのです。

つまり、マグロの解体ショーですね。入刀したマグロは、マグロ寿司にして、参列者に振舞われた、ということがありました。もちろん、会場中大喜びの余興でした。必要な小道具は、新郎の仕事道具、そしてマグロ一尾でした。

 

いかがでしたでしょうか。

結婚式の余興には、楽しいもの、面白いもの、そして感動で泣けるものなどたくさんありますね。いろいろな小道具を使うだけで、余興がさらに面白くなることをお分かりいただけましたか?結婚式の余興は進化しています。

昔は歌を歌うぐらいの余興しかなかったのに、今は、会場中の誰もが笑えたり、楽しめたりする余興が多くなっています。

人とは違った演出をしたい、と思ったら、定番のものでも、少しだけ趣向を凝らしたり、小道具を使って演出したりするだけで、今までとは違った面白いものになる場合もあります。

是非、新郎新婦だけでなく、会場中が楽しくなるような余興で、素敵な結婚式にしたいですね。 一生の思い出だからこそ、みんなで祝福してあげましょう。

 

まとめ

結婚式の余興に超おすすめ!おもしろ小道具を使った7つの芸☆

・おたのしみ抽選箱
・○×(まるばつ)ピンポンブー
・大きなハリセン
・大きな布があれば大丈夫~メイク・ザ・イメージ~
・変身グッズで、どこが変わった?間違い探し!
・ビンゴゲーム&抽選箱のダブルで面白さ倍増
・新郎からのサプライズ余興!