就活でのOB・OG訪問のお礼メールの書き方、7つの基本例文☆

就活でのOB・OG訪問のお礼メールの書き方、7つの基本例文☆

就職活動の一つに、先輩方から実際の仕事内容や社内の雰囲気などを聞くことができる、OB・OG訪問があります。OB・OG訪問が終わったら、お礼のメールを必ず出しましょう。

ただし、お礼メールは、どれも似たり寄ったりの内容になりがちですので、なるべくインパクトがあって、さらに見やすいメールを送るように心がけましょう。

例えば、直接メールアドレスを打ち込んで送信する時は、相手にメールアドレスだけが表示されるので、誰からのメールなのか分からなくなりますね。

自分の連絡先も登録して送るなどの配慮をしましょう。また、出す時は、印象が良くなるように、その日のうちにお礼メールを送ることが大切です。

今回は、就活でのOB・OG訪問のお礼メールを送る際に、相手に失礼がないような書き方と、7つの基本例文を紹介します



 

就活でのOB・OG訪問のお礼メールの書き方、
7つの基本例文☆

 

件名の書き方を知りましょう


最初に、OB・OG訪問のお礼メールであるとひと目でわかるように、件名を書きます。【OB訪問のお礼】と書きます。

(例1)

件名【OB・OG訪問のお礼】

○○株式会社  △△部 ☆☆様

本日OB訪問をさせていただいた、●●大学の□□□□と申します。
本日はお忙しい中お時間をとっていただきまして、本当にありがとうございました。
今までの疑問点や、わからなかったことなども丁寧にお答えいただいたおかげで、貴社についてよく知ることができ、ますます志望が高まりました。
今後は、☆☆様から頂いたアドバイスを活かし、努力していきたいと思っております。
就職活動をしていく中で、またお話をうかがう機会もあるかと存じますが、
その際は、どうぞよろしくお願い申しあげます。
本日は、本当にありがとうございました。

 

宛先の書き方についてを知りましょう


OB・OG訪問のメールは、「●●株式会社 ●●様」といったように、きちんと会社や名前を入力しましょう。

(例2)

件名
【OB訪問のお礼(●●大学●●)】

●●株式会社○○様

本日OB訪問をさせて頂いた●●大学●●学部の●●です。
本日はお忙しい中、お時間を取っていただきありがとうございました。○○様とお話したことで、自分だけではわからなかったことが理解でき、仕事のイメージも具体的になり、より一層御社で働きたいと強く思うようになりました。

特に●●のことや△△は感銘を受けました(OB訪問の具体的なエピソードや言葉を書く)。また、お話をお伺いする機会もあるかと存じますがその際は、何卒よろしくお願い致します。

本日は、貴重なお時間をいただき、本当にありがとうございました。

 

本文の基本例文


本文では、感謝の挨拶とともに自分の名前を名乗ります。 「本日OB訪問をさせて頂いた●●大学●●学部の●●です。」

次に、OB訪問で聞いた具体的な内容を織り交ぜながら、感謝の言葉を伝えます。

(例3)

「本日はお忙しい中貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。□□様とお話しすることで、会社案内だけではわからなかった
貴社での仕事内容に対する理解が深まり、貴社で仕事をしたいという気持ちがますます強くなりました。

今後、□□様からいただいた貴重なお話をふまえて、さらに企業研究を進めて参りたいと考えております。」ポイントは、漠然とした内容を書くのではなく、OB訪問で心に残ったこと、参考になったことを具体的に記載することです。

 

再度、感謝の気持ちを述べて書き終えます


最後に、もう一度お礼の気持ちを伝えて、メール本文は完成となります。例文を3つご紹介します。

(例4)「また、新たにご質問させていただくこともあるかと存じますが、 その折はよろしくご指導をお願いいたします。丁寧にご対応くださいましたこと、 重ねて御礼申し上げます。」

(例5)「今後、□□様からいただいた貴重なお話をふまえて、さらに企業研究を進めて参りたいと考えております。また新たにご質問させていただくこともあるかと存じますが、その折はよろしくご指導をお願いいたします。」

(例6)「就職活動が終了しましたら、改めて結果をご報告させていただければと思っております。丁寧にご対応くださいましたこと、重ねて御礼申し上げます。」などと、今後のことも含みつつ、お礼の言葉を書きます。

 

最後に署名を忘れずに


本文を書き終えたら、一番下に「署名」を忘れずに入れましょう。大学名、名前、電話番号、メールアドレスは最低限入れておきましょう。

(例7)

===================================
●●大学 ●●学部
●●●●
TEL:090-●●●●-●●●●
MAIL:●●●●●@●●.com
===================================

なお、人事に送る際は、メールアドレスはもちろん、人事担当者からの連絡に備えて、住所も記入します。郵便番号も忘れずに書きましょう。

電話番号は、日中に連絡が取れる番号を書きます。また、自分の名前には、読み方をつけると間違われませんし、覚えてもらえる確率が高くなりますね。

 

返信でのやり取りを消さないで送信しましょう


PCからメールを一往復以上した際に、通常であれば、相手の元メールがあらかじめ記載されていますね。

過去のやりとりが履歴として本文中に残りますが、その内容を、わざわざ削除して返信する人がいます。

おそらく、そのまま返信するのは失礼だと思い、あえてこの元の文章を削除しているのだと思います。ですが、その場合だと、相手が前回までの内容を確認したい時に、今までのメールをもう一度読み返さなくてはいけません。

ですから、元の文章を消さないようにしましょう。携帯メールの場合は、返信が重なると1通のメールの本文が長くなるため、送られてきた前の本文を消す場合が多いですね。

しかし、ビジネスメールでは、相手に内容が伝わるように全文を残したまま送信するのがマナーです。

 

メールの注意点を知っておきましょう


OB・OG訪問が終われば、感謝の気持を伝えるべきですが、手紙がいいのかメールがいいのか迷いますね。もちろん、手紙の方が丁寧なことに間違いありませんが、OB・OG訪問でお礼状を送るのは少し重すぎるので、お礼はメールで送るのが一般的です。

メール文は、ビジネスメールの形式で送るようにしましょう。これは相手に失礼のないようにするためです。ビジネスメールは、短く、端的に、分かりやすくが鉄則です。

1行が25〜30文字になるように改行を入れるようにします。3〜4行毎に改行し、行間を入れるようにすると、ぐっと見やすくなります。また、HTMLやリッチテキスト形式を利用せずに、テキストタイプでメール作成して送りましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

先輩は、自分のために忙しい仕事時間を割いて、わざわざ会ってくれたわけですから、きちんとお礼の気持ちを伝えることが大切です。

話を聞いてどう感じたか、どのように参考になったかなど、メールの中に、具体的な感想を盛り込むことで、先輩も訪問を受けた甲斐があったと感じてくれることでしょう。

また、OB・OG訪問を通じて志望意欲が高まった場合は、「御社で働きたいと強く感じました」「ますます興味が強くなりました」などと、志望度が高まったことをアピールするといいですね。

逆に、志望度が低くなった場合は、あえて触れず、感謝の言葉だけを書きましょう。思いを込めて書けば、メールでも気持ちは相手の心に響きます。きちんと自分の言葉でお礼を伝えて下さいね。

 

まとめ

就活でのOB・OG訪問のお礼メールの書き方、7つの基本例文☆

・件名の書き方を知りましょう
・宛先の書き方についてを知りましょう
・本文の基本例文
・再度、感謝の気持ちを述べて書き終えます
・最後に署名を忘れずに
・返信でのやり取りを消さないで送信しましょう
・メールの注意点を知っておきましょう