結婚式のゲストドレスを選ぶなら☆会場別コーディネート術

結婚式のゲストドレスを選ぶなら☆会場別コーディネート術

結婚式のゲストドレスは、社会人の女性なら、いくつか用意しておくと安心です。社会人になって結婚式に出席する回数はどんどんと増えていくもの。最近の結婚式のゲストドレス選びで難しい点は、ホテルやゲストハウス、レストランウエディングなど、式のスタイルがさまざまなところです。

TPOに合わせた結婚式のゲストドレス選びが不可欠になってくるからです。昔のように礼服一辺倒ではなく、その会場によって適切なものを選ばなれければなりません。

簡単に思えますが、会場のスタイルも多種多様に分かれているため、選ぶ段階で迷う女性が増えています。と言うのも、招待状に敢えて「平服で」と記載されている場合などもあり、結婚式のゲストドレスとのバランスが分かりにくいのです。

本当にカジュアルな服装で会場へ行ったものの、周りがドレスアップしていた!という経験談もよく耳にします。そこで本記事では、現代人気のさまざまな挙式スタイルそれぞれに焦点を当て、結婚式の装いマナーと、おススメのコーディネートをお伝えします。



 

結婚式のゲストドレスを選ぶなら☆
会場別コーディネート術

 

フォーマルな会場に選ぶ結婚式のゲストドレス


ホテルでのフォーマルな結婚式に参加する場合、新郎新婦の親族や会社関係のゲストも多いことがほとんどです。そのため、しっかりマナーを守った服装を心がけましょう。

【ホテルなど、フォーマルな結婚式のゲストドレス】

★ おススメは、明るい色のパーティードレス

ピンクやブルー、グリーンなど華やかな色のドレスが良いです。海外式の結婚式のゲストドレスでは、背中が大きく開いたイブニングドレスなどがありますが、日本では違います。過度な露出を控えたワンピース上下のアンサンブルを選ぶと好印象です。

光沢感のある素材で華やかさを演出しながら、肩出しや短すぎるスカート丈は避けます。靴もつま先のみえないパンプスでヒールのあるものをチョイスすることをおすすめします。ヒールのない靴は履きやすいですが、カジュアル感が強く、ホテルでの結婚式のゲストドレスに合わせるには不向きです。

■ 白いドレスは花嫁の色のため、避けてください。

・ ドレスは肩出しのタイプが多いですが、露出は控えるのがマナー。薄い色合いのボレロを羽織るのがベストです。

 

レストランウエディングでの丁度良いバランス


オシャレなレストランでのウエディングも最近では多いです。ホテルウエディングよりも、ややカジュアル目ですが、ゲストドレスはフォーマルなスタイルをチョイスします。

【レストランウエディングにおすすめのスタイル】

★ 着回しのきく、黒いドレスは1着持っているととっても便利

レストランウエディングにももちろん着用OKです。羽織りものは、明るい色合いのシフォン素材のボレロレースをあしらったストールを合わせると素敵です。

バックや靴はホワイト系をチョイスすると全体的に明るい印象になるでしょう。最近ではデザインパンツなどを着こなした、パンツスタイルも多く見受けるようになりました。胸元のコサージュやパールのネックレスで華やかさを演出すると、レストランでの結婚式のゲストドレスにアレンジできます。

 

専門式場でのウエディングで人気のスタイル


婚礼用の専門的な施設での、結婚式のゲストドレスは、その会場の雰囲気もそれぞれなので悩む女性も多いです。チャペルと一緒になった施設から、もっと二次会から花屋まで揃った施設、プール併設のスタイリッシュな会場まで、確かに様々です。

【専門式場の結婚式のゲストドレス】

★ フォーマルなスタイルが基本です

専門式場の結婚式のゲストドレスなら、基本的な冠婚葬祭の場のマナーに添うのが一般的です。礼服を基本とし、もちろん露出は控えてボレロやストールで隠します。アクセサリーは二次会でなければ、パールの一連(二連は「二度起こる」とされ、タブーです。)ネックレスに留めます。

なかでも、女性らしさが出るタイトワンピースがおススメです。スカート部分にプリーツ加工をしている膝丈ドレスなど、エレガントで素敵です。色は、明るすぎないレッドなどだと、落ち着いた印象を与えるので◎です。

 

屋外での結婚式では存在感を出してOK!


