結婚式の2次会に来ていく服装☆選び方、7つのポイント

結婚式の2次会に来ていく服装☆選び方、7つのポイント

結婚式2次会の服装は、会場TPOを踏まえたコーディネートがポイントです。結婚式の2次会には、新郎新婦の友人や会社の同僚の方など、たくさんの親しい方々が参加します。

結婚式から参加をしている方たちは、結婚式に出席した服装のまま2次会にも参加していますが、2次会から出席の人はどんな結婚式2次会の服装で参加したら良いのでしょうか。

結婚式2次会の服装では、親しい間柄だと言ってラフすぎてもマナー違反になりますし、かしこまりすぎても浮いてしまって居心地が悪くなってしまうこともあります。

また、結婚式2次会の服装だからと言っても、結婚のお祝いの場であることには違いありません。失礼にあたらないように結婚式2次会の服装にもマナーが存在します。

難しいようにも感じますが、結婚式2次会の服装のマナーさえ守ってしまえば、服装選びが簡単に出来るのです。結婚式の2次会から出席する場合の服装選びのマナーと7つのポイントをお伝えします。



 

結婚式の2次会に来ていく服装☆
選び方、7つのポイント

 

「平服」は普段着ではない


結婚式2次会の服装で間違えやすいポイントとして、「平服」があります。招待状で「平服でお越しください」の文章を目にしたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか。「平服ってことはカジュアルな服装で良いの?」と疑問に感じますよね。

【結婚式2次会の服装で押さえるドレスコード】

・「平服」とは「略礼装」のことで、カジュアルな服装のことではありません
・「略礼装」とは、改まった場に出ても恥ずかしくない服装です。
・フォーマル服のようにかしこまらなくても構いません。
・デニム地などの普段着は控えましょう。

男性の場合はスーツにネクタイ女性の場合はワンピースが好まれます。また、ふんわりとした素材のブラウスや、パンツスーツもスタイリッシュな魅力で人気があります。

【指定が無い結婚式2次会の服装】

・礼服に白いネクタイは避けます。
・ネクタイをカラーのものに変えるなど、少しカジュアルな感じに演出します。

 

白い色の服装は控えよう


主役は新郎新婦なので、結婚式2次会の服装でも、白いタキシードやウェディングドレスの色と同じ白い色の服装は控えるようにしましょう。

結婚式でも「白」はご法度です。新婦がお色直し用のカラードレスや、違う衣装で登場することが事前に分かっていたとしても、結婚式にとっての「白」は「相手の色に染まります」という特別な意味のあるカラ―なので、違う色を選びます。

【結婚式2次会の服装、「白」マナー】

・結婚式当日は、結婚式2次会の服装でも一日「白」はご法度
・男性の場合のシャツの色は白でも構いません
・白以外のスーツを身に付け、白一色は控えましょう。
・アイボリーなど白に近い色目なら、黒などの差し色を心がけます。

 

肌の露出度の高い服装は避けよう


結婚式の2次会は夕方から夜間にかけての時間帯に行われることが比較的多いです。そこで陥りがちな結婚式2次会の服装の注意点が、肌の露出度の高い服装です。

【結婚式2次会の服装のタブー】

・キャミソールやタンクトップは避けます。
・肩出しははおりものを。
・スカートの丈は膝が隠れる長さをチョイス。

結婚式2次会の服装でも、肌の露出度の高い服装は出席者が目のやり場に困ってしまいますし、2次会の品格を下げてしまう服装です。

結婚式2次会の服装でワンピースやドレス自体が肌の露出が多いデザインの場合は、ボレロを羽織った着こなしや、シフォン素材などのストールを使い、露出の多い部分をカバーしてあげると上品な服装になります。

 

サンダルやブーツはNG


結婚式2次会の服装は、略礼装が基本です。靴はフォーマルシューズ、ビジネスシューズ、パンプスがおすすめです。サンダル(ミュール)やブーツ、スニーカーは略礼装にふさわしくないので控えましょう。

【結婚式2次会の服装、足元マナー】

・カジュアルな印象が強い素足も避けた方が良いです。
・女性の場合はストッキングを履きます。
・男性は靴下を履きます。

・できるだけ足先の見えないパンプスを選びましょう。
・カジュアル感が強いブーツやスニーカーは避けます。

靴下は気を緩めがちですが、意外と見られているものなので、靴下だけが浮いてしまわないようにトータルでコーディネートするとおしゃれな印象になりますよ。

 

