普通のネクタイを結婚式にうまく使う7つの方法

普通のネクタイを結婚式にうまく使う7つの方法
最近の結婚式は様々なスタイルで行われていますね。皆さんが大切な方の結婚式に招待された時、悩むことのひとつが「その場にふさわしい服装選び」ではありませんか?

会場の雰囲気に合わず、浮いてしまっていないかと不安を抱えながら結婚式に参列してしまっては、晴れの門出をお祝いする気持ちも半減してしまうかもしれません。

そこで、今日はそんな不安を解消できて、簡単、すぐに取り入れられる「普通のネクタイを結婚式の日にうまく使う7つの方法」をご紹介します。

この7つの方法は、普段に皆さんが使っているネクタイを活用しながら、どんな結婚式にも対応できるマナーの基本をしっかり押さえているというのがポイントです。

最後まで読んで頂きながら、皆さんにぴったりの方法をぜひ選んでみてくださいね。



 

普通のネクタイを
結婚式の日にうまく使う7つの方法

 

色の選び方に注意


まず、黒は「喪服」を連想させるので縁起の悪いカラーということは押さえておきましょう。たとえ華やか柄をあしらっていたとしても、黒ベースは悪い印象を与えますので控えましょう。

結婚式という華やかなセレモニーなので、ネクタイも派手な色を・・・と思う方もいるかも知れません。しかし「シルバーからグレー」を選ぶのが基本です。

白いシャツには「ライトグレー」がおすすめです。もしもカラーネクタイを選びたい時には、強い色よりも明るい色(薄い色)を選ぶと印象が明るくなります。

 

柄の選び方に気を付けよう


ドット柄、小紋柄はどんなシーンに付けていっても失礼がない、最もフォーマルな柄です。色も含めると「シルバーの小紋柄」が、略礼装では最適なネクタイになるということを覚えておくと、参考になるかもしれません。

なお、ヒョウ柄・ゼブラ柄など「アニマル柄」と呼ばれる動物をイメージしたものは、殺生をイメージするので避けましょう。

また、キャラクター柄を避けるのはもちろんですが、レジメンタルストライプ(斜めのストライプ)柄も付けるのに注意が必要なので、避けたほうが無難です。

 

ウィングカラーシャツはあると便利


ウィングカラーシャツは、燕尾服・モーニングコートを着るときに必ず着るシャツです。ですから、馴染みのない方も多いと思います。

しかし、このシャツの上にネクタイを巻くと、とてもエレガントな装いに早変わりします。結婚式用に1枚持っているだけで、普段使いのネクタイを一瞬でフォーマル使いに変える、便利なアイテムです。

一部には、ウィングカラーシャツはあくまでタキシードに使用するもので、ネクタイにはミスマッチという意見もあるようです。

それでも、そもそも礼装向けのシャツであるウィングカラーを選べば簡単にフォーマルな印象を与えることから、ネクタイに合わせる着こなしも広がっています。

 

結び方について


ネクタイには、実は様々な結び方があります。これは男性の方でも、ネクタイを使い始めたばかりでは「知らなかった」という話もよく聞きます。

まず「ディンプル」と言われる結び目の下の皴やえくぼと言われるものを作ると、とても華やかになります。

結婚式におすすめなのは「エルドリッジノット」「トリンティノット」のように、絶妙な段差と結び方をアピールできるものと、「ウィンザーノット」という、結び目にボリューム感を持たせるものです。

もちろん、こちらの結び方は結婚式専用ではありません。普段使いもOKですので、覚えておくと何かの時には便利かも知れませんよ。

 

ポケットチーフにチャレンジしよう


せっかくの華やかなシーンです。普通のネクタイでも、ポケットチーフを挿すだけで格段のスタイルアップにつながりますから、ぜひチャレンジしてみてください。

白シャツには白のチーフが基本です。カラーネクタイには同系色のチーフを合わせるのが正解です。多色のカラーネクタイの時は、どれか一色と合わせましょう。

素材は絹・麻を選びますが、絹が最もポピュラーです。なお、綿は普段使いの素材です。お呼ばれのシーンには不向きですので避けましょう。

 

スーツの色は?


意外かも知れませんが、普通のネクタイにもダークスーツ(濃いグレー・ネイビーの無地)を選びましょう。おすすめはチャコールグレーです。

主役の新郎・新婦を引き立たせる「控えめなスーツとネクタイ」を合わせることで、お祝いの気持ちを表せるのです。ですから、白系のスーツは派手過ぎて主役の新郎より目立ちますので避けてください。

また、どんなにカジュアルな結婚式であっても、ビビットカラーのスーツは品が無い印象を与えますので、これも避けましょう。

 

リングタイでドレッシーに


ネクタイにシルバーのリングを通すことで、グッとエレガントさが増します。普段使いのネクタイを普段通りに結んでも、リングタイを通すだけでドッレシーになるので本当に便利なアイテムです。

オニキスやスワロフスキーのような、きらりと光る素材が施された物もありますので、自分好みを選ぶのも楽しいですね。

おしゃれ上級者になると、リングとラベルピン、ネクタイとチーフの色を合わせて、ダークスーツも華やかな装いに着こなせます。

 

いかがでしたか。

すぐに使える方法や、アイテムをプラスするだけなど取り入れやすいものばかりを選んでみました。皆さんにはどの方法が気に入って戴けたでしょうか。

結婚式の慣れないシーンでも、マナーの基本をしっかり押さえていれば安心ですよね。

大切な方をお祝いする気持ちを表現したい、そんな皆さんをお手伝いする「普通のネクタイを結婚式にうまく使う7つの方法」をぜひ取り入れて、結婚式を素敵な1日にしてくださいね。

 

まとめ

普通のネクタイを結婚式にうまく使う7つの方法

・色の選び方に注意
・柄の選び方に気をつけよう
・ウィングカラーシャツはあると便利
・結び方について
・ポッケトチーフにチャレンジしよう
・スーツの色は?
・リングタイでドレッシーに