オリジナリティ感満載!結婚式の手作りアイデア5選

オリジナリティ感満載!結婚式の手作りアイデア5選
結婚式は手作りで自分達らしさを表現したい!と考えているカップルは多いですよね。でも、どのようにしたら良いのか迷ってしまうことも多いはず。結婚式には色々出席してきたけれど、いつもパターン化されていて面白みに欠けているなどと感じている方もいることでしょう。しかし、結婚式は、友人だけではなく、両家親族や上司の方たちも出席されます。あまり砕けた形にならず、オリジナリティ溢れる結婚式を手作り出来たら、こんなに嬉しいことはありません

でも結婚式を手作りするのは結構大変なものです。二人だけで手作り結婚式をとお考えの方は、その労力は並大抵なものではありません。でも、すべてを会場側に任せてしまうというよりも、準備するのが一部分でも、自分たちだけで作ったというオリジナリティあるもので演出できるのだとしたら、ワクワクすることでしょう

そこで今回は、オリジナリティ感満載の結婚式の手作りアイデアを厳選してお伝えいたします。



 

オリジナリティ感満載!
結婚式の手作りアイデア5選

 

リボンワンズで華やかに


挙式後にはライスシャワーやフラワーシャワーで二人を祝福しますよね。フラワーシャワーは花の香りで周りを清めて新郎新婦を邪悪なものから守るという意味が込められています。そんなフラワーシャワーの演出をリボンワンズにしてみては如何でしょうか。

リボンワンズのワンズとは英語で杖という意味です。杖のようなスティック状のものにリボンをつけたのが『リボンワンズ』なのです。使い方は、フラワーシャワーの代わりに使用するのですから、挙式後の新郎新婦をお見送りする際にゲストの皆さんは、そのリボンワイズを振っていただくのです。会場も汚れないので一石二鳥です。

ウエルカムスペースに束ねて置いておくとそれだけでも華やぎます。もう一工夫するとすれば、リボンにエッセンシャルオイルで作ったスプレーをして香りを楽しむのも良いでしょう。ラベンダーやフランキンセンス、ベンゾイン、ローズマリー、フェンネルなどをいろいろ組み合わせてブレンドしてみるのも良いですね。結婚式を手作りで盛り上げるには最高の演出です。

 

ウエルカムボードやウエルカムドールでお出迎え


友人に頼んでも良し、自分で作成しても良し、結婚式で手作りを楽しむならウエルカムボードを作りましょう。絵心があるのであれば、新郎新婦の似顔絵を描いても良いですし、懐かしの写真を貼っても良いでしょう。

ウェルカムドールも可愛いものです。特にテディベアは手作りが大人気です。手作りキットの種類も豊富にあるので是非楽しんで結婚式を手作りしましょう。

 

くるくる席次表


受付でお渡しする席次表も手作り風にするのであれば、A4用紙にプリントした席次表をくるくる巻いて、リボンで結ぶという方法があります。巻物みたいで面白いものに仕上がります。その時のリボンの色は、会場の色彩や卓花の色合いと合うようにしてください。

リボンだけでももちろん可愛いのですが、お花やハーブ、木の実などと一緒に飾るととても豪華に見えます。結婚式場のパッケージに含まれているような席次表ではないので、手作り結婚式らしくてオシャレです。しかも受付に置くのでそれだけでも受付テーブルも華やぎます。

 

フォトプロップスで楽しく写真を演出


プロップスとは、小道具という意味があります。フォトプロップスは写真を楽しく撮るための小道具です。是非ゲストのテーブルに置いて、いつでも使えるようにしておくとその場が和みます。結婚式を手作りで盛り上げましょう。

作り方は、好きな画像をプリントアウトして厚紙に貼り、棒をつけるだけで簡単にできます。絵文字を描いても良いですし、ヒゲや帽子なども定番ですが、面白いでしょう。ネットで検索してフリー画像をダウンロードすれば絵心がなくても大丈夫

ゲストの名前を印刷したネームプロップスも良いでしょう。席札の代わりにもなるので一石二鳥です。

 

演出ムービーで感謝を伝えよう


プロフィールビデオやエンドロールムービーはプロに任せてしまいがちですが、自分たちで作ってみると意外と楽しいものです。

エンドロールムービーとは、映画のエンドロールのように結婚式のお開きの際にゲストやプランナーの名前などを流すムービーのことです。エンディングロールとも言います。新郎新婦から、ゲストに対して一言コメントを添えたり、思い出の写真を入れてこれまでの感謝の気持ちを伝えることができます。パソコンとムービーを制作するソフトウェアがあればできますので、是非手作りムービーで結婚式を盛り上げてください。

 

いかがでしたか。 結婚式を手作りする楽しさからもう離れられませんよね。センス溢れる演出をするのであれば、まずは、テーマカラーを決めることが大切です。ピンク系、ブルー系、パープル系…それぞれ統一感のある色合いでまとめましょう。

結婚式場のパッケージに全て頼ってしまうのではなく、結婚式までの過程を楽しむのであれば、結婚式を手作りすることにこだわるのも素敵なことです。きっと良い思い出になることでしょう。

パソコンとプリンタさえあれば席次表、席札、メニュー表などのペーパーアイテムは、簡単にできますし、映像制作だって、自分達で作成すれば、いくらでも編集して納得できる作品を残すことができます。是非結婚式を部分的に手作りにしてオリジナリティ溢れる思い出に残るようなものにしましょう。

まとめ

結婚式のオリジナルアイデアとは

・リボンワイズで華やかに祝福しましょう。
・ウエルカムボードやドールでゲストをお迎えしましょう。
・席次表も形式にとらわれずに手作りならではの巻物に挑戦しましょう。
・フォトプロップスで楽しい写真をたくさん撮りましょう。
・演出ムービーは感謝の印。こだわりを持って制作しましょう。