結婚式の手紙☆新郎から両親へ贈る感動のメッセージ

結婚式の手紙☆新郎から両親へ贈る感動のメッセージ
結婚式の手紙といえばかつては新婦のメインイベントでした。でも、新婦だけのものにして良いのでしょうか。新郎だって感謝の気持ちを伝えたい。そういう気持ちがあっても当然ですよね。新郎からの手紙はサプライズ感もあります

ただし、結婚式の手紙は、花束贈呈の前に新婦が披露します。なので、新郎からの手紙が入るとしたら、新婦の手紙の直前あるいは直後になりますが、お開きも間近のクライマックス、出来ることなら1分間以内に感謝の気持ちを凝縮して、お伝えすることをオススメします。

結婚式では新婦が手紙を読むのですから、新郎は手紙というよりは、言葉でメッセージを伝えましょう。ほんの短い一言こそ感謝の気持ちが伝わるはずです。そこで今回は、結婚式の手紙☆新郎から両親へ贈る感動のメッセージをお伝えします。



 

結婚式の手紙☆
新郎から両親へ贈る感動のメッセージ

 

結婚式の手紙をビデオレターにまとめる


よく新婦が号泣してしまって結婚式の手紙を読むことができないという場面に遭遇することがあります。でも、それはそれで絵になるものなのですが、気持ちをはっきりと伝えたいと思うなら、あらかじめビデオレターを用意しておくのも得策です。

その際に、新郎からもやはり感謝の気持ちを伝えるメッセージが流れれば、結婚式の手紙以上に会場内も盛り上がるものです。結婚式の手紙は演出として設けられていることが多いものですが、何十年も育ててくれた親御さんには、本来言葉では言い表せないほどの感謝の気持ちが詰まっているはずです。ビデオレターを作成することによって、ビデオレターはディスクに、そして公開はしないけれど感謝の気持ちを手紙に記して、ディスクと手紙そして花束を親御さんに贈ると大変喜ばれるでしょう。

 

感動を呼ぶ結婚式の手紙


披露宴会場を感動の渦に巻き込むためには、共感を呼ぶことです。ゲストは、親の立場、子供として感じることを結婚式の手紙を披露することによって自分のことのように感じられることがあるのです。素直な気持ちを話すことこそ大切です。

ゲストの中には、これからを控えている子供がいらっしゃる方もいますし、これから結婚する若者だっています。つい3ヶ月に結婚式を挙げた新婚さんだっていらっしゃるかもしれません。みんなそれぞれが違った立場で、結婚式の手紙に耳を傾けるわけです。そして共感を生むことにより、感動が一段と増してくるのです。

ここで、注意しておきたいポイントとしては、あえて感動を狙うような手紙はやめましょう。そして、サンプル例文など、ネットで検索するとあれこれ載っておりますが、サンプル例文はあくまでも参考程度にしておきましょう。自分の言葉で、親御さんとのエピソードで一番心に残っているものを取り入れてみてください

結婚式の手紙に何も書くことがなくたって、「ありがとう」の一言さえあれば、十分に感謝の気持ちは伝わるはずです。

 

結婚式の手紙のパターン


まずは、育ててくれたことへの感謝の気持ち、そして父とのエピソード、母とのエピソード、そして、これからどんな夫婦になりたいか、例えば、これからは〇〇さんと、お父さんお母さんのようなお互い思いやりのある家庭を築いていきたいです。というような決意表明、そして相手のご両親への挨拶でまとめるのが一般的なパターンです。

 

新郎挨拶


ひと昔前は、結婚式の結びの部分にあたる両家代表の挨拶は、新郎父がするものでしたが、最近では新郎挨拶も増えてきました。つまり、あえて、新婦の結婚式の手紙の披露の直前直後に新郎からの手紙の披露を行わなくとも、お開き直前の両家代表の挨拶で堂々と両家の両親に感謝の気持ちをお伝えしても良いですよね。

結婚披露宴は、2時間から長くても3時間を目安にお開きを迎えられるのが、披露宴会場やゲストのために一番程よい時間です。お開き間際にかなりのボリュームイベントを入れてしまうと、間延びしてしまって、せっかくの披露宴も台無しです。少し余韻があるくらいがちょうど良いのです。是非、間延びしないためにも簡潔に感謝の気持ちを表現することこそポイントです。

 

いかがでしたでしょうか。新郎もゲストの前で堂々と結婚式の手紙を披露するということは、披露宴会場の都合もあろうかと思いますので、担当者の方や司会者とよく話し合っておくのが望ましいですね。

両親への感謝の気持ち、それは新婦はもちろんのこと、新郎だって伝えたい何かがあるはずです。ただし、結婚式は、ある程度の演出も大切です。感動を呼ぶ最大の見せ場は新婦に譲るとして、新郎はエピソードを一分以内にまとめて簡潔に披露することが重要になります。

結婚式の手紙は、披露しなくても今まで育ててくれた何十年という思いを手紙にしたためて、結婚式当日に親御さんにお渡ししましょう。言葉では言えない感謝の気持ちが詰まった手紙、その想いはきっと親御さんに届くはずです。結婚式の手紙は演出上では簡潔に!そして本音の詰まった手紙を是非お渡ししてください

まとめ

結婚式に新郎が手紙を贈るなら

・ビデオレターにまとめる
・新婦の手紙の直前直後に披露する
・両家代表の挨拶でご来賓の皆さんと両親に向けて感謝の気持ちを表す