サプライズで誕生日プレゼントを贈る5つのアイデア

サプライズで誕生日プレゼントを贈る5つのアイデア
誕生日は記念日の中でも特別なものですが、その誕生日にサプライズでプレゼントをもらえたら、男女問わず、幾つになってもうれしいものですよね。

皆さんの記憶に残る誕生日プレゼントにはどのようなものがあるでしょうか。記憶を呼び起こしてみると、プレゼントそのものだけでなく、プレゼントを渡されたシチュエーションも一緒に良い思い出として残っていることでしょう。そしてその思い出は、シチュエーションとプレゼントを一生懸命考えてくれた家族や友人、パートナーへの感謝の気持ちで満たされているはずです。

プレゼントを贈る側の立場なら、サプライズとプレゼントの両方で相手を喜ばせたいですよね。しかし、もし失敗してしまったらと思うと実行に移すことが躊躇されるかもしれません。でも大丈夫、ポイントさえ押さえておけば、素敵なサプライズプレゼントを渡すことができます。そこで今回は、サプライズで誕生日プレゼントを贈る5つのアイデアについてお伝えします。



 

サプライズで誕生日プレゼントを贈る
5つのアイデア

 

相手の欲しがっているプレゼントをさりげなく聞き取る


誕生日が近づいてくると、どうしてもプレゼントについて意識してしまいますよね。誕生日近くになって露骨に「何か欲しいものある?」とか「興味のあるもの教えて」なんて聞いた日には、「ああ、プレゼントの事かな」と推測されてしまう可能性が高くなります。かといって早めに聞きすぎても、その時と誕生日直前では欲しいものが違うということも起こりえるので悩みどころです。

そこで、サプライズな誕生日プレゼントを贈りたいと考えている相手には、日常的に趣味嗜好をヒアリングするようにしましょう。日常的に会話に出ていれば、相手に警戒される(サプライズを見破られる)ことなく計画を進めることができます。

些細な会話の中で伝えていた希望を覚えていてくれた!叶えてくれた!という気持ちはサプライズ感を高めるので、それがたとえ高価なプレゼントでなくても相手にとってはとても嬉しく記憶に残るものになるでしょう。

 

旅行やディナーは+αでサプライズする


誕生日プレゼントに旅行やディナーを考える人も多いでしょうが、これらは事前の予約が必要であり、相手のスケジュールを確実に押さえておく必要があります。そのため、相手にばれない様に事を進めるという点では、サプライズとして非常に難易度が高いプレゼントになるのです。それでは、旅行やディナーはサプライズプレゼントとして成立しないかというと、そんなことはありません。旅行もディナーも、サプライズ演出の一つと考えればよいのです。

大切な相手へ旅行をプレゼントし、あとでこっそり部屋のアップグレードをするという方法でサプライズ感を演出することは可能です。ディナーの当日にリムジンやハイヤーを手配してお出迎えというのも相手を大変驚かせ、そして感動させるでしょう。もちろん、高額なサプライズに限らず、ディナー先で誕生日の年のワインを準備しておくとか、メッセージ付きのケーキを用意してもらうという方法も充分記憶に残るサプライズプレゼントです。

 

周りに協力してもらう


何かサプライズを準備して誕生日プレゼントを渡したいと考えた時、自分一人の力では難しい事でも友人や家族を巻き込めば、そんな問題もクリアできてしまいます。

まず、協力者に計画の趣旨を説明し、賛同をもらいます。予算を伝えてその中でアイデアを出し合えば、自分だけでは思いつかなかったことも実現可能になります。仕事の都合だって、できるだけ相手がサプライズ当日に時間を作れるよう配慮してくれる場合も考えられます。みんなの協力で準備したサプライズ誕生日プレゼントは、たくさんの笑顔と祝福に満ちていて、素晴らしいものになるのではないでしょうか。

 

実はね、といって渡すもう一つのプレゼント


旅行やディナーで誕生日をお祝いしたり、友人を招いて盛大にお祝いしたりと、楽しい時間を過ごした後、相手は「もうこれで自分の誕生日は終わり、また来年」と高揚感の後の余韻に浸っています。そこで「実は」と差し出す本当のプレゼント。相手にとっては油断していたところでまさか!となること間違いなしです。

それは、決して高価なものでなくてよいのです。「いつもありがとう」とメッセージを添えた花やお菓子で充分です。女性から男性へ、子どもから両親へという場合は、ちょっとした手紙でもよいかもしれませんね。貴方の誕生日を心から祝っています、という意思が伝わる言葉があれば、派手ではありませんがこれも相手をびっくりさせるという点では充分なサプライズプレゼントになります

 

無理強いはしない


サプライズを成功させることは、自分もそうですが、相手にとっても負担の無いものである必要があります。例えば、病気になったと嘘をついて心配させておいて、お見舞いに来たところを「おめでとー!サプライズでしたー!」とするのは、駆け付けた相手にとっては心配した、不安だったという思いがあった分素直に喜べないかもしれません。非常に高額な演出をしすぎると、相手に気を遣わせてしまう可能でもあります。また、驚かされることを嫌う人も一定数存在しますから、普段の会話や仕草から、本当はサプライズを期待しているのか、嫌がっているのかを見極めたうえで実行することが大切です。相手に喜んでもらうことを一番に考えて段取りしていきましょう。

 

いかがでしたか。サプライズというのは相手を驚かすだけが目的ではなく、喜んでもらうこと、記憶に残るものにすることが大切です。

日常の会話を大切にし、相手の望むものをリサーチしたら、サプライズ=プレゼントとするか、サプライズを演出の一つとするかを決めて、計画を立てましょう。周りに協力を頼んだり、メッセージを書いたりとする時間中で、相手を大切にする思い、相手が生まれてきた日を心から喜ぶ気持ちが湧き出てくる事を感じるかもしれません。そしてそれがなによりの、サプライズプレゼントを成功させる第一歩となるのです。

皆さんも大切な人の喜ぶ顔を想像してくださいそして、その顔を見て笑顔になる自分も想像してください。そういう気持ちがあれば、どんな演出でも最高の誕生日プレゼントになるでしょう。

まとめ

サプライズで誕生日プレゼントを贈るには

・日頃からプレゼント候補をリサーチ
・旅行やディナーには+αでサプライズを組み込む
・周りの協力を得る
・メッセージカード等<二つ目>の些細なプレゼントを準備する
・決してサプライズを無理強いしない