結婚式の服装☆親族ゲストにおすすめのスタイル集

結婚式の服装☆親族ゲストにおすすめのスタイル集

結婚式の服装親族であれば、いつもよりも様ざまな気遣いがあります。通常の結婚式なら単純なゲストとしての参列ですから、基本的なマナーは押さえるものの、女性ならば華やかに楽しんでドレス選びができます。

一方結婚式の服装で親族が難しい点は、媒酌人や主賓の方々、できれば通常のゲストの皆様よりも控えめなスタイルを選ぶところではないでしょうか。結婚式の服装は親族の場合、基本的に「迎える側」として、ゲストを立てなければなりません。

両親であれば正装、黒の留袖とお決まりのスタイルがありますから、新郎新婦や相手親族と相談するくらいで、さほどの悩みどころはありません。けれども特に気になるのは、兄弟姉妹の立場です。

そこで今回は兄弟姉妹の結婚式に参列するケースを中心に、結婚式の服装で親族ゲストが気にしたいマナーおすすめのスタイルをお伝えします。せっかくの兄弟姉妹の晴れの舞台、本記事を参考に堂々と参列してください!



 

結婚式の服装☆
親族ゲストにおすすめのスタイル集

 

結婚式の服装で親族が選ぶ和装


結婚式の服装で親族が「間違えのない」スタイルを目指すならば、やはり和装はおすすめです。特に30代以上の既婚の姉妹の場合なら、正装なら黒留袖準正装なら訪問着を選ぶと安心です。

【 結婚式の服装、親族の和装 】

★ 20代の未婚の姉妹の場合 …

結婚式の服装で親族が和装を選ぶなら、20代の未婚女性なら訪問着がおすすめです。控えめな色合いながら、品のある桜色や露草色などのパステル調の淡い色合いだと、好印象です。

準正装ではありますが、姉妹であれば問題ありません。ただし華やかすぎる大振袖は結婚式の服装を親族が選ぶ場合に限っては避け中振袖を目安にします。

 

結婚式の服装で親族が選ぶ洋装


結婚式の服装は親族でも、兄弟姉妹ならば洋装が多いです。特に男性は、新郎新婦や両親が着る正装の次の格式である、準正装の場合には洋装がメインです。

【 結婚式の服装、親族の洋装 】

★ 兄弟の場合には、準正装のケースが多いです。正装でも新郎新婦やご両親が正装であれば問題はないのですが、より控えめなスタイルを選ぶ必要があります。

・ ダークスーツに白いシャツ、ネクタイは白もしくはシルバーが多いです。

★ 姉妹でも準正装のケースが多いです。正装の場合には既婚者が黒留袖未婚者だと色留袖の和装だと安心です。準正装の場合はコチラ…。

・ ブラックや濃紺のフォーマルワンピースやドレス、若しくは訪問着

結婚式の服装で親族が洋装を選ぶ場合、やはりその華やかさの具合が難しいところです。一般的な友人知人としてのゲストドレスとは別に、親族用の服装を用意する人が多いです。

 

カジュアルウエディングでの洋装スタイル


ここまで、昔ながらの結婚式の服装、親族のマナーを伝えてきましたが、カジュアルウエディングになると、少し感覚が変わってきます

【 カジュアルウエディングの場合 】

★ 新郎新婦に相談して格式を揃える

レストランウエディングの場合には、新郎新婦が正装ならば親族も正装で、準正装ならば準正装で揃え、新郎新婦や両親よりも控えめなスタイルであれば大丈夫です。

最近のカジュアルウエディングは、キャンプ場民間の庭を利用したカジュアルすぎるものも多くなりました。このような場所では逆に正装では浮いてしまいますから、TPOに合わせるためにも、一度確認する必要があります。

 

親族だから意識したい服装マナー


知人や友人ゲストであれば、冠婚葬祭の服装マナーでも多少グレーの部分に触れることがあっても、何かと見逃してくれるケースが多いですが、同じ結婚式の服装も親族となれば、より基本マナーがチェックされます。

【 結婚式の服装、親族が意識したいマナー 】

★ バイカラーのワンピース

バイカラー、つまり2色使いのワンピースは「2つに分かれる」と言うことで避けられてきました。けれども最近ではあまり神経質にならない傾向があります。

・ 親族の場合は濃紺かブラックワントーンのワンピースが好ましいです。

★ 女性のスカート・袖丈に注意!

