50代女性にぴったりな結婚式のスーツを選ぶ7つのポイント

50代女性にぴったりな結婚式のスーツを選ぶ7つのポイント

50代、まだまだ若い方も多い年代です。新郎新婦のご両親以外、黒留袖を着る機会も少なくなった最近の結婚式では、着用する洋服に悩みますね。年齢と共に変わっていく体型も、それぞれに合った服装を着用すれば、とっても素敵に見えるものです。

いつまでたっても女性は女性。若いって言われたら嬉しいですし、綺麗って言われたら、1日中ハッピーな気持ちで居られるものです。「今日はいつも以上に綺麗ですね」を目標に、あなたにピッタリな結婚式のスーツを紹介します。

体型に自信がないし…なんて方も、ご安心ください。誰にだって、自分の体型で嫌いな所はありますから、気にされなくても大丈夫です。体型や見た目にあったスーツの選び方を紹介していきます。



 

50代女性にぴったりな結婚式のスーツを選ぶ7つのポイント

 

ジャケット


年齢的にも黒を選ぶ方も多いでしょう。その際は、首元や胸周りにビジューやフリル等の加工が施されたジャケットを選ぶと良いでしょう。ご自身の好みにもよりますが、可愛らしい印象に仕上げたいなら、フリルタイプの物、シンプルで品のある装いにしたいなら、ビジュー付きの物をお勧めします。

襟元は、首元が締まったタイプ、開いたテーラージャケット、襟なしタイプ、どれでも構いません。ご自身の雰囲気に合った物を選ぶ事が大切です。50代ならではの凛とした美しさ、品の良さを感じさせてくれるジャケットになります。

他にも紺やワインレッド、ダークグレーやベージュ等の色もお勧めです。上品でエレガントな光沢のある素材の物を選んで下さいね。

 

スカート・ワンピース・パンツ


どのタイプのスーツを選ぶか迷う所です。若い印象に仕上げたいなら、膝丈程のスカートやワンピースが宜しいでしょう。年齢的に膝が見えるのはちょっと…と抵抗をお持ちの方は、膝下~ロング丈のスカートやワンピースがお勧めです。ふくらはぎ中間程の丈でしたら、ふわっとしたAラインのスカートが、可愛らしい印象に仕上げてくれます。

ロング丈の場合は、あまり長すぎない物を選んで下さい。くるぶし丈程度までが相応しいでしょう。ジャケットがシンプルな場合はAラインの物、ジャケットが豪華な場合はタイトなロング丈がお勧めです。パンツスタイルは、長身のスレンダーな方に、よく似合うスタイルでしょう。全体のトータルバランスで考えていくと選びやすくなります。

 

素材のポイント


安い物ではありませんから、長く愛用できる素材の物を選びたいですね。最近ではオールシーズン対応可能なフォーマルスーツも多く販売されています。ジャケットとスカート、ジャケットとワンピースのツーピースタイプが主流でしょうか。

慶事の席ですから、シフォンやオーガンジー等のふんわりとした印象の素材もお勧めではありますが、年齢的にも、上品な印象のサテンやシルク、コットン等がお勧めです。混合タイプの生地でも構いません。光沢のある生地、上品な輝きを放つ素材の物を選んで下さい。全面にレース加工が施された、ジャケットやスーツ等もあり、華やかで上品な印象の装いになります。

ご予算やご自身の体型やお好みに合わせて選んでいくと良いでしょう。

 

カジュアルな結婚式


最近では、ガーデンパーティーやレストランパーティー等の結婚式も増えてきました。品格のある会場での結婚式が主流だった昔とは違い、フォーマルも時代と共に変化してきています。カジュアルな結婚式に参加される場合は、あまりにもフォーマル感溢れる服装では、ご自身が居心地の悪い思いをしてしまいますから、少しカジュアル感のある物を身につけて行きましょう。

