男性必見!結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー

男性必見!結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー
結婚式の二次会の服装は、男性の場合は「いつものスーツでもいいか……」と軽く考えてしまいがちになりますよね。でも、一見普通のスーツスタイルでも、結婚式の二次会の服装としてふさわしいもの、ふさわしくないものの違いがあるのです

例えばスーツの素材や色、ネクタイ、シャツ、靴などが違えば、結婚式の二次会向けの服装のはずが、「サラリーマンの仕事着」にしか見えなくなってしまうこともあります。これでは、せっかく招待してくれた新郎新婦の気持ちにケチがついてしまうことになりかねません。

そこで今回は、おしゃれに詳しくない男性でも恥ずかしくないコーディネートができるようになる、結婚式の二次会の服装マナーについてお伝えします



 

男性必見!
結婚式の二次会で気を付けたい服装マナー

 

基本的には「スーツ+ネクタイ」を着用しよう


結婚式の二次会の服装は、男性の場合はやはり「スーツ+ネクタイ」が間違いありません。会場が居酒屋などの場合はジャケット着用のみでも良い場合がありますが、どちらが適切か判断が付かない場合は、スーツにしましょう。

スーツの色は、ブラック、グレー、ネイビーなどのダークカラーの無地が適切です。ビジネス用にも使える素材で問題ありませんが、普段から着込んでいるような、くたびれたものは避けましょう。もし、この機会にパーティー専用のスーツを新調するなら、少し光沢のある素材が良いでしょう。また、若い人ならゆったりしたものよりもタイトなシルエットのデザインがよく映えます。

 

カラーシャツやファッション性の高いネクタイなどを選ぼう


中に着るシャツは、白が礼装の基本とされていますが、今回は結婚式の二次会の服装ですから、カラーシャツや白に同色で地模様を織り込んだシャツなどが華やかでおすすめです。またネクタイも、ビジネス用の無難なものではなく、少しファッション性の高いデザインや素材のものを選びましょう締め方もディンプル(結び目の下部のくぼみ)ができるように締めれば、フォーマルかつおしゃれに見えます

結婚式の二次会の服装は、少しばかり遊び心があっても許されるところがあります。ネクタイと同色のポケットチーフで彩りを加えたり、カフスボタンなどで非日常感を出してみても素敵ですね。

 

靴は革靴、ストレートチップが使いやすい


合わせる靴ですが、結婚式の二次会の服装なら革靴であれば良いとされています。が、何足も革靴を持ちたくないという人には、ストレートチップと呼ばれるデザインの革靴が、フォーマルな席でも使えて便利です。ストレートチップというのは、つま先に横一文字のラインが入ったデザインで、就職活動から冠婚葬祭まで使えるオールマイティなものです。

また、会場が居酒屋などの場合は、ローファーでもマナー違反ではありません。いずれの場合も、白以外の無地の靴下を履きましょう

なお、結婚式の二次会の服装でNGの靴は、スニーカーやサンダルなどのカジュアルなもの、殺生を連想させるヘビ皮やワニ皮のものです。

 

不祝儀を連想する服装は避けよう


結婚式の二次会はおめでたい場ですから、ブラックスーツに黒ネクタイを合わせるような喪服に見えるスタイルはNGです。これは、無地のネクタイだけではなく、黒地に柄が入ったネクタイも印象が良くありません。

喪服と兼用できるブラックスーツで参加する場合は、ネクタイやシャツ、ポケットチーフに工夫して華やかさを出さなければ、どうしても喪服の印象が強く出てしまうので気を付けて下さい。喪服と兼用のスーツでなくても、ブラックスーツを着用して臨む場合は、敢えて下品にならない程度に派手目の小物を選ぶと良いでしょう。

 

カジュアルな服装はNG


二次会の席が居酒屋やカジュアルな飲食店だからと、ジーンズやTシャツ、スニーカーなどのスタイルは絶対にいけません。招待状に「平服でお越しください」と書かれていても、スーツスタイル、最低でもジャケット着用以上のフォーマルさが必要です。

結婚式の二次会は服装の自由度が高いものですが、新郎新婦、他のゲストに気を遣わなくて良いわけはありません。二次会は結婚披露宴よりも敷居が低い印象がありますが、それでもお祝いの席だということには変わりないのですから、招待された側もマナーを守る必要があることを忘れてはなりません。

 

いかがでしたか。男性が参加する場合の、結婚式の二次会の服装についてご説明しました。ここからわかる通り、男性の場合は女性よりも服装マナーがあまり多くはありません。スーツのデザインは流行り廃りも少ないですから、押さえるべきポイントをしっかり押さえていれば、いつ結婚式の二次会の招待があっても困ることは無いでしょう。

男性の場合のパーティーファッションは、女性に比べてセンスやファッション性を出しにくいものです。ですが、スーツ、靴、ネクタイ、シャツなどという限られたパーツにそれぞれ変化を付けることで、いくらでも素敵に見せることが可能です。

結婚式の二次会は新郎新婦を祝うことが目的ですが、ゲストも楽しめるものであるべきです。自分に自信が持てる服装で、胸を張って参加して下さいね。

 

まとめ

男性が結婚式の二次会で気を付けたい服装マナーは

・基本的には「スーツ+ネクタイ」を着用しよう
・カラーシャツやファッション性の高いネクタイなどを選ぼう
・靴は革靴、ストレートチップが使いやすい
・喪服のような不祝儀を連想する服装は避けよう
・ジーンズやTシャツなどのカジュアルな服装はNG