結婚式のネクタイ選び、正装にふさわしい7つのポイント

結婚式のネクタイ選び、正装にふさわしい7つのポイント

結婚式への招待はとても嬉しいものです。でも服装は、どんなものを着て行ったらいいのか・・・迷ってしまう方も多いですよね。結婚式ならば、やはり正装で。

でも、この前の結婚式に来ていたゲストの服装はオシャレでいいなぁと思ったけれど、あれは正装になるの?ネクタイ白しかしちゃダメなの?と考えれば考える程、悩んでしまうものですね。結婚式の正装といえば、燕尾服やモーニングなのですが、実際に正装をする人は少なく、略礼装が多いのも実際のところ。

結婚式に着るべき服までわからなくなってしまいますね。

基本的に、結婚式で着るべき正装・略礼装は決まっています。その中で少しでもオシャレでステキなネクタイでキメたいですよね。

そんな正装から略礼装まで、結婚式にはこれをすれば間違いなし!のオススメネクタイをご紹介しましょう。



 

結婚式のネクタイ選び、
正装にふさわしい7つのポイント

 

 

カジュアルにならない素材を


結婚式は本来正装で行くべき場所なので、華やかに自分を装って列席するというのも大切な気配りです。ですのでネクタイの素材も重要な要素になってきます。

コットン素材のものやニットのネクタイは、いくら高級ブランドのものであってもカジュアルですので、結婚式にすべきネクタイではありません。

結婚式の二次会等ではOKな場合もありますが、基本的には選ばないでおくのが無難。オシャレかどうかよりも、まずは結婚式にふさわしい服装かどうかを考えましょう。

 

柄物であっても黒は避けて


結婚式では、ネクタイに黒が入るのは好まれません。

華やかな柄や明るい色がベースのネクタイであっても、黒の模様や柄が入るものはどうしても、弔事をイメージしやすいので避けたほうがいいでしょう。

逆に黒ベースのネクタイは、考えるまでもなく避けましょう。昼の正装であるモーニングの時にしめるモーニング・タイであれば白黒のネクタイであっても、もちろん一番の正装なので問題ありません。

選ぶのに迷ってしまったら、スーツ売り場で相談してみましょう。

 

ネクタイは光沢のあるものを


結婚式でしめるべきネクタイは、高級感や華やかさのある光沢のある素材のものを選ぶようにしましょう。

同じ色のネクタイであっても、素材が違うとその印象はかなり違ってくるものです。

結婚式用にネクタイを新しく購入するのであれば、結婚式用としてシルク等の光沢のある素材のものを選んでおけば、いざというときに慌てないですみますね。

結婚式の出席が決まったら、一度ネクタイ売り場をのぞいて素材感でどれだけ違いがあるのか、見ておくといいですね。

 

引き立てることを忘れずに


結婚式では、カジュアルな印象にならないようにコーディネートを考える必要があります。

大切なのはオシャレであることよりも、きちんとドレスアップしてホストである新郎新婦を引き立てるということです。

ストライプやチェックなどの柄物はどうしてもカジュアルな印象になりがちです。オシャレではありますが、結婚式には不向きです。

どうしても柄物をということであれば、柄が目立たないものを選んだ方が古典的な年配のゲストにも受け入れてもらい易いでしょう。

 

動物を連想させる柄は避けて


柄物のネクタイはオシャレなイメージがありますが、それはあくまでもビジネスシーンでのお話。

カジュアルなイメージになる柄物のネクタイは避けるべきですが、それとは違う意味でアニマル柄などのネクタイもNGです。

ヒョウ柄などのアニマル柄は、どうしても獣を想像させ、そこから殺生を連想させるものになるので、結婚式には避けるべき柄だということを覚えておきましょう。

革靴などもクロコダイルなど動物の革と連想させやすいものは控えた方が無難です。

 

パステルカラーで華やかに


結婚式にふさわしいネクタイは、白やシルバーなどのものになりますが、友人の結婚式などであれば、もう少しカジュアルに華やかさを添えても喜ばれるでしょう。

ピンクやブルーなどパステル系の明るい色もスーツに合えばぜひチャレンジしてもらいたいネクタイです。

ネクタイの色味が変わるだけで、だいぶ全体的な印象が変わってきます。

あくまでもホストである新郎新婦を引き立てるのが目的で、自分自身が目立ち過ぎないような色を選ぶように心がけましょう。

 

ポケットチーフで華やかさを


結婚式のネクタイ選びに+αする形ですが、ポケットチーフを入れるとグッと結婚式の装いにふさわしいコーディネートになります。

ポケットチーフの折り方も、スクエアやスリーピークスなど結婚式にふさわしいものにしましょう。

基本的にはネクタイの色に関わらず、光沢のある素材の白を選べば間違いないでしょう。

派手になりすぎないようにネクタイと色を揃えたり、二次会等であれば、ポケットチーフを差し色にしたコーディネートはオシャレ上級者向けのテクニックです。

 

いかがでしょうか。

結婚式にふさわしいネクタイ選びは、ホストである新郎新婦を引き立てるのに重要な役割でもありますよね。

派手になって自分が目立ちすぎず、かといって新郎新婦のためにドレスアップすることも忘れずに、結婚式の服装は考えていきたいですね。

そういう意味では、ネクタイ選びは男性のドレスアップのキーとも言える大切なプロセスです。新郎新婦を引き立てるために、ポケットチーフをさしたり、夫婦での出席であれば、色を揃えてコーディネートとしたりと基本のおめでとうの気持ちは忘れずにしっかりオシャレを楽しみたいですね。

 

まとめ

結婚式のネクタイ選び、正装にふさわしい7つのポイント

 

・カジュアルにならない素材を
・柄物であっても黒は避けて
・ネクタイは光沢のあるものを
・引き立てることを忘れずに
・動物を連想させる柄は避けて
・パステルカラーで華やかに
・ポケットチーフで華やかさを