結婚式の服装マナー☆親族で参加する場合の7つの注意点

結婚式の服装マナー☆親族で参加する場合の7つの注意点

先日、友人から「姪っ子から結婚式の招待状を貰ったんだけど、結婚式の服装として親族が着るものは何?」と聞かれ、言葉に詰まってしまいました。結婚式の服装として親族が着るものを挙げてみると、新郎新婦の母親の服装は、黒留袖を着れば良いのでしょうが、新郎新婦の父親が着る服装は、モーニングやタキシードなのでしょうか?それとも、礼装でも大丈夫なのでしょうか?

新郎新婦の兄弟たちの服装は、礼服ですか?それとも、スーツでも良いのですか?姉妹たちは、着物でしょうか?それともドレスですか?伯父、伯母、いとこたちの服装は着物ですか?スーツですか?考えれば考えるほど、頭がこんがらかってきました。ここできっちりと、結婚式の服装マナー、特に親族として参加する場合の注意点についてお伝えします。



 

結婚式の服装マナー☆
親族で参加する場合の7つの注意点

 

結婚式の親族の服装の最大のポイントは?


新郎新婦を含め、その親族は、たとえ招待を受けていても、結婚式での主催者側であること意識した服装をしなくてはなりません。男性であろうと、女性であろうと、結婚式での服装として、親族は控え目に徹しましょう。特に「白」は新郎新婦の使う色となりますので、男性のポケットチーフや、女性のドレスはもちろん、小物にも、白い色の物を使うのは控えましょう。

また結婚式では、新郎新婦の服装が最も格の高い服装となりますので、そのご両親の結婚式の服装は、格を合わせつつ、少し控え目にします。結婚式の服装で親族はさらに、格を控えたものになります。新郎新婦やご両親よりも格上の服装は、絶対に厳禁です。

 

新郎新婦の父親の、結婚式の服装は?


新郎新婦の格式に合わせた、結婚式の服装をすることが大切です。新郎新婦が正礼装の場合は、父親の結婚式の服装はモーニングやタキシードになります。なお、モーニングはその名の通り、午前から昼間の式の場合に着用するものですので、時間帯に気を付けましょう。またタキシードは、かつては夜の準礼装とされていましたが、現在では時間帯を選ばない正礼装と考えられています。

新郎新婦が準礼装(略式装)の場合の、父親の結婚式の服装はダブルのダークスーツが一般的です。シングルのダークスーツでも、さし障りはないでしょう。

 

新郎新婦の母親の、結婚式の服装は?


新郎新婦が正礼装の場合は、母親の結婚式の服装は、五つ紋付の黒留袖が一般的です。また、新郎新婦が準礼装(略式装)の場合の、母親の結婚式の服装は訪問着が一般的とされています。色を抑えながらも、絵柄の付いた訪問着は、その場を明るくする雰囲気を持っていますので、華やかな雰囲気を添えることができます。

 

結婚式の服装、男性の親族の場合は?


モーニングやタキシードの正礼装は、新郎やその父親が着用しますので、結婚式に出席する際の服装として親族が着るのは、ダークスーツに白ネクタイが最適です。年配者はダブル、若者はシングルが良いでしょう。大学生や社会人になったばかりの人には、まだダークスーツを購入していない人もいるかもしれませんので、その際は、黒か紺の無地のスーツに白ネクタイ、または派手でないネクタイを付けます。

 

結婚式の服装、既婚女性の親族の場合は?


結婚式に出席する際の服装として既婚女性の親族が着用するのは、洋装よりも和装の方が多く、その中でも黒留袖であれば、間違いはないでしょう。年齢の若い既婚者の場合は、色留袖でも大丈夫ですが、他の親族の方の中で浮かないような色合いの物を選びましょう。年齢が若いからといって、既婚女性が振袖を着用することはNGです。

 

結婚式の服装、未婚女性の親族は?


結婚式に出席する際の服装として未婚女性の親族が着用するのは、洋装でも和装でも構いませんが、いずれにしても親族であるということを忘れずに、落ち着いた物にしなくてはなりません。

洋装では、アフタヌーンドレスやカクテルドレスの袖があり、スカート丈も長めの物が良いです。また和装では、10代から20代前半ぐらいまでは、振袖でも大丈夫でしょう。色留袖は、既婚未婚にかかわらず着用することができますので、この機会に着てみてもよいでしょう。

 

結婚式の服装、子供の親族の場合は?


小学生くらいまでのお子さんの場合は、ちょっとしたフォーマルな服装が良いでしょう。晴れやかな機会ですので、可愛く装いましょう。また、中学生や高校生など学校の制服がある場合は、その制服を着用しても大丈夫です。ただし、腰パンなどのように、制服を着崩している場合は、きちんとした形に直してから、着用させましょう。

 

一生に一度の、心に残る結婚式。その結婚式で、新郎新婦に恥ずかしい思いをさせないように、結婚式に出席する際の服装には、親族としての最低限のマナーを守ることが、いちばん大切です。「正しい服装に、正しい心は宿る」と言われるように、きちんとした装いは、その態度にも良い影響を与えます。

そのような結婚式に出席された友人・知人の方々は、結婚式に合う服装をした親族の方々に、結婚式全体の印象をとても良く感じ、気持ちよく式に出席されることが出来ると思います。

ちょっとした心遣いで、気持ちの良い結婚式を作っていくことが、新郎新婦に対する、親族としてのいちばんのお祝いの気持ちの表れとなるのではないでしょうか。素晴らしい結婚式になるといいですね。

 

まとめ

結婚式に出席する際の親族としての服装のマナー

・「白い色の物」は、着たり付けたりしないようにしましょう
・正礼装か準礼装かを、親族一同で確認し合いましょう
・父親は、モーニングやタキシード、ダブルのダークスーツを着用します
・母親は、黒留袖が最適です
・男性は、年配者はダークスーツのダブル、若者はダークスーツのシングルか、派手でないスーツを着用します
・既婚の女性は、黒留袖か、色留袖が良いです
・未婚の女性は、落ち着いたカクテルドレスや色留袖が良いです。若い方は振袖でもOKです