結婚式の余興におすすめ☆ゲストを巻き込むアイデア集

結婚式の余興におすすめ☆ゲストを巻き込むアイデア集

結婚式の余興でおすすめがあれば、頼まれたゲストも頭を悩ませずに済みます。結婚式の披露宴の演出でもある余興。新郎新婦の友人や会社の同僚が会場を盛り上げる、メインイベントでもあります。

結婚式の余興でおすすめと言えば、音楽や映像を使った編集系の出し物や、ダンスなどのステージ系の出し物など、いろいろと楽しい演出が思い浮かびます。けれども、今まで一度も経験がないならば、突然の依頼に思いつかない人もいるのではないでしょうか?

そんな時には、ゲストも巻き込む結婚式の余興がおすすめです。皆が参加する出し物は、会場が盛り上がりやすいのです。ゲストの皆さんがプレッシャーを持つことなく、簡単に参加ができる結婚式の余興がおすすめ!新郎新婦やゲストの方も喜び、楽しんでくれたら嬉しいでしょう。

そこで今回は披露宴で、ゲストの皆さんを巻き込む参加型の結婚式の余興、おすすめアイデアをご提案します。



 

結婚式の余興におすすめ☆
ゲストを巻き込むアイデア集

 

何が引かれるかドキドキ「くじ引きゲーム」


結婚式の余興でおすすめは、ゲームです。この項では多くのゲーム余興のなかでも、比較的簡単な、「くじ引きゲーム」をお伝えします。

【結婚式の余興でおすすめ!くじ引きゲーム】

①「着物の人」「赤いネクタイの人」「AB型の人」「6月が誕生日の人」などのゲストの中に当てはまる人が居そうな質問を書き、くじ引きBOXに入れておきます。

②余興担当者の合図をもとに、新郎新婦が1枚ずつくじを引いていきます。

③最後に数名が残るまで続けていきます。

④最後に残った数名には景品を用意します。

⑤新郎新婦から手渡してもらうゲームです。

簡単なゲームですが、事前の準備にも時間や手間をかけることがないのも結婚式の余興におすすめの理由です。また会場内の全員がゲームの該当者!次に何が引かれるかドキドキしながら楽しい時間が過ごせます。

準備する時間が少ない方にも、結婚式の余興におすすめです。

【くじ引きゲーム進行のポイント】

・ゲームの初めは、ゲスト全員にその場に立ってもらい、読まれたくじの内容に該当しない人は座るように進めていくと良いでしょう。

最後まで残った強運な人がわかりやすいのでおすすめの方法です。

 

指名して「あいうえお作文」


こちらも結婚式の余興でおすすめのゲームのひとつ、「あいうえお作文」です。ゲームと言うよりは、即興かもしれません。

【結婚式の余興におすすめの、「あいうえお作文」】

①テーブル毎にチームに分かれて参加をしてもらいます。

②あいうえお作文とは、頭文字となる一文字をテーマとして出題します。

③下に続く文章を考えてもらうゲームです。

テーマの選定は、新郎新婦の名前やお祝いのメッセージなど、二人の結婚式にまつわるものなら、さまざまなものが考えられます。

【あいうえお作文進行のポイント】

・頭文字の数は新郎新婦も含めて、ゲストのテーブル数に合わせると進行がスムーズなので、事前に確認しておくことをおすすめします。

テーブル毎にチームを組むので、会場内に一体感が生まれるおすすめの余興です。あいうえお作文が完成したら、色紙に筆ペンなどで書いて、新郎新婦にプレゼントをすると喜ばれます。

 

新郎新婦と一緒に撮れる「フレーム写真」


結婚式の楽しみの一つに、新郎新婦と一緒に撮れる写真撮影があります。でも実際は進行などの都合から、写真をゆっくりと撮れる時間が取りづらい場合が多いでしょう。新郎新婦は写真を撮ることができないケースが多くあるのです。

