新郎必見!自分に合うタキシードを選ぶ際に注意したい7つの点☆

新郎必見!自分に合うタキシードを選ぶ際に注意したい7つの点☆

結婚式のメインは、ウェディングドレス姿の花嫁だけではありません。二人の結婚式なのですから、新郎にもかっこよくキメてもらいたいものですね。

しかし、新郎は、仕事が忙しいこともあって、後で選んでも大丈夫、とのんびり構えてしまいがち。

そして、結婚式が近くなって、いざタキシードを探そうと思っても、なかなか気に入ったものが見つからなくて、結局、デザインもサイズも、選びようがなかった、とうことになってしまった例もあります。

タキシードにも、いろいろな種類がありますし、体型に合わせたものを探すことが大切です。そして、タキシード選びで失敗しないように、ドレスと同様、タキシードも早めに選ぶようにしたいものです。

今回は、新郎に似合うタキシードを選ぶ際に注意したい7つの点についてご紹介します。



 

新郎必見!
自分に合うタキシードを選ぶ際に注意したい7つの点☆

 

衣装選びは早めが鉄則です


レンタルのタキシードで済ませる場合は、早い段階で決めてしまうようにしましょう。

ブライダルシーズンなどで、結婚式場が込み合う時期は、ほとんどの新郎がタキシードをレンタルしようとしますので、自分にあうサイズがなかなか見つからない可能性もあります。

結局は、好みのタキシードを選ぶのではなく、サイズに合わせて選ぶしかなかった!ということにならないように、結婚式の日取りや会場が決まったら、すぐにでも衣装選びをはじめることをお勧めします。

また、式場のドレスコーナーに気に入ったタキシードがない場合は、タキシードなどの結婚式の衣装をレンタルしている専門のお店もあります。

専門店だけあって、式場で借りるよりも種類が豊富に揃っている場合がほとんどですので、上手に活用してみましょう。

 

必ず試着しましょう


タキシードは、見た目で素敵だと思ってみても、実際に着てみると、全く自分に似合わないことがあります。

必ず試着して選びましょう。チェックしなければならないポイントは、まずは、ショルダーラインです。肩のラインが落ちていないか、シワや引きつりなどが出ていないかをしっかり確認します。

そして、後ろ姿のシルエットもチェックしましょう。後ろは見にくいので、写真を撮ってもらったり、店員に確認してもらいます。変な引きつりやシワが出ていないか、ダブついていないかチェックしましょう。

また、腕を動かしたり歩いたりして、身体にしっかりフィットしているか、着心地をを確かめて下さい。袖丈は、ジャケットからシャツの袖が1センチほど覗いているのがベストな袖丈です。もし合っていないようなら、直してもらうようにしましょう。

 

ロングタキシードの場合


大きな教会や大会場での披露宴など、比較的広い場所を利用するときには、シンプルなタキシードでは少々新郎の存在感が薄れてしまいがち(主役なのに!)。

そう言う場合は、着丈の長く光沢のあるロングタキシードがよいでしょう。「タキシード」と聞くと、夜向きの意味合いが強く、昼間に着るのは不向きなのでは?と思われてしまうかもしれませんね。

ですが、ロングタキシードは、普通のタキシードよりも着丈が長く、日本で独自に生み出されたものなので、ショートフロックとも言われるほどほとんどタキシードの原型を留めていないデザインです。

ですから、タキシードのような夜の準正装ではなく、着用できる時間帯の決まりがない、カジュアルな雰囲気の礼服です。ロングタキシードは、シルバーやゴールドといった、とても華やかで人目を引くものがたくさんあるのが特徴です。

 

フロックコートについて


昼間行われる挙式に、ロングタキシードを着ることに抵抗がある場合は、フロックコートがオススメです。フロックコートは、昼の時間帯に着用される男性の伝統的な正礼装ですので、全く問題はありません。

最近は、挙式に使うときはショートフロックコート、披露宴ではロングタキシードというように使い分ける方もたくさんいます。昼間の正装スタイルには、フロックコートのほかにモーニングコートもあります。どちらもOKですが、違いを簡単に説明します。

