お子さんの卒業式のスーツはどれがいい?賢い7つの選び方

お子さんの卒業式のスーツはどれがいい?賢い7つの選び方

私服の幼稚園や小学校の卒業式では、お子さんが着用するスーツをどのようにして選ぶのかがママたちの悩みどころ。デザインやサイズ感、TPOに適っているかどうか、そして予算などなど、スーツを選ぶ際に考えなければならないポイントがたくさんあるのではないでしょうか。

卒業式は、これまで通ってきた学び舎から巣立つ子供たちの晴れ舞台。当日のために精いっぱいの支度をしてあげたいというのも親として自然な感情ではありますが、予算やスーツの今後の使い勝手を考えるとなかなかそうもいかない…。そんな葛藤にお悩みのママも実は多いはずです。

さて、今回はお子さんの卒業式を前にしたそんなママたちのためにスーツの賢い選び方を7つご紹介していきたいと思います。本記事を参考に、お子さんにぴったりのスーツをいち早くゲットしてくださいね。



 

お子さんの卒業式のスーツはどれがいい?
賢い7つの選び方

 

価格重視かクオリティ重視かを決めましょう


近年では、店頭に並ぶ卒業式のスーツはとてもバラエティ豊かです。

価格も、数千円で揃う激安のものからブランド物まで様々。よって、お店に足を運ぶ前に”価格重視”or”クオリティ重視”かという指針を決める必要があります。

近年は「一度しか着ないから」と割り切って安いスーツを買うというご家庭も増えているようです。また、近所のお店で買ったスーツは友達とかぶりやすいので、激安品はネットで購入するというケースがほとんどです。

 

オークションでいいとこ取りも可能です


上記の”価格orクオリティ”という選択肢をどちらも選べる購入方法があります。それは、オークションで購入することです。うまくいけば、ブランド物の綺麗なスーツを販売価格よりかなり安く手に入れることができます。

ただし、そんなお得なオークションはいわば戦場。

卒業式が近づいてから探し始めたのではまず手に入りません。お子さんがいる家庭ではこまめにオークションサイトをチェックしておく必要がありますね。

安くて良質のスーツに巡り合えるかは運次第といってもいいでしょう。

 

お友達のスーツのタイプを聞き込みましょう


まずは、スーツを実際に購入する前に、周りのママにスーツのタイプの聞き込みをするところからスタートです。

卒業式のスーツは、男の子はジャケットにシャツ・スラックス、女の子はジャケットにスカートという組み合わせがほとんど。しかし、学校や地方によって平均的なコーディネートが違ってくる場合もあります。

わが子だけ卒業式当日に浮いてしまった…というのではちょっと可哀想です。個性も出しつつ、周りの雰囲気になじめるようなタイプのスーツを選んであげましょう。

 

スカートは丈に注意しましょう


女の子の場合は、スカートの色やデザインだけではなくてスカート丈も要チェックです。

壇上で卒業証書をもらう場合、お辞儀をしたときにスカートの中が丸見え…なんて笑えない事態も時々起こるようです。

短い方がかわいいと思うお子さんもいるでしょうが、お辞儀したときの見え方も考慮に入れて短すぎないものを選ぶ必要があります。そして、短すぎる丈のスカートは会場で浮いてしまうことも。

式典の雰囲気にそぐわない恰好は、たとえ本人が希望していたとしても避けるのが無難です。

 

1度しか着ないからこそシルエットにこだわりましょう


卒業式に着るスーツは、着る時期が丁度お子さんの成長期にあたるということもあり、たった1度きりの着用でお蔵入りになることがほとんどです。

だからこそ、大きめサイズを買わずにジャストサイズのものを購入するようにしましょう。

卒業証書授与で壇上に上がった際、ズボンが太すぎたりジャケットが長すぎたりすると意外と目立ちます。当日ビシッと決まるように、綺麗なシルエットのスーツを選んであげると記念写真も満足な映りになるでしょう。

 

着心地のいいスーツは、式典中も快適です


スーツのデザインにばかりこだわってしまい見落としがちなのが、スーツの着心地。じっと座っている式典中は、スーツの着心地が悪いと案外気になるものです。

着心地を確かめるには、腕周りがきつくないか、座った時にウエストが締め付けられないか、素材の手触りが悪くないか、そして腕を楽に上げ下げできるか等のポイントをチェックしてみてください。

通販で購入される場合は、サイズが小さくないかを最低限チェックするようにしましょう。

 

生地の重量感も要チェックです


これも実際に着てみないと分からないポイントですが、スーツを着用してみたときに重くないかどうかも確かめてみましょう。

生地の種類によっては、ジャケットが重くなって肩が凝ってしまう場合もあります。

総合すると、軽くてかつ薄っぺらくなく、しっかりした生地で作られたスーツが理想的ですね。そして、女の子のスカート生地はペラペラしていると風でめくれてしまいやすかったり、座った後にしわになったりするので特に注意しましょう。

 

いかがでしたか。まだ子供といえども、卒業式のスーツの選び方に様々なポイントがあるということをご理解いただけたのではないでしょうか。

選ぶ際には、お子さん本人の意思も尊重しつつ、本記事でご紹介したポイントも抑えたスーツを勧めてあげられればベストですね。

そのためには、卒業式の直前ではなく前もって早めにスーツを探し始めることをおススメします。いいスーツはすぐに売り切れてしまうので注意しましょう。

一生に一度の晴れ舞台、お子さんにとってもご家族にとってもいい思い出になることをお祈りしています!

 

まとめ

お子さんの卒業式のスーツはどれがいい?賢い7つの選び方

・値段重視か記念重視かを決めましょう
・オークションでいいとこ取りも可能です
・お友達のスーツのタイプを聞き込みましょう
・スカートは丈に注意しましょう
・1度しか着ないからこそシルエットにこだわりましょう
・着心地のいいスーツは、式典中も快適です
・生地の重量感も要チェックです