式場別!ゲストが結婚式に付けるアクセサリー5つのヒント

式場別!ゲストが結婚式に付けるアクセサリー5つのヒント
結婚式で身に付けるアクセサリーはどんなものにしようかとかなり悩みますよね。新郎新婦の晴れに日のお祝いですので、招かれる方も品よくおしゃれに決めたいところ。服装やヘアスタイルが決まり、おしゃれの仕上げとなるアクセサリーは全体の印象を決めるアイテムです。招かれた式場にはそれぞれのコンセプトや様子が違います。アクセサリーを含む服装は式場の雰囲気も考慮して選びたいものです。

格式を重んじるホテルもあればカジュアルなレストランで行われることもあるでしょう。また夜に行われることの多い二次会の会場はさらにくだけた場が多いものです。お二人の選んだ式場の様子を事前にチェックするのも大切です。そこで今回は、結婚式場別に選ぶアクセサリーについてお伝えします。

ホテルウェディングならパール

結婚式で身に付けるクセサリーの王道はやはりパールでしょう。招かれた式場がホテルであれば、パールを身に付けることをお勧めします。

グレードの高いホテルウェディングでは、服装はもちろん立ち居振る舞いもワンランク上を自然に求められます。キラキラ光るアクセサリーよりも光沢をおさえたパールが上品な美しさを醸し出しフォーマルな場にぴったりです。白のパールのネックレスとイヤリングを揃えればよいです。黒パールは不祝儀用と理解しておきましょう。

結婚式でのアクセサリーはお食事する際に料理に触れないよう気をつけることが大切です。ホテルウェディングは式場側もプライドを持って最高のおもてなしをしようと緻密な計算がされています。招かれた方も服装にも心を配り、新郎新婦の門出を心からお祝いしたいものです。

 

カジュアルなレストランなら光を抑えたパールや珊瑚

結婚式で身に付けるアクセサリーは式場の雰囲気も考慮して決めると、席に着いたときに気持ちも落ち着くでしょう。これでよかったのかしらと少しでも不安材料があると気もそぞろになりがちです。

式場がカジュアルなレストランであればアクセサリーはパール以外でもよいでしょう。もちろんパールのネックレス・イヤリングはどんな式場や会場でもOKです。

結婚式でのアクセサリーとしてカジュアルなレストランの場合でもフォーマルを意識しキラキラ光るゴールドは夜のパーティーで身に付けましょう昼間は光を抑えたパールや珊瑚が人気です。

 

専門式場なら派手さを抑えたコサージュ

結婚式で身に付けるアクセサリーは厳しいマナーがあるわけではないのですが、それでもフォーマルな場ですので、人から見られて恥ずかしくないものを身に付けたいものです。式場のグレードや特徴も考慮したいところです。専門式場というのは雰囲気そのものに趣向が凝らされ撮影スポットが多いのも魅力です。

結婚式で身に付けるアクセサリーはフォーマル感あふれるパールで統一し、胸元にコサージュを添えると華やかになります。コサージュは大ぶりではないほうが花嫁への気遣いになります。光るアクセサリーは撮影に影響が出る場合がありますので、キラキラ感は抑えた方がよいでしょう。

 

ゲストハウスなら花嫁より目立たないもの

結婚式に用意するアクセサリーは式場がゲストハウスの場合、特に気をつけることがあるのか心配になりますよね。ゲストハウスでの結婚式は一軒家を丸ごと貸切っているため別荘に招待されているかのような優雅な気持ちにさせてくれます。結婚式用のアクセサリーはゲストハウスの場合も決まりごとはないのですがやはりパールは王道です。

ゲストハウスではガーデンやプールサイドでの演出も企画され新郎新婦との触れ合いも多いものです。結婚式の主役は新郎新婦ですので、花嫁より目立つような大ぶりのものや派手なアクセサリーは避けましょう。結婚式を終えて写真を見たら花嫁より目立ってる!などということがないようにいたしましょう。

 

二次会ならゴールドなどで華やかに

結婚式でのアクセサリーはパールが王道ではありますが、二次会の席では多少の遊び心も許されるでしょう。マナーに厳しい方も多いご披露宴ではやはり気を遣いますが、二次会ともなれば友人達中心のさらに盛り上がるひと時でしょう。かといってじゃらじゃら何連も重ねたネックレスや派手な髪飾りは品がよいとはいえません

二次会の会場はダイニングレストランやカジュアルなバーで開催されることがほとんどです。結婚式カジュアルな気分そのままに羽目を外し過ぎるのはNGです。夜の二次会であれば光るゴールドやラインストーンもOKです。

 

以上、式場別にゲストが結婚式に付けるアクセサリーについてお伝えしました。結婚式に招かれたら新郎新婦の嬉しそうな表情が目に浮かび、頬も緩んでこちらも幸せいっぱいな気持ちになります。出席する際には場にあった装いに加え、アクセサリーにも心を配ることが大切です。結婚式にふさわしい美しい装いは、招いてくれた新郎新婦も鼻が高いというもの。

結婚式でのアクセサリーは式場の雰囲気や格調に合わせることで違和感もないでしょう。パーティーシーンが昼と夜ではことなります。昼夜共に品よく受け入れてもらえるのはシックなパールです。夜は光るもので場を華やかにしましょう。ただし、花嫁より派手なものや目立つものは遠慮するのがマナーですよ。

まとめ

結婚式場に合うアクセサリーの選び方とは

・ホテルウェディングの場合はグレードが高いのでパールで揃えるとよい
・カジュアルなレストランの場合は光を抑えたパールや珊瑚がよい
・専門式場は撮影ポイントも多いので派手さを抑えたコサージュをあしらうとよい
・ゲストハウスは新郎新婦を囲む機会が多いので花嫁より目立たないものを用意する
・夜の二次会では光るゴールドなどで華やかにするとよい


連記事