結婚式の二次会の服装☆男性におススメ7つのスタイル

結婚式の二次会の服装☆男性におススメ7つのスタイル

結婚式の二次会の服装に悩む男性も多いはずです。披露宴の服装は男性なら決まっていますが、その後の二次会に出席するなら?もしくは、二次会から出席するというパターンもありますよね?そんな時、あなたはどうしますか?

結婚式は基本的にフォーマルなスーツがマナー違反にもならず、安全です。ただし二次会になると話しは別。いかにおしゃれに、カジュアルダウンできるか、が難しいところです。二次会は挙式ほどかしこまった場所ではないため、カジュアルダウンの度合いも気になります。

今回はそんな結婚式の二次会で服装に悩む男性にオススメの服装スタイルを状況に併せて7つ紹介します。ぜひ最後までお付き合い下さい。結婚式の二次会、男性の服装はこれで間違いありません!



 

結婚式の二次会の服装☆
男性におススメ7つのスタイル

 

披露宴からの参加ならこれで決まり!


もし、あなたが結婚式の披露宴から参加していて、二次会にも参加するというのなら、男性の服装スタイルはほぼ決まりです。答えは「そのまま」です。要するにわざわざ二次会だからといって着替える必要はありません。

周りの参加者もほとんどそのまま参加するはずです。ラフな場所ならネクタイを外す程度でしょう。なので特に悩む必要もないので安心して披露宴の格好のままで参加して下さい。

 

披露宴からの参加でも個性を持たせるなら


結婚式の披露宴に続いて二次会参加に参加する場合でも、ちょっと個性を持たせたい。という男性の方にはオススメのワンポイントがあります。ポケットチーフを入れるか、明るい印象のネクタイに替えてみましょう。大事なのは披露宴からのちょっとした変化です。先程も紹介したように、男性のほとんどの方が披露宴から服装を変えずに参加するので、その少しのオシャレで十分に個性を発揮できます。

注意点はやりすぎないことです。例えば髪型を変える、スーツを変える、靴を変えるなど、やりすぎると周りから浮いてしまいます。ポイントは周りに気づかれるかどうかの微妙な変化です。

 

迷った時に間違いないスタイル


結婚式の二次会から参加するという男性は、特に服装に困りますよね?本来なら会場の雰囲気や、結婚式披露宴からのテンション、周りの人達とあったものを選びたいところですが、ついついラフになりすぎたり、きっちりキメすぎてしまい浮いてしまいがちです。そこで前情報が全くない状態で二次会に参加する場合、間違いない!という男性の服装スタイルを紹介しておきます。

ブラックスーツに薄いカラーのカッターシャツ。ネクタイも明るめの色を持っておき、付けるかどうかは会場の雰囲気にあわせましょう。この格好なら基本的に披露宴以外はどこに出ても間違いありません。

 

少しカジュアルに決めたいならこのスタイル


結婚式の二次会からの参加で、会場がきちんとしたホテル内やレストランの場合、平服とまでは言いませんが、きちんとしていて、カジュアル感のある格好が理想的です。

具体的にはブラックスーツやダークスーツに淡い単色か、派手すぎない模様の入ったカッターシャツ、ネクタイを締める場合は少し明るい色を選びましょう。また靴はブラウンまたはブラック系で、ポイントはポケットチーフやカフスで個性をアピールすることです。

 

失敗しないラフなスタイル


結婚式の二次会からの参加で、会場がレストランや居酒屋、集まる人も会社の同僚や友人のみの場合はラフなスタイルが理想的です。といってもジーンズやスニーカーはもちろんNGです。

では、ちょうどいい男性の服装スタイルはというと、「普段よりはオシャレなよそ行き」です。具体的にはジャケット必須でコーディネイトしてみましょう。少し派手になってもかまいません。ジャケットに合う格好がちょうどいいラフなスタイルです。

 

ラフすぎる?私服スタイル


最近では結婚式の二次会なのにジーンズなどが場に合う場合もあります。それは居酒屋やカラオケ店で仲間内だけでお祝いする場合です。若い世代に多いのですが、このスタイルなら自分がいいと思うオシャレな私服スタイルで問題ありません。

ジーンズももちろんOKです。ただし、短パン、履き古したジーンズ、Tシャツは避けましょう。最低限の清潔感を守った上で参加するようにしましょう。

 

盛り上げるならこんなスタイルも


結婚式の披露宴でよく出し物がありますよね。厳粛な場ではありませんが、大概の披露宴では盛り上げるために仮装したり、一発芸を披露したりといろいろです。実は二次会でも同じで、場を盛り上げる企画があるなら、また自信があるならちょっとウケを狙った服装でも大丈夫です。蝶ネクタイや派手色のジャケット、コスプレという選択肢もあります。マジシャンの格好でマジックなどもいいですね。ただしこれには大事な注意点があります。

必ず二次会の幹事や新郎新婦には一言伝えておきましょう。サプライズだからと誰にも何も伝えずに行って、せっかくのお祝いを台無しにしてしまったり、一人だけ浮いてしまう可能性もあるので注意してください。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式の二次会に参加することがあっても、今回紹介した内容をきちんとおさえておけば、もう何も服装に悩む必用はありません。自信を持って結婚式の二次会に参加してください。そして服装が決まったら、後は新郎新婦をお祝いして、自分自身も楽しむだけです。

近年ではさまざまなスタイルの結婚式や二次会があります。ひと昔前のように単一的ではないので、二次会からの出席であれば、事前に新郎新婦や幹事に情報をもらっておくと、より安心でしょう。

会場は一番の情報になるでしょう。前述したように居酒屋やカラオケボックスであれば、さほど気にする必要はありません。一方でおしゃれなバーなどの会場であれば、少しドレスアップを心がけて望めばよい、ということになりますね。

 

まとめ

結婚式の二次会の服装☆男性におススメ7つのスタイル

・披露宴からの参加ならこれで決まり!
・披露宴からの参加でも個性を持たせるなら
・迷った時に間違いないスタイル
・少しカジュアルに決めたいならこのスタイル
・失敗しないラフなスタイル
・ラフすぎる?私服スタイル
・盛り上げるならこんなスタイルも