結婚式のスピーチ☆友人向けの基本例文~おススメ7選~

結婚式のスピーチ☆友人向けの基本例文~おススメ7選~

結婚式のスピーチを友人から頼まれたものの、何を話したらいいのか困ってしまったという経験はありませんか?ただ友人との思い出の話しをすればいいのであれば、いろいろ話ができるのかもしれません。

でも、友人達だけではなく、結婚式で、新郎新婦のご両親や親族の前で、友人を代表してスピーチをするのですから、おもしろいだけのふざけた話をするわけにはいけません。

何を話したらいいのだろう、逆に、何を話してはいけないのだろうかと頭の中でぐるぐる考えてしまうことでしょう。

例文があれば、基本の文脈に、それぞれのオリジナルストーリーを加えて、スピーチ原稿を簡単に作ることができるのではないでしょうか。

そこで、今日は、「結婚式のスピーチ☆友人向けの基本例文~おススメ7選~」をご紹介します。



 

結婚式のスピーチ☆
友人向けの基本例文~おススメ7選~

 

新郎の学生時代の友人のスピーチ


ただいまご紹介に預かりました○○と申します。○○君、○○さん、ご結婚おめでとうございます。並びに、○○家、○○家のご両家の親族の皆様、本当におめでとうございます。

私は○○君の高校時代からの友人で、出会って○年が経とうとしています。○○君は、本当に成績優秀で、第一志望の○○大学に現役合格されました。

就職活動の時も、みんなが四苦八苦している中、今お勤めされている○○会社からさっさと内定をもらってきたのです。

でも彼の本当に凄いところは、その優秀さを鼻にかけたようなところがないのです。嫌味がないといいますか、飄々としていて、偉ぶるところがないのです。

そんな○○君から○○さんを紹介された時はびっくりしました。○○さんがとても美人で、優しそうな、素敵な女性だったからです。

でもそれ以上に驚いたのは、○○君です。こんなにも得意そうで、自慢そうな○○君を見たのは初めてだったのです。○○さんという素晴らしい伴侶を得られた○○くんは、更なる飛躍を遂げられることでしょう。

○○君、○○さん、本日は本当におめでとうございます。どうぞ末永くお幸せに。みなさまご静聴ありがとうございました。

 

新婦の学生時代の友人からのスピーチ


本日は、お日柄もよく、新郎・新婦ならびにご両家、ご親族のみなさま、誠におめでとうございます。心より、お祝い申し上げます。

新婦の大学時代の友人で○○と申します。私たちは仲良し○人組でした。○人で大学の帰りによくお茶をしたよね。旅行にも行ったよね。もちろん、勉強もいっぱいしたよね。

○○ちゃんはみんなよりも一足先に結婚することになるのだけれど、結婚しても今までどおり遊び友達でいてください。また○人でランチをしようね。

○○さん、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、許してくださいね。○○ちゃん、○○ちゃんの幸せそうな花嫁姿を見ていると、少し涙がでてしまいました。とってもきれいだよ。おめでとう。

○○さん、○○ちゃんのことをよろしくお願いします。つたないスピーチですが、お祝いの言葉とさせて頂きます。本日はお招き頂きましてありがとうございました。

 

新郎の職場の友人からのスピーチ


○○君、○○さん、ご結婚おめでとうございます。そして、ご両家の皆様、本日は本当におめでとうございます。このような素晴らしいお席にご招待いただきまして、誠に感謝申し上げます。

ご紹介いただきました、○○君の会社の同僚の○○です。会社では、○○君はいつも明るく一生懸命に仕事に取り組んでいて、きちんとやり遂げることのできる、本当に優秀な人です。

時には、みんなが寒くなってしまうような、親父ギャグを言ってしまうこともありますが、それはご愛嬌です。○○君、こんなに笑顔が素敵で、かわいらしい○○さんと結婚するなんて、本当によかったなぁ。

そして今後は家族ぐるみでお付き合いをしていただければうれしいです。よろしくお願いします。最後になりましたが、○○さん、○○さん、末永く幸せなご家庭を築いて下さい。

簡単ではありますが祝辞に代えさせていただきます。

 

新婦の職場の友人からのスピーチ


○○さん、○○さん、ご結婚おめでとうございます。そして、ご両家の皆様、本日は本当におめでとうございます。このような素晴らしい結婚式で、二人の幸せそうな晴れ姿をみることができて、私まで幸せな気分になっています。

スピーチは得意ではないのですが、○○さんのために、この役を全力で努めたいと思います。私は新婦の会社の同僚で、○○と申します。

○○さんと私は同期入社でした。同じ同期の中でも、○○さんとはとても気があって、仕事の帰りやお休みの日に食事に行ったり、映画を見に行ったりしていました。

会社での○○さんは、とても明るくて、優しくて、みんなのオアシス的な存在です。そして、どんな大変な仕事もテキパキとこなすしっかり者です。

そのように、優しく、しっかり者の○○さんのことですから、これからの新生活でも○○さんのことをしっかりと支え、温かい家庭を築かれることでしょう。

では最後に、もう一度、お祝いをのべさせてください。本日は本当におめでとうございます。

 

