結婚式のハーフアップをより素敵に見せるヘア小物10選♪

結婚式のハーフアップをより素敵に見せるヘア小物10選♪
友達や同僚、親戚などの結婚式に招待されることがわかると、幸せのおすそ分けをもらえるような、うきうきした気分になって本当にうれしい気持ちになるものです。

しかし、同時に現実的なこともいろいろ考えてしまいます。お祝儀を用意せねば、とか、何を着て行こうかな、とか、季節は?天気はどうだろうかと、いろいろ一度に考えてしまいます。

細かく考えていくと、大変です。お祝儀袋、新札、ふくさ、ドレスは何にするか、、ドレスの羽織もの、バッグ、サブカバン、髪の毛はどうしよう、美容院を予約するかどうか、などときりがありません。

さらに着物を着ていこうかと考えたらさらに事前に考えなければならない項目は増えるばかりですね。髪型については、事前にカットをしておくなり、パーマをかけるおくなりしておいて、さらに当日は若々しく見えるハーフアップにして、かわいらしい小物で演出できればいいですね。

そこで今回は結婚式のハーフアップに使える、オススメの小物10選をご紹介いたしましょう!



 

結婚式のハーフアップを
より素敵に見せるヘア小物10選♪

 

控えめなラインストーンのついた、ヘアクリップ


安っぽく見えないようなものを選びましょう。プラスチックの表面が多く見えていると、普段使いのものといい感じがします。

あえて買う場合、普段でも使えそうなものであること中心に選んでしまうと肝心の結婚式の場で雰囲気に合わないカジュアルな感でドレスとミスマッチであるとせっかくのドレスまで貧弱に見えてしまうので、気をつけましょう。

 

金属っぽい素材の髪留め


バレッタでもヘアクリップにしても、洋服に合わせて、金色、銀色、黒などの素材に見えるようなものを選びます。

本当の金属でなくともよいのですが見た目の金属の雰囲気があればあまり、安っぽくは見えません。この手のものは結婚式だけでなく日常の生活でも使うことができるものもあるでしょう。

ただし、大きすぎない、小さめなものを選びます。金属の色は思っている以上に髪の色に対して目立ってしまいます。

 

パールのピン


パールは結婚式の参列者には一番ふさわしいアクセサリーです。髪のワンポイントの飾りでも一番オーソドックスで王道で安心して使うことのできるヘアアクセサリーでしょう。

ヘアアクセサリーとしてのパールは本物でなくて全くかまいません。ちょっと大きめのパールのユーピンや、ピン留めで、ハーフアップの止めたところなどに差し込んで演出しましょう。

 

飾りのついたヘアコーム


飾りと言っても、大きなラインストーンが、付いているものはキラキラ輝くので、ふさわしくありません。安っぽくも、見えるし、まして、本物ならば目立つほどの大きさであるとしたらそれはそれでふさわしくありません。

新郎新婦をしのいで目立ってしまいます。あまり派手でない、ビーズやパールの細工の飾りが付いているコームを用意して、ハーフアップの、留めのところや、髪の膨らみの脇にさしましょう。

 

和風の櫛


最近は着物も見直されてきて、成人式に作った振袖を結婚式に着ていく人も増えてきています。和風の装いならば、彫刻などの飾りの施されている、つげの櫛を髪の結び目の脇にさしても良いでしょう。

見た目は地味にみえるかもしれませんが、日本古来のものには、つい目が行ってしまう注目の髪飾りです。

 

ちりめん素材の小物


同じく、着物で結婚式に参列する場合、着物の素材でできたような小さめなもので、あまり目立たない色のバレッタや、クリップ、コームが、似合います。着物で結婚式に出席する場合の、髪の毛アクセサリーセットとしていくつか和風の小物を日ごろから用意しておくとよいでしょう。

 

とても小さい造花のもの


生花は、花嫁のアイテムです。結婚式の出席者が、使ってはなりません。本当は造花も良くないと言いますが、造花で存在感を感じられないほどの小さいものでかつ、地味な色のものならば一点使いであれば良いのではないでしょうか。

やはりお花はかわいいものなので、結婚式の出席者といえども使いたいアイテムですね。

 

リボンを使った髪留め


リボンをそのまま髪に巻きつけてちょうちょ結びにしても良いのですが、それは、とても慣れている人にやってもらわなくては、なりません。そうでなくとも、ちょうちょ結びに出来上がった、バレッタなどを使っても良いでしょう。

色は、髪の色に近い茶や紺、黒などあまり目立たないものを選んで、新婦よりも目立つことのないように注意しましょう。

 

ベルベットのリボンや、組紐でカチューシャ風に


カチューシャはカジュアルな髪飾りだという人もいるかもしれません。うまくセンス良く髪型に合っていればリボンや組みひもを利用してカチューシャ風にまいたりしても、良いかもしれません。

あくまで新婦より目立たないようにすることが大事です。洋服とのバランスや兼ね合いで違和感なければよいかもしれません。

 

何もつけない


美容院などでキチンとセットしてあれば、特になにもヘアアクセサリーは、つけなくても良いかもしれません。

日ごろからの髪のお手入れがよくいき届いていて、見た目もつややかで、痛んでいなかったり、カラーも根元からきれいに手入れをしてあるような状態であれば、シンプルにプロのセットの美しさのみでなにもアクセサリーはつけなくて十分華やかです。

体全体が写る大きな鏡で、服の装飾とセットした髪とのバランスをみてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

どんなにおしゃれをするとしてもなによりも、主役の新郎新婦より目立たないことが一番大事で、その次に失礼にならないように、逆に地味になりすぎないように、そして品のある節度を守った華やいだ装いをするようにしなければなりません。

結婚式で同席したご年配者からひんしゅくを買ったら大変です。結婚式に招待された時にはしばし自分の個性を表現することはちょっと抑えて、結婚式という場にふさわしい、小粋に、ワンポイントぐらいでちょうどよい、ヘア小物を選んで結婚式に出かけましょう。

まとめ

結婚式のハーフアップをより素敵に見せるヘア小物10選♪

・控えめなラインストーンのついた、ヘアクリップ
・金属っぽい素材の髪留め
・パールのピン
・飾りのついたヘアコーム
・和風の櫛
・ちりめん素材の小物
・とても小さい造花のもの
・リボンを使った髪留め
・ベルベットのリボンや、組紐でカチューシャ風に
・何もつけない