バルーンギフトの贈り方☆喜ばれる6つの場面と注意点

バルーンギフトの贈り方☆喜ばれる6つの場面と注意点
バルーンギフトとは、様々な色や形をしている風船を使って華やかなプレゼントにしたものです。有名人などの華やかな世界の人達がお誕生会やパーティーにバルーンギフトで盛り上がっているのをSNSで見たりすると、自分も試してみたいと思いますよね。バルーンギフトは色んなお祝いの場面でサプライズに使えますし、場を盛り上げてくれるので多くの方に喜ばれるプレゼントとして非常に人気があります。

でも、どのように注文したらよいの?配送はしてくれるの?パーティーが終わったらどうするの?など多くの疑問が出てきてしまい、なかなか手が出せない・・・という方もいらっしゃるでしょう。実は思っているほどハードルが高いわけではなく、ネットショップで誰でも簡単に注文ができますし、もちろん配送もしてもらえるのです。

そこで今回は、注文してみたいけど気が引けるバルーンギフトについてお伝えします。



 

バルーンギフトの贈り方☆
喜ばれる6つの場面と注意点

 

バルーンギフトの選び方


まず、どんなバルーンギフトを選んで良いか迷われる人もいるでしょう。デザインだけではなく「どんなシーンでどのように使うか」も重要となります。お祝いの場面が一気に華やぎ盛り上がるバルーンギフトですが、間違ったものを贈ると逆に迷惑になってしまう可能性があるので、しっかりと選ぶようにしましょう。

バルーンギフトは主に、自立してどこにでも置ける「バスケットタイプ」、花束のように手で持ちやすい「ブーケタイプ」、最も大きく場が華やかになる「パフェタイプ」の3種類に分けることができます。その3種類の中から場に合ったものを選ぶことから始めましょう。

どのタイプかを選んだら肝心のデザイン選びです。お子さんのお祝いならキャラクターもの、飲食店の開店祝いであればお酒のボトル風のものなど、たくさんのデザインがあるので選ぶのも楽しくなるでしょう。

 

自宅でのお祝いに適したバルーンギフト


自宅でのお祝いの際はバスケットタイプが良いでしょう。大きさも丁度良く、どこでも自立できるのでテーブルや床に置くことができます。もし贈る相手が大きなお宅なのでしたら、一気に場が華やかになるパフェタイプもオススメです。ただ、持ち運びが難しいのでパーティーが終わってからも、そのまま暫く飾って楽しんでもらって下さい。

 

発表会、会社での結婚祝いや退職祝いに適したバルーンギフト


外でのお祝いで他の人からもプレゼントを貰うことが予想される場合のバルーンギフトは、小さくて持ち運びやすい方が良いでしょう。ピアノなどの発表会や会社での結婚祝いなどにはブーケタイプが適しています。大きいバルーンだったり運ぶことが困難ですと、貰った相手が困ってしまいますので控えた方が良いでしょう。バルーンブーケでしたら、生花よりも軽い上に可愛いですし、花束よりもインパクトがあるので喜んでくれるはずです。

 

結婚式場やパーティー会場に適したバルーンギフト


大きな会場を飾るにはパフェタイプが合うでしょう。大きくて華やかですので、会場を飾るにはピッタリです。ただ、持ち運びが難しいので終わった後にどうするか受け取った側が困らないように手配をしておくことをオススメします。誰かに運んでもらう、若しくは自分で持って行くなどが良いのではないでしょうか。その気遣いさえ忘れなければ、パフェタイプのバルーンギフトはとても喜んでもらえるはずです。

また、結婚式に出席できず電報を打つ場合に「バルーン電報」というものもあります。一言メッセージも入り、会場も華やかになるので最近は人気の電報の1つです。自分が送ったバルーン電報がたくさんの人の思い出の写真を彩ると思うととても嬉しいものです。

 

出産のお祝いでのバルーンギフト


出産でのお祝いには相手の自宅にバスケットタイプのバルーンギフトを贈ってはいかがでしょうか。バギー型で土台部分にオムツがセットされているものもあり、実用的な点もポイントです。おまけにバスケットタイプは2~3か月も長持ちするものもありますので、出産・育児に疲れたママの癒しにもなり、とても喜ばれるでしょう。

 

バルーンギフトの注意点


バルーンはヘリウムガスで膨らんでいます。その為、温度差で膨らんだり縮んだりするという特徴があるのです。気温が高い場所(夏の車の中、暖房の近くなど)に置いておくと破損する場合もありますし、寒い場所に置いておくと縮みますのでご注意下さい。また鋭利なものに当てると破裂する場合もあるので気をつけましょう。バルーンは浮いているものほど萎みが早く、1週間を過ぎると徐々に萎んでいくものが多いです。そして大抵1か月で萎み切ってしまいますが、ヘリウム缶でヘリウムガスを補充すれば、長くもたせることも可能です。

 

いかがでしたか。これでシーン別でどのようなバルーンギフトを選べばよいのかバッチリわかっていただけたことでしょう。お伝えしたものの他にもバルーンと生花を組み合わせたブーケや、バスケットタイプのバルーンとお菓子を組み合わせたものなど、喜んでもらえそうなバルーンギフトがたくさんあります。値段もお手頃で、安いものは千円代から購入できるので手が出しやすいところも嬉しいですね。

バルーンは長持ちしないイメージですが、1か月もつなら十分ではないでしょうか。小さいものなら1年もつバルーンもあります。相手のことや場所を考えて、その場に合ったものを選べば絶対に喜んでもらえるはずです。贈った方も受け取った方も幸せになれるようなお祝いができると良いですね。

まとめ

バルーンギフトを選ぶ時は

・どのような場所・目的かで選びましょう
・自宅でのパーティーはバケットタイプがおススメです
・外でのお祝いはブーケタイプが持ち運びしやすいです
・大きな会場でのパーティーはパフェタイプなら華やかです
・出産のお祝いにはバルーンとオムツのセットがおススメです
・バルーンは高温低温に弱いので注意しましょう