結婚記念日のプレゼントで夫を超びっくりさせる7つのアイデア☆

結婚記念日のプレゼントで夫を超びっくりさせる7つのアイデア☆
結婚記念日は二人で生きることを誓った、大切な日ですね。1年ごとに、夫婦の節目として素敵な時間を過ごしたいものです。

そんな日には、将来振り返った時に語り合えるようなプレゼントを、夫婦お互いに贈り合えていたら、さらに思い出深い記念日になるはずです。

とは言え、毎年のことですし、女性と違って男性は記念日にあまりこだわらない・・・なんて、少し寂しい意見もあるようです。

そこで、夫婦にとって大切な日のために「結婚記念日のプレゼントで夫を超びっくりさせる7つのアイデア☆」をご紹介します。

年に1度、夫婦だけの大事な記念日です、ご主人への愛情と感謝を込めながら「ここまで思ってくれているんだ」と、驚いてもらえるような7つのアイデアを集めました。

簡単に活用できることから、思わず「へー、そうなんだ」と思えることまで、バラエティーに富んだものばかりですので、皆さんのシチュエーションにぴったりのアイデアを選んで、ご主人を驚かせてくださいね。



 

結婚記念日のプレゼントで
夫を超びっくりさせる7つのアイデア☆

 

1年目の結婚記念日なら


結婚してから1年目の記念日は、一般的に「紙婚式」と呼ばれています。「白紙の状態から紹介の夢を願う」という意味が込められていて、レターセット・アルバム・手帳など紙にまつわるものをプレゼントします。

1年間の感謝の気持ちを手紙に書いて渡す、というのが多いようです。手紙はちょっと照れくさい・・・という人は、アルバムがおすすめです。

最初のページには、1年間の中で皆さんが特に思い出に残っている二人の写真を貼っておきましょう。ご主人にプレゼントした時に「この先も、二人の写真でいっぱいにしようね」と、言葉を添えれば、ご主人もきっと驚きながらも喜んでくれますよ。

 

ウェディングケーキを食べよう


もともと結婚記念日をお祝いする習慣は、日本にはなく海外から広まったものでした。アメリカのちょっとおもしろい風習で、ご主人を驚かせてみませんか。

「ウェディングケーキを1年間保存して、1年目の結婚記念日に二人で食べる」というものです。これを実践すると「幸せな結婚生活を送ることができる」と言われています。

本場のアメリカでは、風習は知っていても実際にやっている人は少なくなっているみたいです。1年前の現物でなくても、このような話をしながらケーキカットの写真を見ながら、美味しいスイーツを食べて当時を思い出すのも、素敵な記念日の過ごし方ですね。

 

イギリス式をとりいれてみよう


結婚記念日の発祥の地であるイギリスにちなんだ、プレゼントでご主人を驚かせてみませんか。本来は夫から妻へプレゼントするものなので、奥様から渡されたらその分喜ばれますね。

1年目から15年目までは毎年あり、その後は5年おきです。65年と70年は飛ばして、75年が最後です。最初は若くてお金もないので、安くて軽いものから始まり、段々と高価で硬いものになります。

・1年目→紙婚式
・2年目→綿婚式
・3年目→革婚式
・4年目→花婚式
・5年目→木婚式

このような感じです。その年にちなんだプレゼントで「今年は何かな?」と期待が膨らめば、驚きも増えますよ。

 

シチュエーションに凝ってみよう


形に残るプレゼントではなく、シチュエーションに凝り、素敵な時間を過ごせるセッティングをするのも、ご主人には新鮮な驚きにつながるかも知れません。

結婚以前の思い出のデートコースをめぐる時間や、プロポーズを受けた場所を訪れる、なんていうのもありですね。「そう言えば、あんなことがあったよね・・」と、時間を経たことで当時のハプニングや失敗談も、笑いながら話せたりします。

多くの人に祝福されて結婚したあの日から、気持ちを新たに二人のこれからを語り合ってみてはいかがですか。

 

オリジナルの絵本を作ってみよう


結婚記念日を、二人の思い出で盛り上げてご主人を驚かせるのにぴったりのプレゼントがあります。オーダーメードの絵本です。自分たちの名前や、自分たちのなれそめを物語にしながら、二人が主人公として登場します。

ご主人に向けて、日頃の感謝の思いを託すメッセージも込めて作ると、直接は言いにくいことも伝わりますね。

オーダーメードの絵本は、究極のパーソナルギフトです。結婚記念日の節目に、お二人のこれまでを振り返る、驚きのプレゼントですよ。

 

お誕生日新聞


「お誕生日新聞」って、皆さん知っていますか?これは、毎日新聞の一面とテレビ欄を1日分として提供するプリントサービスです。A3サイズの紙に、両面印刷しています。

これを結婚記念日の日付を選んで、ご主人にプレゼントするのです。結婚式の幸せな日に起きた出来事を、紙面を通して二人で振り返ることができます。新聞には当時のニュースや広告など、時代が鮮明に映し出されています。

「この日に、こんなことが起きていたんだね。」と、二人の節目の日に思いを馳せる記念日になりますよ。

 

刻印のあるプレゼント


技術の進歩はすさまじいものです、アクセサリーに二人のイニシャルを刻むように、ガラス製品(ワインボトル、写真立てなど)にもメッセージを刻むことができます。

ワインボトルなら、ラベル部分に「~周年記念日、おめでとう!」などの言葉と、ご主人への感謝の気持ちを添えることもできます。

写真立てなら、その年の1番のお気に入りの思い出の写真を入れた横に、「本当に、楽しかったね」などのメッセージを刻みましょう。ご主人の驚く顔が浮かびますね。

 

いかがでしたか。

結婚して生活をともにすると、名前ですら呼ばなくなったりするご夫婦もいるかも知れません。照れくさい、恥ずかしいという気持ちからでしょうか。

ここでご紹介した「◇結婚記念日のプレゼントで夫を超びっくりさせる7つのアイデア☆」は、そんな皆さんが、ご主人をびっくりさせながら、お二人の人生のスタートであった結婚記念日を素敵に過ごせるお手伝いになるはずです。

どんな高価なものでも、気持ちのこもっていないプレゼントでは嬉しくはありませんよね。

この7つのアイデアの中で、お二人にぴったりのプレゼントを選んだあとは、「結婚式に誓ったように、これからもよろしくね」という皆さんの思いと、とびきりの笑顔をそえて、幸せな結婚記念日をお過ごし下さいね。

 

まとめ

結婚記念日のプレゼントで夫を超びっくりさせる7つのアイデア☆

・1年目の結婚記念日なら
・ウェディングケーキを食べよう
・イギリス式をとりいれてみよう
・シチュエーションに凝ってみよう
・オリジナルの絵本を作ってみよう
・お誕生日新聞
・刻印のあるプレゼント