そこで結婚式の余興でおすすめは、新郎新婦と一緒に写真を撮る!「フレーム写真」です。特に写真が好きな新郎新婦の結婚式の余興におすすめです。

【結婚式の余興でおすすめ、「フレーム写真」】

用意するもの:

・チェキなど、すぐにプリントができるカメラ
大きめのフレームになるもの

進行のしかた:

①新郎新婦と一緒に各テーブルを回ります。

フレームを各テーブルの、どなたかに持ってもらいます。

③写真を撮っていきます。

④最後のテーブルを回り終えます。

⑤撮った写真をアルバムに収めたり、色紙に貼ります。

⑥結婚式の良い想い出としてプレゼントをしましょう。

ただし、新郎新婦が再入場する際のテーブルラウンドの演出として、フォト撮影をすることがあるので、演出が重なることが無いように事前に確認することをおすすめします。

フレームは写真を撮る際に、一番前に来る人に持ってもらいます。そのため、フレームは軽いものがおすすめです。段ボールなどにお祝いのメッセージを書いたものや、カラフルにペイントしたものだと華やかになりますよ。

結婚式の余興でおすすめですが、各テーブルを周ると意外に時間がかかります。事前に時間の確認を取りつつ、速やかに次のテーブルへ移動をするように注意をしましょう。

 

懐かしい!?「クイズ100人に聞きました」


ゲストを巻き込む結婚式の余興でおすすめは、クイズもあります。中でも会場が盛り上がるクイズが、高視聴率で人気だったテレビ番組「クイズ100人に聞きました」。ゲストの方の中には、テレビで見ていた方も多くいらっしゃるのでないでしょうか。

【結婚式の余興でおすすめ、「クイズ100人に聞きました」】

準備は、新郎新婦のお色直しの時間帯などを使います。

②ゲストの方々に新郎新婦に関する簡単な質問に答えてもらいます。

③1位から10位までを余興の時間までにまとめます。

④この結果を、回答者に答えてもらうゲームです。

【クイズ100人に聞きました、進行のポイント】

・回答者は新郎新婦になってもらっても良いでしょう。
・新郎側と新婦側にゲストを分けて、それぞれ違う質問に答えてもらい、ゲストに回答者になってもらう演出も盛り上がります。

少数意見を答えてくれたゲストの人には、「なぜそう思ったか」などを、直接インタビューしても面白い演出となるのでおすすめです。番組で使用されていた「回答する際の音楽」があると臨場感が出るので、事前に用意しておくと良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。結婚式の思い出の1ページになる余興の時間は、新郎新婦にも出席したゲストの方々にも楽しんでもらえるものにしたいもの。ゲストを上手く巻き込めるような出し物は、会場内に一体感が生まれ、賑やかに盛り上がりやすいので結婚式の余興でおすすめです。

結婚式当日は、さまざまな進行や演出があるので、新郎新婦は出席してくれたゲストの方々と会話を楽しんだりする時間が少ないでしょう。結婚式の余興でおすすめのクイズやゲームは、少ない時間を使って新郎新婦とゲストが繋がることが出来る魅力もその理由のひとつです。

本記事の結婚式の余興におすすめのアイデアは、良い想い出として記憶に残すことが出来るものばかりです。

年齢や性別を問わず、ゲストの方に参加してもらいやすい、結婚式の余興におすすめのアイデアをご提案しました。内容を新郎新婦向けにアレンジしたり、司会の即興で盛り上げたり、会場を巻き込んで新郎新婦を盛り上げてください。

 

まとめ

初めてでも大丈夫!披露宴を盛り上げる余興アイデア

・準備も進行も簡単!「くじ引きゲーム」で会場を巻き込む
・テーブルを指名した「あいうえお作文」で盛り上がる
・写真好きな新郎新婦には「フレーム写真」の余興を!
・「クイズ100人に聞きました」を披露宴アレンジで余興!