名刺交換マナーを押さえて好印象☆デキル!7つの基本

名刺交換マナーを押さえて好印象☆デキル!7つの基本
名刺交換のマナーは意外と見落とされがちな社会人スキルです。名刺交換のマナーを改めて習ったことがない人は、ただ名刺を交換するだけなら丁寧にやってれば大丈夫だとか、先輩がやっているのを見よう見まねでやっていれば大丈夫だと思ってしまいますよね。

しかし、名刺交換のマナーは社会人として、当然知っておかなくてはいけない基本的なマナーです。初対面の相手と商談をする時などは、これから本題の話という手前の名刺交換でマナーがなっていないと、悪い印象を与えてしまうことになりますから、自分にとって不利です。

とはいえ、社会人になって数年経過していて、今更名刺交換のマナーなど恥ずかしく誰にも聞けないという人も多くいます。そこで今回は、相手に好印象を与えるための名刺交換のマナーについて基本を7つ解説します。



 

名刺交換マナーを押さえて好印象☆
デキル!7つの基本

 

名刺の準備


社会人になったときに名刺入れを購入するという人は多くいます。基本的に名刺交換をする時は、名刺入れから名刺を出すのが礼儀です。しかし、名刺入れから出した名刺に折れ目や汚れがついていると、相手に「使いまわしなのではないか」と思われてしまいます。

【 名刺交換マナー:名刺は綺麗に 】

★ 名刺交換マナーで最初にポイントとなるのが、綺麗な名刺を相手に渡すという事です。

・ 新品の名刺であっても折れ目がついていたり、汚れがついている名刺は相手に失礼です。

 

やってはいけない名刺交換の仕方


会議室や応接室などで名刺交換をする時に、お互いが席の位置に立ってから「ではご挨拶を」という流れになって、名刺交換をする機会は多くありますよね。

【 名刺交換マナー:テーブル越しはNG 】

★ このような時は、テーブル越しに名刺交換をしてはいけません。名刺交換マナーでは、相手と相対して行うのが正しいのです。

面倒であっても相手の元まで歩いて行って名刺交換をします。もし誰かの名刺交換をするのを待つことがあれば、席に座らずに立って待つのが正しいマナーです。

 

名刺交換の順番


お互いの会社から複数の人が出席する打ち合わせや商談では、名刺交換をする順番も名刺交換マナーで大切なポイントです。

例えば自分が上司と同席していて、取引先も上司と部下という組み合わせで打ち合わせに出席しているのであれば、部下は上司より後に名刺交換をします。

【 名刺交換マナー:順番 】

★ 自分が一人で相手が部下と上司で出席している場合には、相手の上司、部下という順番に名刺交換をするのが正しいマナーです。

 

社名と名前を名乗る


いざ、名刺交換をする時は社名と名前を言いながら名刺を差し出すのが名刺交換のマナーで重要なことです。名刺に記載されていることですが、無言で渡すのは失礼に当たります。

【 名刺交換マナー:社名と名前を名乗る 】

☆ また、名前だけを言って名刺を出すのも省略をしているようで相手に失礼に当たります。

・ 「○○会社の△△です」と名乗り、「よろしくお願いいたします」と付け加えると丁寧です。

 

名刺の位置


名刺交換のマナーを知らないで、自分が気づかぬうちに、相手に不快感を与えている可能性があることの中で最も多い事が、名刺の位置の高さについてです。

【 名刺交換マナー:名刺の位置 】

★ 名刺を交換する時の名刺の位置は、お客様が上、取引先が下です。厳密にいうと、お金をもらう側が下でお金を払う側が上です。

それを知らずにお客様より上の位置で名刺を差し出せば、相手に「態度が大きい」と誤解されてしまう可能性があるのです。

 

名刺の受け取り方


名刺交換マナーで好感度を上げるポイントの一つが、受け取った時の「頂戴いたします」の一言です。名刺交換という場面においては、上下関係は大なり小なりありますが、ビジネスパートナーとして相手に敬意を払うことは大切です。

【 名刺交換マナー:受け取り方 】

★ そこで、名刺を受け取った時には「頂戴いたします」と言います。

・ また、相手の名刺を受け取る時は、相手の名刺の企業名や名前の部分を握らないようにします。

 

名刺がない時の対処


朝早くの商談や打ち合わせの時には、会社に立ち寄らずに客先に行って名刺を忘れてしまうということもありますよね。名刺を忘れることはあってはいけませんが、もし忘れてしまったら相手には「名刺を切らしている」と伝えるのが名刺交換のマナーです。

【 名刺交換マナー:名刺がない! 】

★ 「申し訳ございません、名刺を切らしておりまして」と伝えた後に、相手の名刺を受け取る時は、自分の会社名と名前をはっきりとした口調で伝えます。

・ 「名刺を忘れてしまいまして」と正直に伝えると、相手を軽視していると受け取られかねないのです。

 

いかがでしたでしょうか。名刺交換のマナーは社会人にとって基本中の基本です。この基本が抑えられていないという事は、相手に「この会社は基本の教育もできていないのか」という印象を与えてしまいますから、信頼を失いかねません。

人間は初対面で受けた印象が強く残りますから、名刺交換マナーを正しく抑えておくことが重要なのです。

名刺交換をする場面というのは、相手と初対面であると同時にビジネスの交渉や商談をする前の段階という、とても重要なタイミングです。このタイミングで相手に悪い印象を与えるのは自分にとってマイナスです。

名刺交換なんて挨拶のようなものだからと、軽視している人も多いかもしれませんが、されど名刺交換だと思って、名刺交換マナーは正しく守ることが大切なのです。

 

まとめ

名刺交換マナーの常識とは

・名刺は折れ目や汚れがないものを名刺入れから出して渡す
・名刺交換はテーブル越しに行わず相対して行う
・複数人いる時は立場が上の人から名刺交換をする
・社名と名前を言いながら名刺を差し出す
・名刺の位置はお客様側の人が上の高さ
・「頂戴いたします」と言いながら名刺を受け取る
・名刺がない時は「名刺を切らしている」と言って謝罪