結婚式の招待状への返信メッセージで使える粋なワザ☆

結婚式の招待状への返信メッセージで使える粋なワザ☆

結婚式の招待状は、結婚式の出欠を確認するためだけのものだと思っていませんか?確かに、出席するのかどうかを新郎新婦に伝えるのはとても大切なことです。ですが、新郎新婦にとって結婚式は人生の一大イベント。

そして招待状は結婚式の日程や場所をゲストのあなたに伝える大切な手紙です。ですので新郎新婦の2人はデザインや文面、切手の種類に至るまで、とても細かく心を砕いて準備を進めていきます。そんな招待状に対して、出席もしくは欠席に○を付けてポストに投函するだけではちょっと寂しい気がしませんか?実はちょっとした一工夫で、あなたのお祝いの気持ちを更に上手に伝える方法があるのです。

それは返信メッセージとして新郎新婦に向けた一言を添えるというもの。ちょっとした気遣いがとても喜ばれるものです。そこで今回は、結婚式の招待状への返信メッセージで使える粋なワザをご紹介します。



 

結婚式の招待状への
返信メッセージで使える粋なワザ☆

 

オールマイティーに使える返信メッセージ


どんな場合でも使える基本の返信メッセージは「ご結婚おめでとうございます 喜んで出席させていただきます」です。これは新郎新婦とあなたの関係に左右されることなく、どんな場面でも使うことが出来ます。

その他、「末永くお幸せに」と付け加えても喜ばれますよ。注意すべき点は句読点。「区切る」ことは、結婚式というお祝いの席には縁起が悪いということで、結婚式の招待状に句読点は使いません。

 

友人からの結婚式の招待状への返信メッセージ


新婦があなたの友人である場合、「美しい花嫁姿を楽しみにしています」といった一言を招待状の返信メッセージに添えるのがオススメです。また、「結婚式当日まで何かと忙しいかと思いますが身体に気を付けてください」と相手を気遣うメッセージは友人関係だからこそ書ける一言。気心の知れた友人だからこそ、マナーは守りつつ、あなたにしか書けない心からの一言を添えてみましょう。

 

職場の関係者からの結婚式の招待状への返信メッセージ


職場の関係者からの招待状への返信は、何かと気を遣いますよね。きちんとマナーをふまえた粋な一言を添えると、あなたの好感度もアップし、人間関係にも良い影響を与えるでしょう。

「ご結婚おめでとうございます」に続き、「お招きいただきありがとうございます」や「お二人の晴れの日に立ち合わせていただくこと光栄に存じます」といった一言を返信メッセージとして添えると素敵ですね。

 

親族からの結婚式の招待状への返信メッセージ


親族の招待状への返信メッセージは、書ける内容に幅が広がります。例えば、事前に相手を紹介されている場合は「皆さんへのお披露目もいよいよですね」と返信メッセージに添えると、親族ならではの連帯感を感じることが出来るのでオススメ。

その他、「何か手伝えることがあったらいつでも教えてくださいね」という返信メッセージはとても心温まるものです。

 

結婚式を病気などで欠席する場合の返信メッセージ


結婚式を欠席する場合は、出席する場合以上に気を配る必要があります。欠席の場合は、相手に失礼のないよう、誠実な返信メッセージを用意しましょう。病気や弔事などでやむを得ず欠席する場合は「あいにく外せない用がございますので」と返信メッセージに書き添えましょう。

結婚式というお祝いの席に「病気」や「弔事」「といった単語を持ち込むのは縁起が悪いので、欠席の理由ははっきりと書かないほうがスマートです。

 

結婚式を仕事の都合で欠席する場合の返信メッセージ


よっぽどの事情がない限り、結婚式の招待状が届いた場合は参列するのが大人のマナーです。かといって、仕事の都合などで欠席せざるを得ない場合もあります。そんな場合は、相手の方に書ける範囲で事情を伝え、「新生活の門出を心よりお慶び申し上げます」と締めくくりましょう。

「忙しいので」といった一言で返信メッセージを終えてしまうのは相手の方を悲しませてしまうので、誠実な対応を心がけてくださいね。

 

他の結婚式と日程が重なった場合の返信メッセージ


お祝い事が同じ日に重なってしまった場合も、どちらかの結婚式を欠席せざるを得ませんよね。そんな場合は「あいにく先約がございますので」と事情を説明する方がスマートです。

せっかく招待状を頂いたのに、「○○さんの結婚式があるので」といった返信メッセージを添えてしまうと、相手の方は自分の結婚式がないがしろにされたような気持ちになってしまいます。角が立たないように、曖昧かつ丁寧に書くことがポイントですよ。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式はとてもおめでたい席であり、新郎新婦にとっては人生の一大イベント。その分、出席するゲスト側にも様々な配慮が求められます。結婚式の招待状を単なる出欠確認として受け取るのではなく、お祝いの気持ちを伝えるツールとして捉えてみましょう。

特に当日の出席が難しい時には、欠席の知らせを受けた新郎新婦の心情を察してお祝いの心を伝えられると、その後の関係もスムーズになるでしょう。何でもハッキリと理由を言うばかりが正解ではないこと、お祝いの席に見合った言い回しがあることなど、お分かりいただけたでしょうか。

あなたの粋な心遣いは、きっと相手の心に響きますよ。結婚式がお互いの素敵な思い出となるよう、今回ご紹介した招待状の返信メッセージをぜひ活用してみてくださいね。

 

まとめ

結婚式の招待状への返信メッセージで使える粋なワザ☆

・オールマイティーに使える返信メッセージ
・友人からの結婚式の招待状への返信メッセージ
・職場の関係者からの結婚式の招待状への返信メッセージ
・親族からの結婚式の招待状への返信メッセージ
・結婚式を病気などで欠席する場合の返信メッセージ
・結婚式を仕事の都合で欠席する場合の返信メッセージ
・他の結婚式と日程が重なった場合の返信メッセージ