お勧めは、ジャケットと柄物のワンピースドレススーツです。柄物?とマナーに厳しい方は思われるかも知れませんが、カジュアルパーティーではOKとされる装いになります。黒や紺、ワインレッド等がベースとなった色味のドレスに、レース刺繍が施された柄物や、派手すぎない花柄の物が相応しいでしょう。

ちょっとよそ行きの服装と覚えておくと宜しいです。

 

年齢より若く見られたい方


ここからは、見た目、お悩み別にお勧めの装いを紹介します。年齢よりも若く見られたい方は、ベージュや薄いピンク等の色合いがお勧めです。派手な色合いではなく、落ち着いた色合い、少しダーク目の物が、上品で若々しい印象に仕上げてくれます。

もう少し落ち着いた雰囲気に仕上げたい方には、紺やダークグレー、紫やダークブラウン等がお勧めです。黒とは違う色を着る事で、華やかな場にも相応しいお洒落な装いに仕上がります。光沢のあるエレガントな色合いが、女性としての魅力を引き立たせてくれるでしょう。

色は、ご自身の肌の色と相性の良い物を選んで下さいね。首元は締まっていないタイプのジャケットがお勧めです。若々しい印象の素敵な装いに仕上がるでしょう。

 

落ち着いた印象に見られたい方


年齢も年齢だし、それ相当の品格ある装いに仕上げたい方は、黒やダークグレー等がお勧めです。単色の物では、若干華やかさに欠ける印象がありますから、コサージュやネックレス等で、華やかさをプラスして下さい。ジャケットが色違いの物、またデザイン加工された物でしたら、それほど気にされなくても大丈夫です。スカート丈は長め、ふくらはぎ中間~くるぶしまでの物を選ぶと品格ある装いに仕上がります。

ラインはご自身が好きな形で大丈夫です。落ち着いた中に可憐さを出したい方はAライン、厳粛な品格ある装いに仕上げたいならタイトラインと覚えておきましょう。ご存じの方も多いでしょうが、フォーマル時の最も格式高いスタイルはスカートになりますから、品格ある装いに仕上げたい方は、パンツスタイルは避けて下さい。

 

体型別に選びましょう


最後に纏めとして、お悩み別でお勧めのスーツを紹介していきます。まず低身長の方にお勧めは、黒や紺などの暗めの色合い、膝丈のスーツです。スカートでもワンピースでも構いません。ご自身が好きな方を選んで下さい。肌色を見せる事で、身長の低さをカバーしてくれます。次に高身長の方にお勧めは、パンツ、ロングスカート丈のスーツです。色は、ご自身に合う色合いを選んで下さい。

肌色の露出を控える事で、上品な装い、慶事に相応しい仕上がりになります。少しふくよかな方には、ふくらはぎ~くるぶし丈のスーツがお勧めです。ワインレッドや紺・紫等の気品ある色合いが、女性らしさをアップさせてくれる装いになります。必ず、鏡でチェックし、トータルバランスが良い物を選びましょう!

 

いかがでしたか。

ご自身にぴったりのスーツが見つかったでしょうか。ご自身の肌の色や見た目、身長や体型を考慮して選んでいくと、似合う装いが仕上がります。結婚式というフォーマルな席に相応しく、またご自身に合ったスーツを選べると良いですね。会場や時間帯、立場や年齢により、様々なマナーがあるフォーマルスーツですが、適切な服装を心がける事で、楽しい時間が過ごせるでしょう。

また50代女性としての品格や美しさが感じられる上品なスーツを選ぶと、あなたの魅力が一層輝く素敵な一着になります。

 

まとめ

50代女性にぴったりな結婚式のスーツを選ぶ7つのポイント

・ジャケット
・スカート・ワンピース・パンツ
・素材のポイント
・カジュアルな結婚式では
・年齢より若く見られたい方は
・落ち着いた印象に見られたい方
・体型別に選びましょう