転職活動の面接に着る服装を上手に選ぶための7つの方法

転職活動の面接に着る服装を上手に選ぶための7つの方法現代の日本での就職観は、これまでの年功序列から、成果や業績主義へと時代の流れとともに変遷してきています。一つの会社で定年まで働き続けたい、という考え方もまだ根強い一方、逆に色々な仕事をして経験を積みたいという志向も若者の間を中心に広まってきているようです。

希望する新しい会社への登竜門となる面接で、どのような服装で臨めばいいのでしょうか。ここでは、転職活動の面接に着る服装を上手に選ぶための7つの方法をご紹介します。



 

転職活動の面接に着る服装を
上手に選ぶための7つの方法

 

1. まずは、清潔感が伝わる身だしなみを


男女ともに面接に臨む時は、清潔感と誠実さが伝わる服装を心がけてください。

頭の先から、つま先まで十分な心配りをしてください。派手だったり品のない服装は、絶対にやめましょう。これは、とても重要なことです。

 

2. 男性は、濃い系のスーツで臨む


男性の場合、職種や業種にかかわらず、スーツを着用してください。色は、黒や紺色、グレーなどの濃い色を選んでください。自分の好みだからといって、くれぐれも派手なデザインや色のスーツを選ばないようにしましょう。また、当日着ていくスーツを事前にクリーニングに出したり、アイロンをかけておくなどして、汚れやしわのないような状態にしておくようにしましょう。

しかし、ファッション業界などクリエイティブな仕事で、個性やセンスが試される業界だけは、話が別になります。

事前にその会社に行き、そこで働いている人の服装を確認・観察しておいたほうがベターです。自分らしい服装で臨んで、アピールをしてください。

 

3.男性は、白色のシンプルなワイシャツにする


男性の場合、ワイシャツは色柄物は避けて、ボタンダウン以外の白色のものを着用してください。白色に近い淡いものでも色付きのものでも、構いませんが清潔感で言うと、やはり色のない白色がベストです。

一般的な特徴として、ワイドカラーはネクタイとのバランスがとりにくく、レギュラーカラーのものは、様々なスーツやネクタイに合わせやすくなっています。

面接時に着用するスーツを確認の上、当日合わせるワイシャツはスーツのデザインや体型に合う襟型のタイプのものを選びましょう。

 

4. ネクタイは、自分の雰囲気に合ったものを選ぶ


ネクタイは、服装の中で一番、明るく目をひくファッションアイテムになります。派手すぎるデザインのものは避けたほうが良いのですが、スーツやワイシャツに比べると、わりと自由度が高くなるので、自分らしく、その人の雰囲気に合ったものを選んでください。

色は、濃い系のもの。例えば、赤、青、黄色のものがおすすめです。ストライプや小さい水玉模様、単色使いなど、シックな柄のものが無難です。

 

5.女性のスーツはオーソドックス色でもOK


男性と同様に、女性も一般的な職業の会社の面接に臨む場合は、スーツを着用します。黒、紺、グレーなど濃い系の色が無難ですが、オーソドックスな色であれば、構いませんので、参考にしてください。

相手に与える印象として、チャコールグレーなどの濃い色は知的でシャープ、ベージュなどの薄く淡い色は、柔らかく女性らしい雰囲気。
どちらも構いませんが、濃い色のほうが、一般的に顔映りが良くなります。応募先企業と自分のイメージや雰囲気に合って、印象が良いと感じるスーツを選んでください。また、派手なデザインや色、明るすぎる色のスーツは避けましょう。

ボトムスについては、女性の場合、スカートでもパンツでも構いません。キャリアアップや営業職を狙う場合、パンツスタイルがおすすめです。仕事がバリバリとできて、キャリアや実績のある人、という印象が強いからです。

また、事務職で制服のある企業また、受付、秘書など【女性らしい柔らかさ】を人材で求められる場合は、スカート着用のほうが好印象になるので、選びましょう。
自分の雰囲気やイメージ、に合うものを前提として、ボトムスを選んでみてください。

 

6.女性のインナーウェアは、シャツでもカットソーでもOK


面接時のインナーウェアは、シャツでもカットソーでもOKですが、まずは清潔感を第一にしてください。清潔感を出すのは、やはり白色のワイシャツがベストです。白色に近い、薄くて淡い色であれば少々の色付きでも構いませんが、濃い色や柄物のものは避けましょう。また、白色のシャツを着ることで、顔映りが良くなります。

カットソーを着る場合は、派手な色やカジュアルすぎるデザインのもの、胸元が大きく開いたものは避けてください。

シャツの汚れやしわは目立つので、面接の前日までには洗濯をして、アイロンがけをするようにしてください。

 

7. 女性のストッキングは、ベージュ色を選び、清潔感の演出を


足を細く見せたいので濃い色のストッキングを履きたい、との気持ちもわかりますが、清潔感を演出するために、面接の際には必ずベージュ色のストッキングを履くようにしてください。
くれぐれも、ストッキングが伝線したり、穴が開いていない等、注意するように。

 

いかがでしたか?
面接官は、第一印象の5分で、応募者の印象を決定付ける、と言います。外見や態度だけでなく、服装もその人の印象を決める重要ポイントを言われ、その後の印象は面接が終わるまで続きます。男女ともに、転職の応募者は【服装はその後の人生を左右する重要ポイント】という認識を忘れずに、面接に臨みましょう。

まとめ

転職活動の面接に着る服装を上手に選ぶための7つの方法

1.まずは、清潔感が伝わる身だしなみを
2.男性は、濃い系のスーツで臨む
3.男性は、白色のシンプルなワイシャツにする
4.ネクタイは、自分の雰囲気に合ったものを選ぶ
5.女性のスーツはオーソドックス色でもOK
6.女性のインナーウェアは、シャツでもカットソーでもOK
7.女性のストッキングは、ベージュ色を選び、清潔感の演出を