大失敗!結婚式の二次会でNGな服装とは

大失敗!結婚式の二次会でNGな服装とは
結婚式やその後の二次会に参加すると、仕事でしか合わないような人のまた違った服装に「あの人はこんな服も似合うのか」と、好感を持つことがありますよね。

フォーマルな場である「結婚式」と少し砕けた場である「二次会」、いずれの場でもキッチリと着こなしている人はとても素敵ですし、実際、二次会の場で知り合って、友人に続いて結婚するという人はとても多いものです。それだけ、結婚式や二次会は人に印象を与える場とも言えますから、いくら二次会の案内に「カジュアルな服装でどうぞ」と書かれていても、その場にふさわしくない格好をすると周りに悪い印象を与えてしまうのです。

いろいろ考えた挙句、結局普段通りの格好か、逆にやたら派手になってしまったなど、後からその場にふさわしくない服装だったと知って恥ずかしい思いはしたくないもの。そこで今回は、良い意味で周りから一目置かれる為に、結婚式の二次会でNGになる服装についてお伝えします。



 

大失敗!結婚式の二次会で
NGな服装とは

 

そもそも二次会ってどんな服を着ればよいの?


二次会の招待状に良く「平服」と書かれていますが、これは、略礼装の事で、慶事の際に着る服装の中で最も格式が低く自由度が高い服装を指します。とはいえ、どこに出ても恥ずかしくない服装である必要があります。

そんな結婚式の二次会の服装でベストなのが、男性であればリクルートスーツ以外の、できるだけ黒1色を避けたスーツ、ネクタイ、ジャケットの3点セット、女性であればワンピースかフォーマルドレス、ボレロ、ショール等の上着と、ヒールのあるパンプスになります。

例えるなら、高級レストランで食事をするという場面をイメージしてください。これらが平服の基本的なスタイルで、どこに行っても間違いのない服装です。ですが、会場の雰囲気に適した服装というのも存在します。結婚式の二次会をより良い時間にする為に、二次会の服装を細かくアレンジすると良いでしょう。そこで、次に会場別にどのような服装が良いのかお伝えします。

 

会場別二次会の服装とは?


会場については大きく分けて「フォーマル」「セミフォーマル」「カジュアル」の3種類に分ける事ができ、順番ごとにカジュアル度が高くなってきますが、あくまで結婚式に付随する催しですので、結婚式のルールに基づいた衣装選びをしましょう。

・フォーマルな二次会会場でNGな服装

高級ホテルなどがフォーマルな会場にあたります。基本的には結婚式と同じ服装で良いですが、二次会では新郎新婦も着替えてから会場にやってきますので、まったく同じではなく少しでもカジュアルを意識して、男性はネクタイを変えたり、女性もアクセサリーを増やしたり髪形を変えると良いです。

・セミフォーマルな二次会会場での服装

レストランやカフェがセミフォーマルな会場とされています。新郎新婦の馴染みのお店である事も多く、業態もバラバラです。フォーマル会場と比べてスーツやドレス、ワンピース服の色の選択肢がぐっと広がりますし、アクセサリーの幅も広がります。例えばカフェのようなおしゃれな会場で行う場合、女性であれば柄物のワンピースを着るなどしてカジュアルな雰囲気を出したり、高級店のような雰囲気のレストランが会場の場合はよりフォーマルに近い色合いのドレス、スーツを着る等、会場の特性も意識すると尚良いです。ですが、年上の方の結婚式の場合、二次会でも必ずネクタイは着用しましょう。

・カジュアルな二次会会場での服装

カラオケボックスや居酒屋等で手軽に楽しむ場合を指します。男性であれば会場によってはスーツでなくても良いですが、スーツスタイルに近い服装が無難ですので、夏以外であればジャケットを着用するようにしましょう女性はカーディガンやストールもOKになりますので、それをワンピースに重ね着しアクセサリーと合わせると上手くカジュアルダウンできるでしょう。合わせて、上下色違いのドレスやパンツスタイル等もOKです。ですが、いくらカジュアルといっても招待状に記載が無い限り完全な私服はNGです。特にスニーカーやサンダル、短パン、ファー生地、女性は白色は駄目という結婚式の約束は変わりませんので、その中でのカジュアルな服装を意識しましょう。

大きく分けて3種類の二次会の服装のパターンがありましたが、ではそもそも昼間の結婚式と二次会の服装ではどのように差があるのでしょうか。そこで、二次会で着ることが許される服装のポイントお伝えします。

 

昼間はNGだけど夜はOKな服装


特に女性に多いのですが、昼間の式では駄目でも夜の二次会には適している服装があります。裏を返せば結婚式とは全く違う印象を周りに与えることも可能です。昼間の結婚式と夜の二次会での服装についてポイントごとにまとめます。

・上着

二次会での服装では制約が多少無くなります。ですが白色全般、ファー生地、革製品はNGという事は変わりませんので注意しましょう。店の雰囲気によっては昼間の結婚式ではあまり好まれない、暗い色の方が良い場合もあるので、上に羽織るものがあれば、黒いドレス、肩が出ている物やひざ上丈のワンピースでも良いとされています。

・靴

ブーツやスニーカーはNGです。ですが、靴の色は何でも大丈夫です。女性はつま先が隠れてヒールのあるパンプスであれば基本的になんでもOKとなります。

・アクセサリー

黒い真珠や大きすぎるバック、動物柄のバック等は一貫してNGです。ですが、昼間の結婚式ではNGだった光るアクセサリーは、結婚式の二次会ではOKです。

 

いかがでしたか?今では結婚式自体が多様化し、なるべくお金をかけないように結婚式を挙げている夫婦が増えてきていますし、面倒な略式を省いて簡単に済ませるご夫婦が増えてきています。

ですが、そもそも日本の一般人に結婚式という文化が入ってきたのが戦後間もなくで、当時は欧米諸国がしているからという理由で結婚式を挙げるという、それとなく始まったものでした。今のような形になったのは東京オリンピックの後の1960年代後半頃からであり、まだまだ日本に結婚式の文化が定着しきってはいません

だからこそ、きちんと場に合った振る舞いができている方がマナーのわかる人として、より一層周りからの評価も高くなります。是非皆さんも心から結婚式とその二次会を楽しめる服装を選びましょう。

 

まとめ

結婚式でその場に応じた服装を選ぶには

・二次会の会場によって服装を変えよう
・結婚式では全般的に白色と黒一色はNGだが、二次会ではポイントであれば黒でも大丈夫
・光るアクセサリーは結婚式では駄目ですが二次会ではOK