新郎・新婦の共通の友人からのスピーチ


○○君、○○さん、そしてご両家の皆様、本日はおめでとうございます。このような盛大な披露宴に仲間と共にお招きいただき、感謝しております。

私は、○○と申します。○○君、○○さんと同じ大学の○部に所属していました。お二人には事前に承諾をいただいたので、今日は二人の馴れ初めをお話ししたいと思います。

お二人の出会いは○年前の春。二人が大学に入学し、このサークルに入部して、二人は出会いました。初めて会った時から二人はお互いが気になる存在だったようです。

それで○○君の方から積極的にアプローチして、交際が始まりました。サークル内で二人はいつも仲がよく、本当に羨ましいくらいにお似合いのカップルでした。

そのお二人が今日こうして結婚させることになって、サークルの仲間一同、本当に嬉しく、喜んでいます。どうかこれからも二人で手をとりあって、仲良く、歩んで行って下さい。

本日は、お招きいただき、本当にありがとうございました。

 

新郎・新婦の共通の会社の友人からのスピーチ


本日は、お日柄もよく、新郎・新婦ならびにご両家、ご親族のみなさま、誠におめでとうございます。心より、お祝い申し上げます。

私は、○○君と○○さんの勤めている○○会社に在籍している○○と申します。○○くんとは同期だったので、大変親しくさせていただいていました。

ですが、二人が付き合っているということは、二人から結婚の報告を受けるまで全く知りませんでした。私だけではなく、職場の人間はみな知らなかったのです。

○○くんと○○さんが、二人で相談して、仕事場で他の人に気を遣わせてしまったりするのはよくないのではないか、仕事とプライベートをきちんと分けたほうがいいのではないかという結論に達して、結婚が決まるまでは誰にも公表しないと決めていたそうです。

○○くん、○○さん、もう何も気を遣わなくていいので、二人の仲のよさをどうぞ見せ付けてください。お二人の幸せを見せていただいて、私も早く幸せになれるように頑張りたいと思います。

簡単で恐縮ですが、これをもちまして私の祝辞とさせて頂きます。本日は誠におめでとうございます。

 

新婦の親友からのスピーチ


○○さん、○○さん、ご結婚おめでとうございます。この素晴らしい結婚式で、お二人の幸せそうな晴れ姿を見ることができて、とても嬉しく思います。

ただいまご紹介いただきました新婦の友人の○○です。私は普段○○さんのことを○○ちゃんと呼んでいます。どうも言い慣れない呼び方をしていると、緊張してしまうので、いつものように○○ちゃんとよばせてください。

改めまして、○○さん、○○ちゃん、結婚おめでとう。○○ちゃんは、私が落ち込んでいる時、いつも傍にいて、私の話を聞いて相談にのっていてくれていたよね。

私が失敗した時も、次は大丈夫だよって応援してくれていたよね。いつもありがとう。私はいつも○○ちゃんの笑顔に支えられていたように思います。

きっと、○○さんも、○○ちゃんの笑顔に支えられているのだと思います。○○さん、○○ちゃん、本当におめでとう。どうかお二人で力をあわせて、温かい家庭を築いていってください。

お二人の幸せを心からお祈りしまして、私のご挨拶と致します。本日は、お招きいただき、ありがとうございました。

 

いかがでしたでしょうか。

「結婚式のスピーチ☆友人向けの基本例文~おススメ7選~」をご紹介しました。スピーチの基本構成例は、

(1)招待のお礼と祝辞
(2)自己紹介
(3)新郎新婦とのエピソード
(4)新郎新婦への激励、はなむけの言葉
(5)締めの言葉

となります。これらを2~3分の内容にまとめましょう。

結婚のスピーチでしてはいけないことは、「自分の自慢話や宣伝をしない」、「暴露話や過去の恋愛話をしない」、「ふざけ過ぎない」ということです。

そして、何よりも大切なのは、心のこもったスピーチをするということです。どうか、あなたのスピーチが、花嫁・花婿の心に残る結婚式の花を咲かせますように。

 

まとめ

結婚式のスピーチ☆友人向けの基本例文~おススメ7選~

・新郎の学生時代の友人のスピーチ
・新婦の学生時代の友人からのスピーチ
・新郎の職場の友人からのスピーチ
・新婦の職場の友人からのスピーチ
・新郎・新婦の共通の友人からのスピーチ
・新郎・新婦の共通の会社の友人からのスピーチ
・新婦の親友からのスピーチ