喪服を女性が着る時。立場と年齢によって違う礼服マナー

喪服を女性が着る時。立場と年齢によって違う礼服マナー
喪服は女性の場合、男性よりもさらに細やかな部分に配慮が必要ですよね。そもそも喪服は遺族が「喪に服している」ことを表すために着用するもの。参列者にとっては故人の死を悼み、哀悼の意と遺族への敬意を表すための「礼服」です。

つまり、遺族と参列者では意味合いが違い、喪服を女性が着用する際の形式も変わるものなのです。

また喪服の女性に限らず、服装は知らず知らずに個人の中身を人に知らしめます。例えば葬儀会場に、いくら黒い服装とはいえマイクロスカートノースリーブの女性が現れたら、誰もがギョッとしてしまいますよね。

喪服を女性が着る時はただ「黒い服を着ればよい」のではなく、できるだけスマートに、似合うものをマナーに沿って美しく着こなす喪服女性の礼儀が、故人への敬意にもなります。

そこで今日は、立場や年齢によって変化する「喪服女性のマナー」についてお伝えします。ではご覧ください。

[ →続きを読む… ]

結婚式の親族の服装☆女性の7つのフォーマルスタイル

結婚式の親族の服装☆女性の7つのフォーマルスタイル

結婚式の親族の服装は、ホストとして押さえるべきマナーが多々あり、心配になるものです。母親であれば「黒留袖」が定番で、8割を占めていますが、特に姉妹や叔母・伯母の立場になると、迷うもの

さらに母親であっても、新郎新婦の相手方への配慮などもあります。そのため事前に両家で結婚式の親族の服装について、話すケースも多くあります。結婚式の親族の服装と言えば、和装。定番の黒留袖色留袖なら、式場などでのレンタルも出来るケースが多いです。

ただし最近では結婚式会場やスタイルも多様になり、場所によっては洋装が適しているケース、または「着付けをお願い出来ない…。」などの状況もあります。

どのような場所挙式スタイルでも、美しく結婚式の親族の服装を選んで、大切な新郎新婦をお祝いしたいもの。今回は親族の女性が選びたい、7つのマナーを押さえたフォーマルスタイルを解説します。

[ →続きを読む… ]

喪服女性の礼儀。社会人一年目で間違えやすいタブーとは?

喪服女性の礼儀。社会人一年目で間違えやすいタブーとは?

喪服女性の礼儀として、単純に「黒い服を着れば良い。」と言うものではなく、アクセサリーや足元まで、実は数多くのタブーやマナーが見受けられます。ただ、最近では意識して情報収集をしないと、喪服女性の基本マナーが見に付けられない、「暗黙の了解」のようになっています。

なるべく着る機会がない方が良いけれど、どうしても出番が来てしまう喪服。特に社会人一年目あたりでは、いざ着る時に「喪服女性のマナーがわからない!」と言うことも多くなります。

なんとなく「服装や小物を黒で、地味にまとめておけばOKでは?」というイメージもありますが、そもそも故人に哀悼の意を表す「礼服」。もっと大切に考えなければならない服装なのです。特に女性はおしゃれの猶予がある分、反対に喪服女性のマナーを意識して押さえておかないと、タブーに掛かる可能性大なのです。

そこで本記事では、社会人になったら意識すべき、喪服女性の基本マナーを解説します。社会人なら、どんなに若くても大人の仲間入り。大人の女性のたしなみとして「喪服女性のマナー」をぜひ頭の片隅に入れておいてください。

[ →続きを読む… ]

結婚式の靴こそ意識して!見られる7つの足元マナー集

結婚式の靴こそ意識して!見られる7つの足元マナー集

結婚式の靴にも、ゲストの品が問われるマナーがある事を、ご存知ですか?結婚式に招待されたら「どんな服装で出席しようかな?」と迷う人も多いもの。けれども案外気を抜きがちなのが、実は結婚式の靴なのです。

結婚式は新郎新婦にとって一生に一度の大切な儀式。もちろんゲストもきちんと自覚を持って、服装や髪型に気を付ける必要がありますが、結婚式の靴もそのひとつにあたります。足元マナーから、スタイルを決める人もいるほどです。

そこで今回は、意外と抜けてしまいがちな、結婚式の靴に注目し、実は外してはならない礼儀・マナーをお伝えします。「オシャレは足元から。」という言葉があるように、結婚式に出席する時は足元マナーも徹底する必要があります。

この機会にぜひ、結婚式の靴がマナーに沿ったものか、確認してみて下さい。

[ →続きを読む… ]

礼服・女性用のフォーマル。お悔やみの場のマナーとタブー

礼服・女性用のフォーマル。お悔やみの場のマナーとタブー

礼服を選ぶとき女性用ならばちょっと注意が必要です。男性であれば礼服として1着ブラックフォーマルとお葬式用に黒いネクタイを準備しておけば間違いないですが、女性用のブラックフォーマルは色々なタイプがありますので、どれが正式のものなのか迷ってしまいます。

突然のことなので黒い服を着ていけば良いでしょう、と考えたら大間違いです。お悔やみの場で場違いな服装をしていくと後後まで、ご遺族や他の参列者に常識がないという印象を残してしまうことになりかねません。

そこで今日は礼服・女性用のフォーマルのマナーとタブーについてお伝えします。ブラックフォーマルは突然必要になることが殆どですから、成人したら、社会人になったら平時のうちの準備しておくことをお勧めします。

[ →続きを読む… ]