結婚式の服装チェック【和装のポイント】

結婚式の服装チェック【和装のポイント】
結婚式に招待されたら、結婚式の服装として華やかなドレスやスーツもよいけれど、着物での参列も素敵かも…と思ったりすることがありますよね。けれど、結婚式の服装に着物を選ぶ際の決まりや作法などがわからずに、ついついドレスやスーツを選んでしまう、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

和装と言っても、女性の着物には何種類もあって、どれを選べばよいのかわからなかったりもしますし、男性が結婚式の服装として着物を着ている姿はあまり見かけません。そもそも男性ゲストが結婚式の服装に着物を選んでも大丈夫なのだろうかなど、何かとわからないことが多いのも事実です。

それでも、着物はなかなか着る機会が少ないものですし、結婚式の服装だからこそ和装を選びたいという方は実のところ多いことでしょう。

そこで、今回は結婚式の服装で和装を選びたいあなたに、気を付けるポイントについてお伝えします。



 

結婚式の服装チェック
【和装のポイント】

 

未婚女性のみが着ることができる振袖


振袖が未婚女性の着物ということをご存知の方は多いことでしょう。未婚なら、何歳になっても振袖を着て問題ありません

そんな振袖ですが、大振袖と中振袖、小振袖があります。それぞれ、袖の長さが異なっていて、着用するシーンも異なります結婚式の衣装として選ぶことができるのは、大振袖と中振袖になります。ちなみに、小振袖は現在では卒業式でしか使われなくなっています

ゲストとして結婚式に参列する場合は、中振袖を選ぶとよいでしょう。大振袖でも悪いことはないのですが、新婦が着用することもあり、結婚式の主役である新婦と衣装が重なってしまうのはよくありません。また、新婦がお色直しで和装をする予定がある場合は、色が重ならないように配慮するようにしましょう。

 

既婚女性は留袖を


未婚女性が振袖ならば、既婚女性は留袖を結婚式の服装として選ぶことができます。留袖には黒留袖と色留袖があり、黒留袖は新郎新婦の親族の既婚女性が着用する結婚式の服装になります。友人の結婚式のゲストとして招待された時には、既婚女性でも黒留袖を着ることはできませんので注意してください。

ゲストで招待された既婚女性は、色留袖を選びましょう。黒留袖には紋がありますが、色留袖にも紋をいれると格式があがるので結婚式の服装として選ぶと良いでしょう。ただ、5つ紋を選ぶと格式が高くなりすぎて気楽に着ることができなくなってしまうということもあり、3つ紋や1つ紋の色留袖を結婚式の服装に選ぶ方が多いです。このように、留袖を着用する場合、正式な家紋でなくてもよいので、紋の入っているものを選びましょう。

色留袖は既婚女性の着物として紹介しましたが、未婚女性でも選ぶことができます。未婚だけれど、年も年だし振袖はちょっと…という方は、色留袖を結婚式の服装に選んでみてはいかがでしょうか。

 

万能な訪問着


色留袖も女性ならば未婚でも既婚でも着ることができると紹介しましたが、訪問着も同じように未婚、既婚ともに選ぶことができます。着ることができるシーンも広く、結婚式の服装としてだけでなく、お茶会やパーティーなどでも活躍してくれます

色留袖と訪問着は似ていますが、色留袖は裾の方のみ模様があり、訪問着は上半身にも模様があります。訪問着も紋を入れることにより色留袖と同格になりますが、様々なシーンでの着用を考えて紋を入れないという人も多いです。

柄や色も幅が広いので、結婚式の服装として選ぶ際には、華やかな模様のものを選びましょう。また、年齢が上の人ほど落ちつた色合いの訪問着を選んでください

 

男性ゲストの結婚式の服装としての和装


結婚式で男性の和装というのは新郎以外なかなか見かけませんが、男性ゲストが和装を結婚式の服装に選んではいけないということではありません

男性が結婚式の服装として和装を選ぶときの基本は羽織袴になります。ただ、結婚式で袴と聞くと黒い羽織袴を想像するかもしれませんが、黒い羽織袴は新郎や新郎新婦の家族などが着用するものになるので、ゲストではダークカラーの羽織袴を選びましょう

無地ではなく、模様のはいった羽織袴を結婚式の衣装にしたいという方もいるかもしれませんが、派手すぎる色や模様は、主役である新郎新婦よりも目立ってしまいます。それは礼儀に反することになるので、派手すぎるものは選ばないほうが無難です。

男性の羽織袴でも、結婚式の服装では紋付のものが好ましいですが、女性の場合と同様に3つ紋や1つ紋のものが、格も高すぎずにちょうどよいと言われています。

 

いかがでしたか。女性は和装も結婚式の服装の候補にあがるでしょうが、男性はスーツが第一候補になる人が多いことでしょう。ですが、男性でも、一度和装で結婚式に参列すれば、次からは着物を着ることへのハードルも下がり、結婚式の服装選びの幅が広がることでしょう

女性は未婚・既婚で着ることができる着物が違ったりと、しきたりがあるものなので、これから仕立てたり購入する予定があるならば、未婚でも既婚でも礼装として使うことができる訪問着を選ぶと、結婚式の服装としてだけでなく、様々なシーンで使うことができます

取っつきにくいイメージのある和装ですが、結婚式の服装として選べば、結婚式を彩り、華やかにすることができます。主役の新郎新婦より控えめにするなど格式もありますが、ぜひ和装を結婚式の服装に選んで、新郎新婦の新たな門出を祝ってあげましょう。

まとめ

結婚式の衣装に和装を選ぶなら

・未婚女性は振袖を選ぼう
・黒留袖は新郎新婦の親族のみ、ゲストは色留袖を選ぼう
・訪問着や色留袖は、未婚でも既婚でも着ることができる
・男性が和装を選ぶなら、ダークカラーの物を選ぼう
・男女ともに、主役の新郎新婦より目立たないようにするのが鉄則