結婚メッセージで祝福を☆新郎新婦の心をくすぐるポイント

結婚メッセージで祝福を☆新郎新婦の心をくすぐるポイント
結婚メッセージで新郎新婦を祝福する時は、新郎新婦の心に残るようなものにしたいですよね。

しかし、失礼なことを書いてはいけないと注意をしすぎるあまり、結局文具店で販売されているメッセージカードに無難でありふれたメッセージを書いて渡すことになってしまうケースは多くあります。

最近ではカードを開くと、立体的に飛び出してくるものや音楽が流れるものなど、結婚メッセージ専用に作られたカードは工夫が凝らされているものが多いです。

もちろんそれだけでも可愛いのですが、市販されているカードをそのまま渡したり、一言だけ添えて渡すのでは、オリジナリティに欠けて新郎新婦の心をくすぐるには至りません。

結婚メッセージで、祝福の気持ちを相手に効果的に伝えたいですよね。それにはポイントがあるのです!そこで今回は、新郎新婦の心をくすぐる結婚メッセーの送り方を6つのパターンでお伝えします。



 

結婚メッセージで祝福を☆
新郎新婦の心をくすぐるポイント

 

思い出話を交える


結婚メッセージでポイントとなるのが、オリジナリティです。ありふれたメッセージでは他のメッセージと差別化できませんから、新郎新婦に忘れられてしまいます。

【 結婚メッセージ:エピソード 】

★ そこでおすすめなのが、送り主である自分と相手しか知らないようなエピソードを交えることです。

お祝いの言葉とあわせて、学生時代や小さい頃の心が和むエピソードを書けば、読んだ相手が懐かしい気持ちになり、心に残るメッセージになります。

 

偉人の名言の引用


お祝いを伝えたい気持ちは溢れるほどあるけれど上手く言葉にできない人は、結婚メッセージもうまくまとめることができないもの。

字面でのメッセージからは、そこに書かれている言葉以上の気持ちを汲み取ることは難しいため、よくわからないメッセージにしてしまうと新郎新婦が困惑してしまいます。

【 結婚メッセージ:偉人の名言 】

★ そこでおすすめなのが偉人の名言の引用です。名言というのは歴史上で数々の人の心に残ってきたもの!

「2人にこの言葉を贈ります」という言葉の後に、結婚をテーマにした偉人の名言をそのままメッセージカードに書けば、新郎新婦の心にも響きます。

 

歴史上の出来事ネタ


新郎新婦を祝いたい気持ちはあるけれども、これと言ったエピソードもない、もしくは、結婚メッセージに書くほどのエピソードがないという場合もあるかもしれません。

【 結婚メッセージ:歴史上の出来事 】

★ 新郎新婦が入籍した日、もしくは結婚式を挙げる日について、歴史上で起こった有名な出来事をネタとして盛り込むと面白いと思ってもらえます。

・ ここで注意したいのは、不幸な出来事や不吉な出来事は避けるという事!

何かがスタートした日やおめでたいことがあった日を書いて、この日は歴史上でも特別な日だという風に繋げば、キレイにまとまります。

 

好きなアーティストの歌詞の引用


新郎新婦に共通の好きなアーティストがいる場合には、そのアーティストの歌の中から、結婚や恋愛の歌を見つけて歌詞を結婚メッセージに引用すると思わず涙を誘います。

【 結婚メッセージ:歌詞の引用 】

★ 引用するということを伏せて歌詞を書くと、新郎新婦は読んでいる間に「聞いたことある言葉だな」と感じます。

・ アーティストが好きというのは、そのアーティストの考え方に共感しているという事なので、そのアーティストが書いた歌詞にも共感する可能性が高いのです。

また、最終的に自分たちが好きな曲の歌詞だと気づくことでサプライズ感を演出できますし、嬉しくて涙が出てしまう!なんてこともある程です!

 

ビデオレターを作る


結婚メッセージに手間ひまをかけて制作できるという人は、ビデオレターを贈ると新郎新婦に喜ばれます!

【 結婚メッセージ:ビデオレター 】

★ 2人の馴れ初めを調査して、友達たちと再現すると、新郎新婦が見て楽しめますし、2人の思い出がよみがえってくるため、何度でも見たいと思えます。

また、動画を制作するのは時間も手間もかかります。そのため、わざわざ自分たちのためにビデオレターを作ってくれたということ自体にも感動できるのです。

 

たくさんのメッセージをまとめる


結婚は一生に一度の晴れ舞台ですから、この時ばかりは祝福の言葉をたくさんもらいたいもの。そこで、結婚メッセージでお祝いメッセージをたくさんの人に書いてもらって集めてあげるのがおすすめ!

【 結婚メッセージ:たくさんあつめて! 】

★ ポラロイドで友人の写真を撮り、その写真にメッセージを書いてもらってアルバムにするのです!

写真とメッセージがセットになっていることで、いつ見ても視覚的にも楽しめますし、たくさんの人から色んなお祝いのメッセージがもらえることで新郎新婦も大満足なのです。

 

いかがでしたでしょうか。結婚メッセージの文例をネットや本で調べると、お固くてかしこまったメッセージばかりが目につきます。確かに正しくマナーを守ったメッセージは読み手の気持ちを害することがありませんし、失敗はしません。しかし、新郎新婦の心をくすぐることができるとそうとは限りません。

結婚する時にはたくさんの結婚メッセージをもらいます。似たようなメッセージの内容だと、一枚一枚丁寧に読んだとしても、誰がどのようなメッセージをくれたのか正直覚えられません。

しかし、自分だけのオリジナルの内容にすることで新郎新婦を楽しませることができるのです。今回解説した6つの結婚メッセージのパターンは、あくまでもアイディアの例です。

もちろん今回解説した通りに結婚メッセージを作ってもいいですし、ヒントにしてオリジナル要素を入れるのもいいもの!新郎新婦が喜ぶ顔を思い浮かべながら、メッセージを作成してください。

 

まとめ

新郎新婦に喜ばれる結婚メッセージとは

・他の人が知らない思い出話は感動を誘う
・心に響くような偉人の名言は新郎新婦の心に残る
・結婚記念日にあった歴史上の出来事を披露する
・新郎新婦が好きな歌の歌詞の引用は思わず涙
・2人の馴れ初めを再現したビデオレターは盛り上がる
・たくさんのお祝いメッセージはその量の分だけ嬉しい