結婚式でチーフをかっこよくキメる7つのテクニック☆

結婚式でチーフをかっこよくキメる7つのテクニック☆

スーツのポケットに入れるチーフ、ビジネスシーンで使っている人はきっとほとんどいないことでしょう。

でも、本来ポケットチーフは、ネクタイと同じくらいスーツにするべきもので、現在ではよりスーツがカジュアルになり省略する方がスタンダードになっているようです。

現在は省略されることの多いポケットチーフも、結婚式でのフォーマルスーツではぜひ、チーフを取り入れてみたいもの。

結婚式の装いにポケットチーフをかっこ良く取り入れたら、あなたの株が上昇するのは間違いなし。でもポケットチーフを取り入れてみたけれど、どんな素材やどんな色のものを選んだらいいの?

ポケットチーフはどういう形にして入れたらいいの?普段使わない分、わからないことも沢山出てきてしまいますね。そんな時に困らないための、男をあげるポケットチーフをかっこ良く決める7つのテクニックをご紹介します。



 

結婚式でチーフをかっこよくキメる
7つのテクニック☆

 

結婚式などの正礼装の王道スリーピークス


結婚式のチーフなら!の王道スタイルのスリーピークスは、ポケットチーフの折り方としてぜひ覚えておきたいもの。結婚式やレセプション、パーティーでは、胸元がぐぐっと華やかに引き立つこの折り方がオススメです。

三角形のチーフの角が3つ連なるデザインなので、フォーマルなスタイルを引き立ててくれますね。これはポケットチーフの折り方の中でも最もフォーマルなものなので、正礼装の時にはぜひ、この折り方のチーフを合わせて。

 

ネクタイの色と合わせたポケットチーフ


ポケットチーフは、ネクタイの色と合わせたものを選ぶのが一番簡単な合わせ方です。白やシルバーなどのフォーマルなものしか持っていなかったら、次は華やかなネクタイと同じ色のチーフを揃えてみましょう。

ネクタイを締めてチーフを挿すだけで、コーディネイトに統一感が生まれてオシャレ上級者にすぐになれてしまいます。

チーフの折り方も華やかなパフドスタイルや、パフドスタイルを180度回転させてさしたクラッシュドスタイルなどがオススメです。

 

ネクタイの柄から一色抜いてチーフを選ぶ


ネクタイの色とポケットチーフの色を合わせるのはオシャレ上級者のいわば入門編です。もっとオシャレにキメたいならば、柄物のネクタイの中から一色選んで、その色と合わせたチーフを選んでみましょう。

柄物のネクタイはちょっと冒険?な気持ちにもなるかもしれませんが、もちろん柄物のネクタイにチーフでも色で繋がっているので統一感はバッチリです。

よりこなれた感じのコーディネイトになるので、他の人と差を付けたい時にはぜひチャレンジしてみて。

 

シャツの色に合わせたポケットチーフ


ポケットチーフ初心者でも安心のコーディネイトは、シャツの色に合わせてチーフの選ぶところから始めましょう。シャツの色が白であれば、同色の白やシルバー、シャツがピンクだったらチーフもピンク系にしてみましょう。

ブルーと白のストライプのシャツなら、チーフはブルー系でも白でも似合うので、自分のイメージに合わせて選んでみれば大丈夫です。

いつものコーディネイトがぐぐっと華やかになるので、自分でもビックリしてしまうかも。

 

柄on柄で個性的なオシャレを楽しんでみる


オシャレの最上級者を目指すなら、ぜひ柄on柄のコーディネイトにチャレンジしてみていただきたい。ストライプのネクタイに水玉のポケットチーフ、というように違う柄もの同士を合わせるという上級テクニックです。

コーディネイトのコツは、紺のストライプのネクタイだったら、チーフも白に紺の水玉にするなど、色のトーンを揃えて統一感を出すこと。

間違っても統一感のないトンチンカンなコーディネイトにならないように考えてチャレンジして。

 

チーフ初心者は最も無難なスクエアで


ポケットチーフ初心者だと、せっかくコーディネイトしてきてもこれで本当によかったんだろうかと心配になってしまうことも。

そんな時には、スクエアという一番スタンダードなチーフの折り方にチェンジしてみましょう。派手だった?合わなかったかな?と思うポケットチーフの色や折り方でも、スクエアに変えるだけでグッと落ち着いたイメージになります。

結婚式でも派手じゃないかと心配になってもすぐにチェンジ出来るのでぜひ覚えておいて。

 

同じ色でも素材を変えれば印象も変わる


ポケットチーフの素材は、大きく分けてリネン(麻)とシルク(絹)です。リネンはハリがある生地なのでかっちりとした堅いイメージ、シルクは光沢があってしなやかなので、エレガントで華やかなイメージになります。

同じ色やデザインのポケットチーフでも、素材を変えればイメージもかなり変わります。ネクタイをニット素材にしたり、柄物にしたりすれば、ポケットチーフをしていても、カジュアルダウン出来てかしこまりすぎた雰囲気にはなりません。

 

いかがでしたでしょうか。

ちょっと敷居が高いな・・・と思っていたポケットチーフも、ちょっと取り入れてみたいなって思えてきましたよね。

まずは白で1枚ポケットチーフを用意してみて、折り方をいろいろ変えてみてコーディネイトの印象が変わるのをぜひ試してみてください。

男性って結婚式の時はいつも同じ服装・・・と言わせないコーディネイトが出来ますよ。若い男性はなかなかポケットチーフは使わないもの。

かっこ良くポケットチーフを取り入れれば、オシャレ男子としてみんなの注目を集めること間違いなしです。ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

まとめ

結婚式でチーフをかっこよくキメる7つのテクニック☆

・一番フォーマルな折り方をまずはチャレンジ
・ネクタイと色を合わせれば簡単にオシャレに
・ネクタイとチーフを色で繋ぐ上級テクニック
・シャツの色と合わせるだけでグッと華やかに
・個性的な柄同士を色でまとめる最上級テク
・色柄のチーフでも折り方で無難にまとめる
・印象は色だけじゃなく素材でも大きく変わる