香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで

香典返しの手配法。お礼状の文面や品物の選び方まで
誰かが亡くなるとたくさんの人から香典を頂くことになるため、遺族は香典返しを用意する必要がありますよね。でも、どんな品物を選べば良いか、どんなタイミングで渡せば良いのか……と、考えてしまうこともよくあります。

以前誰かの葬儀に参列した時は何を頂いた?どんなお礼状が添えられていたっけ……と思い返しても、記憶に薄くて思い出せないという人もきっといるでしょう。近しい誰かが亡くなるなど、頻繁には起こりませんから、それも仕方のないことです。

しかしながら、香典返しやそのお礼状には、故人を代理して遺族が参列者へご挨拶をするという意味合いも含まれていますから、マナー違反になるようなことは絶対に避けたいものです。そこで今回は、香典返しのマナーや品物、お礼状の書き方などについてお伝えします

[ →続きを読む… ]

弔事のマナーは大丈夫?参列前におさえたい基礎知識

弔事のマナーは大丈夫?参列前におさえたい基礎知識
弔事とは、お通夜や葬儀などのお悔やみ事全般を指します。もしもそれらに参列することになったら服装を整え、香典を用意し…など、様々な準備をします。

この時、「そういえばこんな時はどうするのだろう?」「これはマナー違反かな?」と、ふと考えてしまうこともありますよね。

年齢を重ねれば、悲しいことですがその分弔事の機会が増え、自然とマナーが身についてくるものではあります。けれども、若い方や弔事に参列する機会があまりない方は、ひとつひとつの弔事が学びの場になっていくのかもしれません。

それでも非常識にならないよう、基本的なマナーは、前もって押さえておきたいものです。

弔事に関しては様々なマナーがありますが、ここでは「わかりづらい」と思われる項目を絞って解説します。何度か弔事に参列されている方も、おさらいの意味でご一読ください。

[ →続きを読む… ]

弔事マナーの基礎知識。はじめに確認する7つの事柄

弔事マナーの基礎知識。はじめに確認する7つの事柄

弔事のマナーは冠婚葬祭のフォーマルな場のなかでも、最も押さえなければならないものであり、また細かいものが多々あります。突然の訃報の連絡を受けた時、そんな弔事マナーを押さえた行動が出来るでしょうか?

「弔事マナー」とひと口に言っても、一般的な仏式の弔事からキリスト教、同じ仏教でも宗派による違いなど、その作法は様ざまです。その場で理解して使い分ける事は、多くの人が難しいと考えています。

また最近では、通夜がゆっくり執り行われることもあり、従来と違い「平服」では失礼になることも…。近年多い家族葬など、葬儀が多様化した現代だからこその新しい弔事マナーにも、気を付けなければなりません。

そこで今回は、はじめに電話で訃報を受けた時に、確認しておきたい事柄を、解説します。

[ →続きを読む… ]

弔事での礼儀とは。訃報を受けたら尋ねたい7つの事項

弔事での礼儀とは。訃報を受けたら尋ねたい7つの事項

弔事は非常にマナーが重視される場面であり、場所であります。日本で弔事と言えば仏式で行われることがほとんどですが、そのマナーをきっちりと理解し、把握をしてますか?弔事の礼儀には、どれも意味があります

礼儀を重んじるためには、まず目的や理由とともに理解すると、体に入ってきます。弔辞の作法を学ぶ内に、誰しもが「香典の書き方」であったり、「焼香の仕方」や「服装」など、いろいろと弔事のマナーに関する疑問が出てくるはず。

今回は、訃報を受けたらまずは尋ねることを意識して、弔事での基礎マナーとその意味合いを解説します。普段、いつも日頃からある弔事ではないですが、突然起こることでもあります。

しっかりと理解しながら把握して、大人として恥ずかしくない作法を身に付けて下さい。

[ →続きを読む… ]

突然頼まれた弔辞に困らない為に、基本のマナー教えます!

突然頼まれた弔辞に困らない為に、基本のマナー教えます!

訃報。

突然訪れる悲しい出来事に、胸が引き裂かれる思いをされる方も多いでしょう。まだ心の整理がつかない時に、ご遺族から指名を受けて行うのが弔辞の挨拶です。重責と感じる方もいらっしゃるでしょうが、ぜひ引き受けて、故人との思い出を振り返って下さい。

故人との最後のお別れ、これまでのお礼と共に、ご自身が感じた想いを、弔辞に乗せて話しましょう。今日は「弔辞のマナー」、基本構成順に例文も紹介していきますから、作成時のヒントにして下さい。難しい事はありません。

まずは、故人へ手紙を書くように、話しかけるように記載していけば良いのです。最後に客観的視点で読み返し、伝わりやすい文章、分かりにくい内容でないかチェックすれば大丈夫です。

故人へ対するあなたの気持ちを、あなた自身の言葉で表現して下さいね。

[ →続きを読む… ]