屋外でのガーデンウエディングの場合、結婚式のゲストドレスはフォーマルな物でも良いですが、カジュアルなパーティードレスを選んでも問題はないです。

【屋外の結婚式のゲストドレスの選び方】

★ 結婚式会場が外の場合、明るい色合いのドレスが写真撮りも映えます。

濃いめのブルーエレガントなパープルのドレスがおススメ。靴は汚れる可能性もあるため、布素材よりもエナメルなどが良いです。日焼け対策として、カーディガンやボレロも忘れないでください。

夏のガーデンウエディングでは、結婚式のゲストドレスでも快適さを優先しても、大丈夫です。フォーマルな場での袖丈の長さは肘よりも長いことが、基本的なマナー。けれども、あまりに暑い場合には、多少短い上着を着ても、悪目立ちはしないはずです。

ただし、ミュールや素足は避けた方が無難です。夏の雰囲気で開放感が溢れがちですが、クラッチバックに靴は上質なフォーマル対応のものを用意すると、品が出ます。

 

ゲストハウスを貸し切ったウエディング


一軒家を貸し切ったゲストハウスウエディングの結婚式のゲストドレスでは、カジュアルな要素をプラスしたパーティードレスがおススメです。招待状には、「平服で」と記載されることが多い、ゲストハウスウエディング。実際は、きちんとした服装で出席しているゲストがほとんどです。

【ゲストハウスウエディングでの結婚式のゲストドレス】

★ ゲストドレスは、キレイめカクテルドレスがぴったりです。

色は紺色がとってもおすすめ。紺色は、顏うつりが良くなる上、全体をすっきり見せてくれます。トップスにドレープがかかったカシュクール風のドレスなどが素敵ですね。

 

1.5次会のようなカジュアルウエディング


2次会に近い、しかしウエディング要素のある結婚式のゲストドレスは、悩む女性も多いです。この場合、もちろんフォーマルなドレスでもOKですが、普段着として使用してるキレイめワンピースでも大丈夫です。

【カジュアルウエディングの結婚式のゲストドレス】

★ 普段着にも着られるキレイめのワンピースでも大丈夫

・ 袖のあるキレイめワンピースを着用するなら、小物は華やかに
・ 髪はアップスタイルでヘアアクセサリーを付け、ドレスアップした印象に。
・ バックはビジューなどがついたクラッチバックだとパーティー感が出ます。
・ 靴も光沢のあるパンプスを合わせます。

アクセサリーなどもフォーマルな席とは違い、パール以外のものでも問題ないですが、心配ならば友人と相談して、バランスを取っても、安心です。

 

和ウエディングで出席する場合


神社やお寺などで式を挙げ、その後料亭で披露宴を行なうという方も最近は増えています。和ウエディングの場合、結婚式のゲストドレスは、ホテルなどの会場でも使う、フォーマルなドレスを選ぶのが一般的です。

★ 着物を持っている方は、是非着物を着用しましょう

既婚もしくは30代以上の方であれば訪問着未婚の方であれば振袖が基本です。もし無地など、落ち着いた色味の着物を着用する場合、帯に金糸が入ったものだと華やかさが演出できるのでおススメです。

東京都近郊では例えば明治神宮での神前挙式が注目されています。明治神宮と言えば、都心真っ只中です。結婚式のゲストドレスでは、あまり動き回れません。結婚式のゲストドレス、もしくは着物での交通に不安がある場合には、ヘアスタイルなどだけ揃えて、現地で着替えても安心です。

着物の着付けが必要な場合には、予め現地でお願いできるサロンなどを予約しておく必要があります。さまざま想定して準備を進めることをおススメします。

 

いかがでしたでしょうか。今回は最近迷いやすい、会場別のバランスとTPOを考慮した、結婚式のゲストドレスの選び方とおススメのスタイルをお伝えしました。本記事でごご提案した内容を参考にすることで、マナーを守った素敵なスタイルのお呼ばれコーディネートを作ることができます。

基本的には、どんな会場でもホテルウエディングのドレスコードに沿った、礼服スタイルならば、印象は悪くありません。それでも、カジュアル度が高そうな会場で不安な時には、アクセサリーやストールなどを数パターン用意して、現地で調整してみるのも一案です。

結婚式のゲストドレスは、いつもとは違ったおしゃれができる場でもあります。おしゃれを楽しみつつ、本記事を参考に素敵な結婚式のゲストドレスをチョイスしてください。そして当日は、心おきなく新郎新婦を祝福し、結婚式を楽しみましょう!

 

まとめ

結婚式会場の雰囲気とTPOに配慮した、ゲストドレス選びとは

・ホテルなどフォーマルな会場は明るい色のドレスで
・レストランウエディングは黒いドレスを上手に着こなして
・専門式場でのウエディングでは女性らしさが現れるタイトワンピースで
・屋外での結婚式では濃いめのドレスで存在感を!
・ゲストハウスを貸し切ったウエディングでは顔うつりが良いパーティードレスを
・1.5次会のようなカジュアルなウエディングではキレイめワンピース
・和ウエディングで挑戦!着物は帯を工夫して