入学祝いの書き方☆関係性別の金額相場など、7つの作法

入学祝いの書き方☆関係性別の金額相場など、7つの作法
入学祝いの書き方は、せっかくのお祝いですから、きちんとした作法で渡したいですよね。ちょっとした事ですが、日ごろからのマナーが問われるのが、お祝儀やお祝い。なかでもついつい気軽に構えてしまうのが、入学祝いの書き方です。

入学祝いの書き方以前に、お祝いはギフトを選ぶ方もいますが、入学が決まった時点のご本人は色々と準備されているはず。自分のお気に入りの品物を選んで購入している事も多く、心もワクワクして入学を夢見ているだけに、品選びが難しい!

お祝いしたい気持ちもわかりますが、ここはどんなものにも化ける「現金」が1番喜ばれます。ギフト選びは確かに楽しく、気持ちも伝わりやすく思えるのですが、だからこそ、相手が最も嬉しいものを贈りたいところ!

自分のお気に入りを押し付けることなく、丁寧な入学祝いの書き方で敬意を表し、お祝いしてあげたいですよね。そこで今回は、入学祝いの名目の書き方や、祝儀袋の選び方などをまとめました。是非参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

結婚式の祝儀☆ビジネス上のお付き合い、相場やマナー

結婚式の祝儀☆ビジネス上のお付き合い、相場やマナー
結婚式の祝儀を包む時、いざとなると悩みますよね。結婚式に呼ばれるのはとても嬉しいのですが、祝儀をいくら包むのか、どんな祝儀袋を選ぶのか、など準備を始めると疑問に思うことも多いもの。

また、何を着ていこうかとあれこれ迷っている間に、結婚式が近づくと祝儀を包むのを忘れていて焦ってしまうこともあります。ましてやビジネス上のお付き合いとなると、今後の仕事に影響してきますので、ますます悩むかもしれません。

さらに結婚式の祝儀は相場やマナーを押さえておかないと、後々面倒になることも…。もちろん、大切なのは気持ちですので、金額の問題ではありません。でも一定のマナーをしっかり守った結婚式の祝儀を準備して、お互いに気持ちよく今後の関係を築きたいですよね。

そこで今回は、ビジネス上のお付き合いでの結婚式の祝儀について、相場やマナーをお伝えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式の祝儀マナー☆社会人が守りたい7つの作法

結婚式の祝儀マナー☆社会人が守りたい7つの作法
結婚式の祝儀には様々なマナーがあります。ご祝儀袋の選び方や表書きや名前の書き方、中袋の書き方、お金の入れ方など細かいところにまで決まり事があるため、「難しそう」と苦手意識を持ってしまいますよね。

しかし、結婚式は新郎新婦の人生における大切な儀式ですから、招待される側は正しいマナーを守りたいものですが、一見、様々なルールや決まりごとがたくさんあって難しそうだと感じる結婚式の祝儀、このマナーの覚え方にはコツがあります。

それは、それぞれのルールに裏側にある根拠まで理解するということ。どうしてそうしなければいけないのかを理解するだけで、ルールの丸暗記をする必要がなくなるなら、知っておきたいですよね。

そこで今回は、結婚式の祝儀のまつわるルールやマナーについて、その根拠や背景を含めて7つの作法を解説します。

[ 続きを読む… ]

結婚式の祝儀☆気になる相場や包み方の基礎知識

結婚式の祝儀☆気になる相場や包み方の基礎知識
結婚式の祝儀は、招待状を受けてから最も気になることのひとつですよね。「結婚式の祝儀相場は、いくらくらいだろう?」「他の皆はいくら包むだろう…。」誰しも知りたいことではないでしょうか。

さらには、結婚式の祝儀の袋がいろいろあるなかで、どんなものを選ぼうか…、表書きは筆で書かなくてはいけないのか…などなど。結婚式の祝儀に関しては、実際に準備をしていくなかで、ふと迷うことがあるものです。

実は結婚式の祝儀について紐解いていくと、興味深いことがたくさんあります。例えば相場と「祝儀袋の格」は比例しますし、お札を包む中包みに書く金額の数字も、正式には特別な漢字を使うのです。

結婚式の祝儀は一生に一度の贈り物でもある、と考えれば、結婚式の祝儀の作法を守って贈りたいですよね。そこで今回は、誰もが気になる結婚式の祝儀相場から包み方まで、役立つ基礎知識をお伝えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式の祝儀を包むとき☆知っておきたい7つの作法

結婚式の祝儀を包むとき☆知っておきたい7つの作法
結婚式の祝儀を包むとき、いつも「これでいいのだろうか?」と迷ってしまうことも、ありますよね。おめでたいことですし、間違いがあっては失礼なことになりますので、きちんと対応したいもの。

ご存知のとおり、結婚式の祝儀はただ包めばよいというわけではありません。主役である新郎・新婦との関係性で、包む金額も変わってきますし、お金をご祝儀袋に入れて渡せばよい、と言う訳でもないのです。

おめでたいことだからこそ、失礼があっても困りますし、人に聞くのも「この人こんなことも分かっていないの?」と思われるのではないかと、恥ずかしくなりますよね。

そこで今回は、今更聞けない結婚式の祝儀マナーの基本をお伝えします。ここで確認して、堂々と結婚式の祝儀を渡してください。

[ 続きを読む… ]