フロックコートのほうが歴史が古く、昔は、フロックコートで乗馬していましたが、コート丈が長いので、乗馬用に前裾を大きく斜めに切った形状に改良しました。これがモーニングコートです。どちらも昼間の正装ですので好きなデザインを選びましょう。

 

シンプルなタキシードがいい場合も


レストランウェディングやこじんまりとしたチャペルなど、小さめの会場の場合はシンプルな衣装の方が雰囲気に合います。ただ、あまりにシンプルすぎてもつまらないので、小物類などで程よくアレンジしてみるといいでしょう。

たとえば、黒のタキシードでも、ベストやネクタイを、黒ではなく光沢のある華やかな色にすると、メリハリがあって、おしゃれな雰囲気を演出できます。チェック柄のベストやタイを合わせれば、他の人とは違う洗練されたおしゃれを楽しめます。

シンプルなタキシードでも、ショート丈のものを選ぶと、程よくカジュアルな印象になります。一色の色で統一しつつも、ボタンや小物でアクセントをつけるものおしゃれな着こなしになるでしょう。

なお、会場の雰囲気が立派で、豪華であれば、少し凝った刺繍入りのタキシードというのも素敵ですね。

 

ドレスとの相性を考えましょう


ドレスとのバランス。新郎の衣装を選ぶ前に、まずは新婦のドレスを選びましょう。結婚式の主役はやはり花嫁ですから、新婦のドレスを選んでから、新婦を引き立てるタキシードを選びます。

例えば、ボリュームのある白ドレス(プリセンスライン・ベルライン・Aラインなど)には、存在感で負けない丈の長いモーニングコートやフロックコートが似合います。

マーメイドラインのように、スレンダーで大人っぽいドレスには、重く見えない丈の短い「ショートフロック」や「タキシード」がお勧めです。

また、シルク素材やレース素材など、重い素材のドレスには、ダークカラーを合わせたり、軽やかレース素材などには、新郎も、軽さが出せるライトな色、例えば、ベージュ・ライトグレー・シャンパンカラーなどがよいでしょう。

 

体型に合わせて選びましょう


タキシードは、体型にピッタリ合ったジャストサイズのものを選ぶことが、格好良く見せるための絶対条件です。また、体型に合わせて、選んだほうがよいタキシードの色や、デザインがあることも覚えておいたほうがよいでしょう。

例えば、太めの人は、濃い色の衣装を選ぶことをお勧めします。黒や茶色、ダークグレーなどは、痩せて見える効果があり、引き締まって見えます。

デザインは、フロックコートやロングタキシードなど、着丈の長いデザインがスタイル良く見えます。なるべく、縦のラインを強調し、体型をスッキリ見せるデザインを選びましょう。

やせている人は、ロングタキシードやモーニングコートなど、ウエストの位置を高く見せてくれるデザインがいいでしょう。痩せている人が、白いタキシードを着ると、さわやかで好印象を受けますよ。

 

いかがでしたでしょうか。

タキシードにはいろいろな種類があることをお分かりいただけましたか?デザインもそうですが、披露宴が行われる時間帯によってもコーディネートが変わります。

自分一人で決めるのはなかなか難しいですので、コーディネーターに、結婚式の内容を話し、どの衣装がふさわしか相談してみて下さい。彼らはプロですから、適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

結婚式は、二人のお披露目の場ですから、各々が、それぞれの衣装が似合って素敵なことも大切ですが、「二人が一緒にいるからこそ素敵」に見えることも大切なポイントです。

装いのフォーマル度やボリューム、色のバランスを考えて、式場の雰囲気や新婦のドレスとの相性が良いタキシードを選びましょう。

 

まとめ

新郎必見!自分に合うタキシードを選ぶ際に注意したい7つの点☆

・衣装選びは早めが鉄則です
・必ず試着しましょう
・ロングタキシードの場合
・フロックコートについて
・シンプルなタキシードがいい場合も
・ドレスとの相性を考えましょう
・体型に合わせて選びましょう