40代女性がステキに見える結婚式の服装選び5つのヒント

40代女性がステキに見える結婚式の服装選び5つのヒント
40代女性の結婚式の服装選びは、難しいですよね。20代や30代の時に買ったドレスをそのまま着ようとすると、デザインが可愛すぎて、意図したわけではないのに「無理して若作りしている」と周囲から見られてしまうことがあるからです。

かといって、年配の女性が着るようなかっちりしたフォーマルスーツを着るのは、40代が結婚式に着ていく服装としては少々固すぎますし、友人の結婚式に行くのに親族の叔母さんのようになってしまうため、バランスをとらなくてはいけません。

とは言え、40代になっても結婚式の服装では、周りからステキだと思われたいですし、年相応のおしゃれも楽しみたいですよね。そこで、40代女性がステキに見える結婚式の服装選びのポイントについてお伝えいたします。

スカートはタイトめ

結婚式の服装と言えば、ヒラヒラスカートのワンピースを連想する女性が多いですが、若い頃は良くても40代になっても結婚式の服装でヒラヒラしたスカートを着てしまうと「年齢の割に若作りしている」と思われてしまいます

決して40代がおしゃれをしてはいけないわけではありません。40代の女性なら、年齢に応じた品を醸し出したいものです。そこで、服装を選ぶときのポイントとなるのが、スカートはタイトめなものを選ぶということです。

例えば、ピンクやグリーンなど、色味が明るいものでも、スカート部分がタイト目のモノであれば「かわいい」よりも「上品」な印象になります。

 

ボレロよりジャケット

結婚式では、あまり肌を露出してはいけませんから、ノースリーブのドレスを着る人はボレロやショールを羽織りますよね。もちろん、ボレロやショールでもよいのですが、40代女性が結婚式の服装で羽織りものを選ぶときは、ジャケットを選ぶと、より「きちんと感」が出ます

特に、会社の部下や後輩の結婚式など、自分が上の立場で結婚式に参加する場合には、年下の女性たちと同じような恰好をするよりか、ワンランク上の大人女性の雰囲気をだした方が「ステキ」と思われます。

ジャケットなんてつまらない、と思うかもしれませんが、定番のテーラードではなくノーカラーのジャケットにするとか、素材をツイード生地にするなど、素材やデザインで華やかさを演出しましょう。

 

ひざ丈のスカート

40代が結婚式の服装で気を付けたいのはスカート丈です。長い丈のスカートは老けて見えると思いがちですが、40代になってから短い丈のスカートを履くと、むしろ老けて見えることがあります。それは膝が見えるためです。

いくら肌つやが良くてスタイル抜群の女性でも、膝の部分は年齢を隠しにくく、40代になると肌が垂れて見えます。そのため、膝上丈のスカートを履くと年齢をかえって強調してしまうのです。また、40代の女性はひざ丈くらいのスカートの方が品がありますし、年齢相応の大人の女性の雰囲気になります。

 

黒とベージュのコンビ

40代になってから、あまりに可愛い色のドレスを着るのは抵抗があると思いつつも、黒やグレーなどの落ち着いた色の服装で全身を固めてしまうと、せっかくのおめでたい場なのに暗い雰囲気になってしまいますよね。

そこで、40代におすすめの結婚式の服装のポイントが、黒にベージュを組み合わせるテクニックです。例えば、黒いドレスに黒のジャケットを着てしまうと仏事の服装になってしまいますが、黒いドレスにベージュのジャケットを羽織ればおしゃれですし華やかな印象になります。

黒とベージュは相性が良く、おしゃれな配色です。黒と白だと明暗差がありすぎて女性らしさがちょっと薄れてしまうのと、白のジャケットは結婚式にはNGですので、黒とベージュの組合せがちょうどよいのです。ベージュは、肌色というよりはピンク系やサーモン系のベージュだとさらに華やかさが加わってステキです。

 

パールのネックレス

40代女性が結婚式の服装でステキに見えるテクニックがパールのネックレスです。結婚式というと、豪華なジュエリーを身につけたくなるものですが、マナーとしても、結婚式であまりに華美なアクセサリーを付けるのは、新婦よりも目立ってしまうためNGです。

20代、30代の女性は、流行りのデザインのアクセサリーの身につけるものですが、40代は流行よりも質を重視しましょう。パールのネックレスは、シンプルですが、女性の美しさを引き立ててくれます。ココ・シャネルもブラックドレスにパールのネックレスが定番の格好でしたし、シンプルながらも洗練されたコーディネートなのです。

短めのパールのネックレスの場合には大玉のパール、2連など、ロングのパールのネックレスの場合には、ちょっと小粒のパールを選ぶとバランスよく身につけることができます。ネックレスにパールを身につけたら、イヤリングも同じパール素材のものを選ぶとさらにステキです。

 

さて、40代女性が結婚式の服装を選ぶ時に意識したほうがよいのは、若い頃と同じ感覚でおしゃれの定義を考えてはいけないということです。20代の頃は、自分の好み通りの服装をすればどんな服装でもよかったかもしれませんが、40代ともなるとそうはいきません。

40代女性がステキに見える結婚式の服装で最も重要なのが「品があるか」です。スカート丈が短かったり、胸元が開きすぎのドレスは、若い頃は「かわいい」「セクシー」と見られるかもしれませんが、年齢が40代ともなると、落ち着いた品が必要です。

上品な格好をしている大人の女性って「ステキ」だなって思いますよね。「おとなしすぎて地味なのでは?」と思うことがあったら、羽織ものに差し色を入れたり、パールのアクセサリーをするなどして、顔の周りを中心に華やかなアイテムを持ってくるとバランスが良いコーディネートになりますよ。

まとめ

40代の結婚式におすすめの服装選びのコツとは

・ドレスはヒラヒラよりもタイトが上品に見える
・ボレロよりジャケットの方がきちんと感を出せる
・スカート丈は短すぎないひざ丈で大人しめにする
・黒と明るめベージュの色の組合せがおしゃれ
・アクセサリーはパールのネックレスでシンプルに


連記事