感謝を伝える!生徒から先生へ贈る卒業時のプレゼント5選

感謝を伝える!生徒から先生へ贈る卒業時のプレゼント5選
学生生活の最後を締めくくる卒業式には先生へプレゼントを贈る方も多くいらっしゃいますよね。これまで通い続けた学校ともお別れとなるそんな時、お世話になった先生に感謝の気持ちを伝えるのはとても素敵なことです。

そんな感謝の気持ちを形にして先生にプレゼントをしてみれば、どんな先生でも喜ぶ事でしょう。生徒みんなで先生への卒業の時のプレゼントを割り勘するのも良いものです。勉強を教わったことだけでなく、学校で過ごす大半の時間を先生と過ごしているので、学生生活の最後には今までのお礼を伝えたい、そう思うのは間違いないでしょう。

ただし、良かれと思ってプレゼントしても、そのプレゼントはNGだった・・という可能性もあります。そこで今回は卒業の時の先生へのプレゼントについてお伝えします。

 

感謝を伝える!生徒から先生へ贈る
卒業時のプレゼント5選

 

先生へのプレゼントの注意点

卒業時には感謝の気持ちを伝えるために思い出になる物をプレゼントをしたいと思うものです。ですが、公務員である公立の先生などは、保護者や生徒(利害関係のある人)からの金銭的な価値のあるものを受け取ることはNGとされています。私立でも学校によっては禁止されていることもあります。ですので、厳しい学校の場合はできるだけお金をかけないように気持ちを込めたものを先生にプレゼントできると良いでしょう。明らかにお金に換算できる図書カードやギフト券は絶対に選ぶのはやめて下さい。せっかく先生へプレゼントしても受け取ってもらえない可能性が高いです。

 

先生へ寄せ書きのプレゼント

寄せ書きは卒業の際の先生へのプレゼントでは定番ですが、少し変わったものをと考えるのであれば色紙ではなく、ぬいぐるみに皆でメッセージを書くというのおススメです。

とても可愛らしいぬいぐるみの寄せ書きは、メッセージを書き込んだり好きな色で着色したりできるので、世界に1つだけのオリジナルのプレゼントになるので先生も感動してくれるに違いありません。

 

先生へペン立てのプレゼント

卒業式で先生に感謝を込めて贈るプレゼントには、日常的に使って貰えて、同時に自分達の事も思い出してもらえる品が理想的です。

そこで、授業案の作成やテストや宿題の採点などで、日々机に向うことの多い先生へのプレゼントには、いつも机に置けて、身近に使えるペン立ても実用的でおススメのプレゼントです。刻印が可能なものを選べば卒業の記念に先生への感謝の気持ちをしたためて贈ることも出来るので世界で1つの特別なプレゼントになります。職員室やご自宅の先生のデスクの上で長年愛用してもらえるのではないでしょうか。

 

先生へ時計のプレゼント

卒業という節目に贈る先生へのプレゼントですから、心に残るアイテムが喜ばれますし、先生が日常的に使える物なら更に嬉しいですよね。

時計と言えば様々な記念のプレゼントで定番と言えますが、録音機能付きの目覚まし時計もあるので、クラス全員で『○○先生、ありがとうございました』とメッセージを録音すれば素敵なプレゼントになります。フォトフレーム付きのものも多いのでクラス全員の写真を入れてプレゼントをしてはいかがでしょうか。先生がプレゼントを開けた瞬間に、涙が込み上げてくるような心のこもった素敵な卒業のプレゼントになるはずです。

 

先生へ有名ブランドのジャージのプレゼント

先生は何かとジャージを着る機会が多いものですが、ジャージは意外と高いということをご存知でしょうか。そこで、卒業の時は先生に有名ブランドのジャージをプレゼントしてみてはいかがでしょう。高額なジャージですが、卒業するクラスメートで力を合わせれば、有名ブランドのジャージを卒業する時に先生へプレゼントすることが実現できます。

このプレゼントの良いところは男性でも女性でも大丈夫ですし、長く使えるところでしょう。自分で高額なジャージを購入するのは気が引ける先生も多いでしょうし、絶対に喜ばれるはずです。

 

先生に動画のプレゼント

写真のプレゼントも良いですが、今の時代はスマホで動画を作成して先生にプレゼントをしてみてはいかがでしょう。このプレゼントにすれば、卒業する生徒一人一人の顔とメッセージが残ります。直接面と向かっては恥ずかしくて感謝を伝えれない方などにはピッタリなプレゼントです。そして嬉しいことにお金がほとんどかからないのにとても喜んでもらえる先生へのプレゼントになることでしょう。

 

いかがでしたか。これで卒業式に先生へのプレゼントで失敗することはなくなったはずです。大切なのは感謝の気持ちを表すことですので、アイデアによっては無限に思いつくのではないでしょうか。先生は生徒からプレゼントされるのであれば何でも喜ぶことでしょう。

学校の方針によって違うので、どれくらいのプレゼントなら良いのかなどを把握することは難しいのですが、学校の前例などを先輩や保護者にリサーチするのも良いでしょう。私立は比較的自由なので皆でお金を出し合って少し高めのプレゼントも可能でしょうが、公立の先生の場合は出来るだけ手作りのものを考えた方が無難です。最後に苦い思い出とならないように心から喜んで受け取ってもらえるものを先生にプレゼントしたいものです。

まとめ

生徒から先生へ贈る卒業時のプレゼントとは

・公立の先生へは最小限のお金で
・少し変わった寄せ書きも
・世界に1つだけのいつも使えるペン立て
・卒業という節目に贈る時計
・特別感のあるジャージのプレゼント
・生徒1人1人の動画メッセージ


連記事