結婚式の席次メッセージカードを粋なものにする7つのアイデア

結婚式の席次メッセージカードを粋なものにする7つのアイデア
最近では、結婚式のペーパーアイテムを手作りする人が増えてきました。招待状は手作りするには難易度が高いですが、ゲストの席をわかりやすく示す席札は、小さいので比較的手作りしやすいアイテムとして、人気があります。

中には、席札を紙で作るのではなく、食べ物でできたもの、実用的でそのまま引き出物になるもの、席札を置く台がおしゃれなものなど、種類はさまざまです。

新郎新婦オリジナルの素敵な席札を用意して、ゲストに喜んで持ち帰ってもらいましょう!今回は、メッセージカードを粋なものにする7つのアイデアについてご紹介します。



 

結婚式の席次メッセージカードを
粋なものにする7つのアイデア

 

メッセージの書き方ポイント


席札には、単に名前が書いてあるだけでなく、新居のご案内や、料理のメニューを入れるなどの心配りが大切です。

そのほかに、ひとりひとりの為に書かれたメッツセージが添えられえていると、読むだけでとても温かい気持ちになることでしょう。

両親や職場の上司、同僚、友人に宛てたものなど、それぞれに違ったメッセージを添えると、感謝の気持ちが伝わって喜ばれます。

ただし、一人ずつ違う内容のメッセージを書くには、大変時間がかかりまので、かなり早めに準備に取りかかることが大切です。

 

色ドレス色あてクイズ


お色直し前の「ドレス色あてクイズ」は、披露宴の演出でも人気があります。ゲストに新婦のお色直しのドレスの色を当ててもらうクイズで、当てることができたゲストにプレゼントを渡すという盛り上がる余興です。

まず、箱を3色用意します。その内の1つはドレスの色にして、クイズの説明後に、「お手元の席札を使って箱に投票してください」と呼びかけるだけです。

後は、スタッフに箱を持って会場を回ってもらえたら、ゲストの食事や歓談をとめずにスムーズに行なえます。席札を有効活用できる、楽しいクイズになります。

 

お箸方の席札


幸せをつなぐ粋なアイテムと言ったら、お箸がもってこいでしょう。昔から、2本がいつも寄り添うお箸は、仲睦まじい夫婦のようだと、夫婦円満の象徴としてお祝いの席などで用いられてきました。

ご着席の際には「席札」になりまし、お料理のサービスが始まれば「お箸」としてご利用になれます。そして、披露宴の最後には「引き出物」になる優れものです。縁起物として、結婚式にはぴったりのおもてなしの席札になるでしょう。

 

瓶型の席札「席札ボトル」


会場のコーディネートを更に素敵にしてくれるのが「席札ボトル」です。ボトルに、ゲストの名前が書いてあり、通常の、紙に書いてある席札ではつまらないと思う新郎新婦にはおすすめです。

瓶の中身は、蜂蜜やお酒、ジュース、お砂糖などの調味料や、ドレッシンング、ジャムなど、形や、中身も様々なものがあります。少し変わったアイテムがテーブルにあるとゲスト同士の会話も盛り上がることでしょう。

また、引き出物としてお家に持ち帰れるのも魅力です。

 

大人気商品、クッキーで出来た席札


今、話題の席札と言ったら、クッキーで出来た席札でしょう。クッキー1枚1枚にゲストの名前を入っていて、名前の上には、ゲスト1人1人に違うメッセージを入れることもできます。

箱にはスタンドがついていて、そのままテーブルの上に立てておくことができるので、新郎新婦が何も工夫しなくても、そのままでおしゃれな席次になります。

クッキーのほかにも、チョコレートの席札もあります。どちらにしても、子供から大人まで、誰もが喜ぶ「おいしい」席札と言えるでしょう。

 

蝶の素敵なメッセージカード


蝶の一部をグラスにとりつけると、まるで蝶が飛んでいるような美しいテーブルコーディネートが完成する、素敵な席札はいかがでしょう?

カードの裏面にメッセージが書けるので、ゲストのプレゼントにもなり、持ち帰ってくれる確率が高くなりますよ。

デザインの中には、両面無地の蝶の形のものや、片羽がレース状の模様になっていて、もう半分にメッセージを書くおしゃれなタイプなど、いろいろあります。

 

席札の台をおしゃれにしよう


「メッツセージカードを、どのように工夫すればいいか分からない。」と言う方は、ワインコルクを使った席札の台を作ってみてはどうでしょうか?

ワインコルクに切り込みを入れ、そこにカードを挟むだけです。これなら、作りやすいですし、おしゃれに見えます。メッセージカードが、ただの白いカードで味気ない、面白みにかける、と思う方には、ワインコルクがお勧めです。

丸みをおびたカードは柔らかい印象に、四角いカードはスタイリッシュな印象になります。さらに、コルクは半分にカットすると安定性が良くなりますし、数も半分で作ることが出来て経済的です。

 

いかがでしたでしょうか。

結婚式の席次メッセージカードを粋なものにする方法をお分かりいただけましたでしょうか。

席札のデザインばかりに気を取られてしまいがちですが、肝心なメッセージを書くときにも注意が必要です。文章量は、どのゲストに対しても、ほぼ同じになるようにしましょう。

メッセージの量が、長かったり短かったりとマチマチでは、読んで良い印象を受けない方もいらっしゃるでしょう。

1人1人に違うメッセージカードを用意するためには、とても時間がかかりますので、時間に余裕を持って準備するようにしましょう。

 

まとめ

結婚式の席次メッセージカードを粋なものにする7つのアイデア

・メッセージの書き方ポイント
・色ドレス色あてクイズ
・お箸方の席札
・瓶型の席札「席札ボトル」
・大人気商品、クッキーで出来た席札
・蝶の素敵なメッセージカード
・席札の台をおしゃれにしよう