黒一色は不祝儀を連想させるので避けよう


無難でもあり、スタイリッシュな印象を与えることから人気の「黒」。結婚式2次会の服装では、黒一色のコーディネートは不祝儀を連想させてしまうので控えましょう。

結婚式2次会の服装とはいえお祝いの席です。不幸を連想させるようなものは控えるのがマナーです。ブラックパールや2連のアクセサリーは好まれません

また、殺生を意味する毛皮や革の小物も避けた方が好印象です。

【結婚式2次会の服装で相応しくないもの】

・黒一色のコーディネート
・ブラックパール
・2連のアクセサリー
・毛皮や革小物

 

華やかさを意識しましょう


結婚式2次会の服装選びには、「パーティー感」を意識すると良いでしょう。地味すぎる服装より華やかさを意識して、綿素材のものよりサテン地を選ぶ、柄物を取り入れるなど、素材や柄にも気を遣うとおしゃれな印象になります。

また、ヘアスタイルも同様です。男性の場合はきちんとセットしたヘアスタイルが略礼装に合いますし、女性は洗いざらしの髪より、華やかにアップしたヘアスタイルの方が、食事をいただく際も髪を気にせずにスマートな動作ができますよ。

ただし、ゴージャスすぎる服装はNGです。あくまでも主役は新郎新婦ということを忘れないようにしましょう。

【結婚式2次会の服装のポイント】

・地味過ぎず、華やかさを意識
・綿素材より光沢のあるサテン地を
・品の良い柄物も好印象
・ヘアスタイルはアップヘアーがおススメ
・新郎新婦を引き立たせる華やかさのバランスを

 

小物を使いこなそう


仕事を終えた後や出掛けた先から、会場へ直接向かう場合の結婚式2次会の服装は、小物をうまく使いこなしてイメージチェンジする方法をおススメします。着替える場所を苦労して探す必要が無くなり、お手軽です。

【男性の結婚式2次会の服装】

黒スーツをベースにする。
・ストライプなどのシャツにカラーのネクタイやポケットチーフ。

オシャレに演出しましょう。黒のネクタイは不祝儀を連想させるのでNGです。

【女性の結婚式2次会の服装】

・ネックレスやイヤリングを会場のTPOに合わせて付け替える
・カチューシャなどのアクセサリーでパーティヘアを演出。
小ぶりなパーティーバッグに交換。
(大きいバッグはコインロッカーなどに預ける。)

このような小物類のチェンジやアレンジで、ワンピースやパンツスーツをドレッシーに演出すると良いですよ。結婚式に比べて2次会の場合は、アクセサリーを大ぶりのものにしても失礼にはあたらない会場が多いので、小物を使って華やかに仕上げましょう

 

いかがでしたでしょうか。結婚式2次会の服装は会場やレストランの雰囲気、参加者の年齢層などによってもフォーマル度が異なってくるので、ドレスコードは事前に確認しておくようにしましょう。

結婚式2次会の服装で「平服」の指示があった場合には、高級レストランへ食事に行くイメージで服装を選ぶと良いですよ。アクセサリーは基本のパールが安心です。

また、ドレスコード以前に清潔感のある身だしなみを大切にするのが、結婚式2次会の服装マナーです。無精ひげやセットされていないボサボサの髪は整えて、きちんとした感じを心掛けてくださいね。

時に居酒屋などで2次会を開くケースもありますが、その時にもワンピースにカーディガンなど、あまりラフ過ぎないスタイルで行くことをおススメします。多くの人が集まる場なので、ファーなど毛が舞うものや、付けすぎの香水など、周囲の人に不快感を与えるような結婚式2次会の服装は控えましょう

 

まとめ

結婚式2次会の服装マナーとおさえるポイント

・「平服」指定なら男性はスーツ、女性はワンピース
・白い色は2次会でもご法度!アイボリーなら差し色を
・肩出しならはおりもの、スカートは膝を隠して
・カジュアル過ぎるサンダルやブーツはタブー
・黒一色やブラックパールなど不祝儀を避けよう
・新郎新婦を引き立てる、品のある華やかさ
・アクセサリーと小物を使って、結婚式2次会へ