センスが問われる!ホームパーティの手土産選び5つのコツ

センスが問われる!ホームパーティの手土産選び5つのコツ
最近人気のホームパーティーには手土産を何にするか悩んでしまいますよね。ホームパーティーは誕生日やクリスマスなどのイベントはもちろん、休日ごとにする人も増えてきて、より身近なものになっています。

自宅に招く側も気合を入れて手料理やお酒を用意をしてくれるのですから、ホームパーティーにお呼ばれした際には気の利いた手土産を持参したいものです。もちろんホームパーティーに手土産も持たず、手ぶらでお邪魔するなんて有り得ないことでしょう。できたら他の人とも被らずに、みんなで楽しんで貰えるものを選びたいものです。

そこで今回は、ホームパーティーの手土産にどんなものが喜ばれるのか、避けた方が良いものはあるのか、何が人気なのかなど様々な疑問についてお伝えします。



 

センスが問われる!
ホームパーティの手土産選び5つのコツ

 

ホームパーティーの手土産の予算


ホームパーティーの手土産にどれくらいの金額のものを持参したら良いかはホストとの関係性によって変わってきます通常2~3千円くらいのものでしたら、ホスト側もそれほど気を遣わずに済みますので丁度良い金額なのですが、ホストが上司や目上の人の場合は、少し高くなり4~5千円くらいが良いでしょう。若干高級なものを持参すると喜ばれるはずです。

 

ホームパーティーの手土産でのNG


サプライズを狙って皆がビックリするような大きなものをいきなり持参するのはNGです。良かれと思ってやったことで相手に迷惑が掛かって二度と呼ばれなくなってしまいます。場所を取るような物を持参したい場合は、前もってホストに連絡をしておくことをおススメします。

また、招いてくれたホストの手料理でのホームパーティーが多いので、手土産に手作りの料理を持参するのは避けましょう。尚、食べ物を購入して手土産にする際には残っても良いように賞味期限は長めのものを選ぶと喜ばれます。また、出される手料理より豪華で見栄えが良いものをホームパーティーの手土産として持っていくと、ホストのおもてなしの気持ちに反することとなりますので気を付けて下さい。

 

料理を持ち寄る形式のホームパーティーの手土産


ホームパーティーで各自料理を持ち寄る場合は、ホストに手を掛けさせないで済むものがおススメです。ホストは当日忙しいので、冷めても食べられるような手料理を持って行くとそのまま提供できるので喜ばれることでしょう。

また、スイーツも喜ばれますが、カットする必要のあるホールケーキですとホストの手を煩わせてしまうので、小分けになっている一口サイズのもので種類がたくさんあれば皆で食べやすいです。

 

子供が主体のホームパーティーでの手土産


子供がメインのホームパーティーでの手土産は、やはり子供が喜ぶものが良いでしょう。例えば100%果汁のジュースやキャラクターもののお菓子類。アイスもとても喜ばれます。

ただし、アイスを大量に持っていく場合は冷凍庫の空きが必要ですので、事前にホストに確認しておかないと迷惑になってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

お花をホームパーティーの手土産にする場合の注意点


ホームパーティーの手土産にお花を持っていく際は花束は避けた方が無難です。花瓶があるかの問題もありますし、飾る手間が掛かりますから、当日忙しいホストには迷惑になる可能性があります。

選ぶのであれば、そのまま飾れる鉢植えや観葉植物、ブリザードフラワーがベストです。食べ物や飲み物ばかりの手土産の中で飾っておけるものを貰うと新鮮ですし、場も華やかになるので喜ばれるはずです。

 

おつまみやお酒の手土産


ホームパーティーではお酒を飲む機会も多いはずですから、お酒に合うおつまみを持っていくとホストも助かるでしょう。

チーズは好みがあるので色々な種類が入っているものが喜ばれます。ナッツ類は健康志向の人にも人気があり、オシャレなおつまみになります。また、チョコレートはスイーツとしてだけではなく、おつまみにもなり万能なのでおススメの手土産の一つです。上司がホストの場合は、高級なハムなどを持参するのもポイントアップに繋がるのではないでしょうか。若しくは年配の参加者が多いのであれば高級なお酒も良いでしょう。

 

いかがでしたか。これでホームパーティーの手土産で悩むことはなくなったことでしょう。

ポイントは自分だけの好みで選ぶのはNGで、ホストが困らないものを選ぶということです。第一にホスト、第二にパーティーの参加者のことを考えて選びましょう。自宅に招いて頂き、ご馳走になるのですから、そのお礼の手土産となります。ホームパーティーの手土産は感謝の気持ちを表す大切なものですので、相手に感謝を伝えやすいような気の利いていて素敵な手土産を精一杯探しましょう。

ホームパーティーを開催するホストだけが頑張るのではなく、お呼ばれされた参加者も一緒になって素敵なパーティーになるように協力し合い、楽しい思い出をみんなで作れたら最高です。

まとめ

ホームパーティーの手土産選ぶなら

・予算は相手との関係性で決めよう
・大きすぎるもの、手料理は控えよう
・料理を持ち寄る際は、ホストの手を煩わせないものを選ぼう
・手土産に花束はNG
・上司には少し高級なハムを持参しよう


連記事