就職面接で質問をする?好印象を与える返答のアドバイス

就職面接で質問をする?好印象を与える返答のアドバイス

面接のとき、必ずといっていいほど最後に聞かれるのが、「最後に何か質問はありますか」という就職面接質問。面接を受けている方から面接官への逆質問は、実はちょっと工夫をするだけで、面接官に好印象を与えることができるんです。

「質問はありません」と答えてしまうと、マイナスにはなりませんが、もったいないかもしれません。企業側としては、あなたの一押しを待っているかもしれないのです。

また最後の就職面接質問を、意外と重視している面接官が多いのです。そのためしっかり準備をしておくことが必要。そこで本記事では最後の就職面接質問のシーンで、さらに面接官に好印象を受けてもらえるためのポイントをお伝えします。

新卒の方、または転職をされる方など、全ての人々が使用できる就職面接質問を、具体例を挙げてお伝えします。ぜひ本記事を参考にしつつ、自分自身の意見も整理して、しっかりと面接準備をしてください。



 

就職面接で質問をする?
好印象を与える返答のアドバイス

 

自分の長所をアピールすることが可能な就職面接質問



★ 「今回のポジションで求められる資質はありますか」

募集しているポジションにどのような資質が求められるのか、という就職面接質問は、自身の意欲をアピールすることができます。また、「私は〇〇のような人間ですが~」というように、自身の長所をも述べることができるので好印象を与えるでしょう。

「自分自身は柔軟性があり、物事をあらゆる角度から見ることができるので、そのような部分を今後も役立てていきたいと思っておりますが~」など前置きをして、自身のプラスの部分を伝えると良いです。

その後に「今回募集されているポジションで求められる資質とは何でしょう」と改めて伺いましょう。

 

他の方と差をつける就職面接質問


★ 「入社までに勉強しておくと良いことなどはありますか」

「どうしても入社したい!」という気持ち、またその意欲をアピールすることができるのが、こちらの就職面接質問です。「前向きに真面目に仕事に取り組んでくれる人」という印象を、面接官にも与えることができるでしょう。

また実際に採用され、前もって入社までに知識を増やしておくことは、他の方にちょっと差をつけることができ、ご自身にとっても大きなプラスとなるはずです。

 

向上心があることをアピールできる就職面接質問


★ 「研修はどの程度の頻度でありますか」

入社後は、もちろん研修がある企業がほとんどですが、それとは別に定期的に社員に対して、知識の向上の目的を持って研修を行なっている会社もあります。その頻度に対する質問は、常に成長したいという意識を持っているという良いアピ-ルになります。

「入社してからも、常に向上心を持ち続けたいと考えておりますが、~」と自身の考えを前置きしてから質問するとベターですね。

 

真剣に仕事に取り組む姿勢を見せる就職面接質問


★ 「一日の仕事の流れを大まかに教えてください」

入社後の一日の流れを知りたいという質問は、職種に対して憧れではなく、真剣に仕事に取り組みたいという姿勢を面接官にアピールすることができる、就職面接質問です。

・仕事には、イメージというものがあります。

マーケティング職デザイナー職など、華やかとされている職種に憧れを持って入社しつつも、実際地味な作業が多くてがっかりしたというケースもあるようです。仕事をより細かくイメージすることができるので、ご自身にとってもプラスになるでしょう。

 

自分を売り込む就職面接質問


★ 「仕事を効率化し、より良い環境をつくる工夫はされていますか」

会社で働いている人は、お給料をもらえたらそれでいいという、現状維持思考の方が多いといわれています。そのため、職場に新しい風を入れる社員は、会社にとっても大きなプラス。就職面接質問で、自分はちょっと人とは違うというアピールにもなります。

会社をより良くしていこうという前向きな考え方も、面接官に好印象を与えるでしょう。自分なら「〇〇な工夫をして、より良い職場環境を作る努力をします」という自分なりの回答も準備しておきましょう。

 

会社に貢献できることをアピールする就職面接質問


★ 「入社して私が貢献できそうなプロジェクトはありますか」

もし前職を活かした転職をする方であれば、自分が会社に貢献できるというアピールになる、こちらの就職面接質問。再度自分を売り込むのに効果的です。

新卒の方は、在学中に自身が取り組んできた活動や経験を元に話をすると良いでしょう。また、職場の環境に早く慣れようという姿勢が読み取れるため、面接官に良い印象を与えることができますよ。

 

将来性を期待させる就職面接質問


★「今後の事業の展開を教えてください」

会社の将来の事業展開を聞くこちらの就職面接質問は、「採用されれば、今後もずっと長い目でその会社で働く」という意志が見受けられます。そのため、良い印象を相手に与えることになるでしょう。

またこのとき、いかに自分が会社に興味があり、その事業に適しているかをアピールすれば、自身の将来性にも期待を持ってもらうことができますよ。

 

いかがでしたか。最後の就職面接質問、「なにか質問はありますか?」の返答で、さらに自己アピールができる返答を集めました。とは言え結局はあなた自身小手先のテクニックは百選練磨の面接官には、すぐに読み取られてしまいます

そのため、これらの最後の質問が、心から出たものであれば、思い切って逆質問を投げてみてください。真摯に面接に取り組む企業であれば、きっと丁寧に対応してくれるはずです。

この最後に得られる逆質問のシーンでの内容は、基本的に就職面接質問は、「はい」、「いいえ」で答えられるものではなく、具体例を挙げて説明をしてもらえるような文章で質問することが、ポイントです。

ただし、思い切って質問をするのは、あくまでも労働意欲をアピールできる内容です。細かい労働条件など、採用が決まっていない状態であれこれ聞くことは、面接官の心証を悪くしてしまう可能性もあるので気を付けてください。

そしてぜひ本記事を参考に、ご自身を売り込むためにぴったりな就職面接質問を準備して、面接に備えてくださいね。

 

まとめ

就職の面接試験で功を奏する、最後の逆質問の事例

・今後携わるであろう仕事内容に必要な資質を聞いて、スキルアピール
・他の面接者よりもやる気と熱意がアピールできる、勉強しておくこと
・入社後の研修内容を聞くことで、向上心があることをアピール
・実際の仕事への流れを具体的に質問をすることで、働く意欲が伝わる
・仕事を効率化や環境に対する質問で、自分の会社貢献への可能性を伝える
・スキルを会社で生かしたい意思が伝わる、プロジェクトへの質問
・事業展開を聞くことで、長く勤める意思と将来性を感じさせる