40代!独身女性ゲストの結婚式の服装!上品に見えるコツ

40代!独身女性ゲストの結婚式の服装!上品に見えるコツ
40代の独身女性の結婚式のお呼ばれ服装選びは、案外難しいものですよね。何故なら、よりフォーマル感や品格あるスタイルが求められるからです。品格、更に、可愛らしさ。そんなイメージの服装ってかなりハードルは高めと言えるでしょう。

せっかくの結婚式という華やかなシーン。集まった人達が、思わず『さすが!』と言ってしまうようなセンスの良さを見せつけたい所です。

40代独身女性だからこそ出来る大人可愛いファッション。例えば、若い子では地味に見えがちなシンプルドレスでもオトナ女子なら上品さ漂う着こなしに…。また、若い子にはエレガントなドレスは背伸び感があり似合わないけどオトナ女子なら魅力的に着こなせるなど。

そこで今回は、40代独身女性ゲストが結婚式にお呼ばれした時の服装で、上品に装うコツについてお伝えします。

 

40代!独身女性ゲストの結婚式の服装!
上品に見えるコツ

 

カラーは、ネイビー・ダークグリーン・グレージュ

40代独身女性ゲストが結婚式の服装として選ぶドレスの色はどんな色が最適なのでしょうか。

一番のオススメは『ネイビー』です。ネイビーは、とても上品なカラーです。若年層や熟年層の女性が着ると地味になりがちな色ですが、40代のオトナ女子にはピッタリです。ネイビーは肌を白く見せ、誰にでも似合いやすく、着るだけで上品になってしまう効果があります。

落ち着いた中にもブラックよりは爽やかさや華やかさも感じさせてくれるカラーで、品よく見せてくれます。また、締まり色であることから、華やかな席のドレスに選びがちなパステルカラーより着痩せ効果もあり、ちょっと気になりだしたカラダのお悩みもカバーしてくれます。

ネイビーはパールなどとも相性が良く、さりげなくパールなどをあしらったデザイン性高いドレスならフォーマル度アップ。長めの丈を選べば格式高い結婚式にも安心して着ていけます。更に、黒やベージュ、シルバーなど様々な色と合わせやすいので、コーディネートしやすいのも人気のポイントです。40代女性ゲスト結婚式のお呼ばれ服装の定番カラーと言っても過言ではないでしょう。

ダークグリーンのドレスもネイビー同様、大人の女性にしか着こなせないエレガントなカラーです。

また、効き慣れないかも知れませんが、グレーとベージュの中間色であるグレージュのドレスもオススメです。品の良さはピカイチで大人の女性の演出には最適です。

ちょっと個性的にしてみたいと思うのなら、大人っぽい深みのあるバイオレットもアリです。ただ、着こなし次第では、下品になってしまいますので難しいお色でもあります。

カラーは、ハッキリとした明るいものよりも、落ち着いたトーンの上品な色合いのドレス、深みのある気品の溢れる印象のモノがオススメです。

 

カラーとデザインのバランス・素材・人気はエレガント系

最近の40代女性は、オトナ女子という言葉がピッタリハマってしまう位、かなり若い雰囲気の方がほとんどです。

可愛いモノが好きな女性も多く、40代女性の結婚式お呼ばれ服装選びにも可愛いけど子供っぽくならない上品なオトナ可愛い系のドレスを…という方もいらっしゃいますよね。

そのポイントは、バランスです。カラーは落ち着いているけど、ディティールが可愛いとか、可愛い目のカラーだけど明るすぎず、少しトーンを落としたものなど。40代オトナ女子の上品さを大事にしたドレス選びの鍵は、肌の露出が絶妙であることや可愛い要素のパーセンテージです。

デザイン性としては、ウエストシェイプがスタイルを良く見せてくれるのでオススメです。また、フォーマルのベーシックカラーであるブラックのドレスはレースとの相性が抜群、素材にこだわるなどセンスの見せどころです。

フォーマル感+さりげない甘さのあるデザインは40代女性が結婚式のお呼ばれ服装を選ぶポイントと言えるでしょう。

レース素材やシャンタン素材、シフォン素材、オパール加工などは、エレガントな40代の結婚式の服装にはピッタリです。上品さを演出してくれます。さらに、大人だからこそ似合う、品格とセクシーなイメージを併せ持ったドレープデザインもとても素敵ですし、体型カバーにはふんわり袖デザインなど、気になる二の腕をカバーしてくれるものも人気です。

40代独身女性が結婚式のお呼ばれ服装として人気のフォーマルドレスはエレガント系・上品可愛い系・シンプルクール系の3つです。

何と言っても人気なのは、エレガント系。ひざ下、やや長めの丈のAラインのスカート、スタイルを良く見せるハイウエストデザインがオススメです。

徹底的にシンプルなドレスを着たいという方は、濃いネイビーや黒の余計な装飾なしのIラインドレス、アクセサリーなど小物遣いで華やかさをプラスしましょう。

 

和装は振袖・色留袖・訪問着

未婚の女性が、和装で結婚式に出席する場合の正礼装は振袖です。振袖には大振袖・中振袖・小振袖があり、中でも大振袖が最も格が高いものです。

とは言え、振袖といえば成人式のイメージも強く、若い世代の方が着るものであり、40代で着るのにはちょっと抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合、40代女性が結婚式のお呼ばれ服装として着物を選ぶ際、親族なら色留袖、友人の結婚式なら訪問着を選ぶのが適しています。

ドレスのピンクは躊躇してしまっても着物ならパステルカラーにもチャレンジできます。ブルーパープル、サーモンピンクなど淡い色合いは日本人の肌にとても似合う色です。

 

いかがですか。以上が40代の独身女性ゲストを上品に見せる結婚式お呼ばれファッションです。折角のオトナ女子、若い世代の女性にはできないエレガントな魅力で周囲を魅了してしまいましょう。上品な配色や美しいシルエットにこだわった素敵なドレスで、大人のフォーマルを演出したいものです。

ポイントとなるのは、上質のモノを選ぶこと。最近ではパーティードレスなど普段使いのものでないアイテムは格安のモノで…という方も多いようですが、そこが差のつけどころです。ペラペラ生地やミニ丈ハデ色で着飾るのは決して上品ではありません。せっかくの人生経験がムダになってしまいます。

40代の大人の女性が結婚式にお呼ばれするなら、服装も品格を大事にしてこそオシャレというものです。

まとめ

40代女性の結婚式のお呼ばれ服とは

・カラーは、ネイビー・ダークグリーン・グレージュ
・カラーとデザインのバランス・素材・人気はエレガント系
・和装は振袖・色留袖・訪問着


連記事