最近ではゲストドレスも膝丈スカートでの参列も増えています。時には肩出しの女性も見受けられますが、あまり露骨な露出でなければ見過ごされる場合もあります。

・ 親族の場合は、スカートは膝下丈を、肩出しはNGなのでストールやボレロで肩は必ず隠します

このように親族だからこそ、基本的な服装マナーは厳守すると安心です。その他、ヒョウ柄などの動物柄やファーは人工物でも殺生を連想します。まず「品の良いスタイルで」を忘れずにドレス選びをしてください。

 

結婚式の服装で親族が選ぶ足元マナー


結婚式の服装で親族が気にしたいマナーは、足元まで及びます。和装ならばお決まりのぞうりなどがありますが、やはり細やかな心遣いが必要になるのが洋装です。

【 結婚式の服装、足元マナー 】

★ 女性の足元はつま先やかかとの隠れたパンプスが基本。つま先やかかとが見えるミュールなどは通常ゲストでもNGです。

★ 男性の足元は、黒の靴下と黒の靴が基本。会場の格式などによるTPOがありますので、基本的な式場でしたら、シンプルな飾りのないタイプだと安心です。

さらに女性のパンプスはヒールがあまり太すぎるものだと、カジュアル感が強くなってしまいます。

 

結婚式の服装での親族のヘアスタイル


時々特に手伝いなどで何かと忙しい場合、親族の服装で兄弟姉妹が手を抜いてしまうミスがあるのが、ヘアスタイルです。余裕を持って準備が出来れば、多くのケースで美容室で全てを済ませますから、問題ないのですが、忙しい場合に抜けてしまいがちです。

【 結婚式の服装で親族におすすめのヘア 】

★ 女性はアップスタイルを基本に

・ 20代の姉妹で未婚の場合など、若い場合にはハーフアップも問題ありません。またアップスタイルでも高めのものを選ぶ女性が多いです。

・ 30代以降の姉妹や既婚の場合なら、低めの位置でのアップスタイルだと安心です。

着付けなどを自身で行う人々も増えてきました。そんな時は特にヘアスタイルへの入念なチェックが必要ですが、最近ではアップが自分で簡単にできるアイテムなどが、ソニプラなどの雑貨屋で販売されています。賢く利用してください。

 

結婚式の服装、親族の気遣い


ここまで簡単に結婚式の服装を親族が選ぶ場合のマナーや、注意事項を伝えてきました。それでもより細かな部分を意識しておくと、全ての世代のゲストに失礼のないスタイルが完成します。

【 結婚式の服装、親族の気遣い 】

★ ネイルを控えめにする。

最近人気のネイルですが、姉妹として参列するならば、控えめなデザインを選びます。フレンチネイルなど、シンプルで気品のあるものだと、好印象です。

★ ストッキングはベージュの無地だと安心

友人知人としてのゲストならば、最近では足元に少し飾りがあしらわれたものなども許容範囲になりましたが、親族として参列するならば基本のベージュ無地だと安心です。

結婚式の服装は親族の場合、細部まで注意事項があり面倒だと感じるかもしれません。けれども「控えめに」を念頭に入れておくと、おのずと答えが出てきます。

 

兄弟姉妹を中心として、親族が結婚式に参列する際に、押さえておきたい服装マナーと、おすすめのスタイルはいかがでしたでしょうか。こうして細かく並べていくと、非常に難しく感じるものです。

そのため家で統一している家系もあります。例えば既婚女性は黒留袖未婚女性は訪問着、と言った具合です。確かに和装をチョイスすれば、洋装ほど選択の幅が広くなくなりますので、必然的に失敗も少なくなります。

また、結婚式の服装は親族の場合、新郎新婦と同じ衣装屋さんでレンタルできるサービスも多く見受けられます。特にご両親の服装は、新郎新婦とともにレンタルして、さらに着付けまでしてくれる式場は案外多いです。

ただし兄弟姉妹の場合には準礼装が多いので、この機会に揃えておくと、まずほかの結婚式でも間違えのないスタイルで参列ができます。本記事を参考に基本のマナーを押さえつつ、品のあるゲストドレスで、美しく参列しましょう!

 

まとめ

親族、特に兄弟姉妹の結婚式に参列する場合の、基本マナー

・30代以降の既婚者なら黒留袖、20代の未婚者なら訪問着が安心
・準正装なら男性はダークスーツ、女性はフォーマルワンピース
・最近人気のカジュアルウエディングなら、TPOに合わせて
・スカート丈が膝上のドレスや、バイカラーは避ける
・男性は黒靴下に黒い靴、女性はつま先の見えないパンプス
・ハーフアップも可能ですが、アップスタイルだと安心
・ネイルはシンプルなデザインを。ストッキングはベージュ無地で