初七日

法事でのマナー

初七日、現代のスタイル。喪主の選択肢と7つの段取り

初七日法要は、故人が亡くなってから七日目に行う法要です。忙しい現代では初めて喪主をする時、葬儀のすぐ後に初七日をしても良いものか、迷う方も多いですよね。 しかし、最近では葬儀をした後、再び初七日法要で参列者が集まるのが難しくなってきたこともあり、葬儀の日に初七日法要を済ませてしまうケースが増えてきました。 ...
葬式マナーについて

初七日法要の準備。喪主がおさえるべき5つのポイント

家族が亡くなれば、役所への届け出の他、通夜や葬式、初七日の段取り等、喪主として様々な段取りを取り仕切らなくてはいけません。大切な人が亡くなって、それだけで辛くて何も考えられなくなるかもしれませんが、喪主という立場であった場合、故人をきちんと送り出すためにも法要はきちんと済ませ、供養をして差し上げたいですよね。 ...
葬式マナーについて

初めての弔事に慌てない!知っておきたい初七日の知識

故人が亡くなって初めに行われる法要が「初七日」ですが、何をどのように進めるのかわからずに慌てたり悩んだりすることもありますよね。喪主や遺族になることは何度もあることではありませんし、聞こうにも経験者が周りにいないことの方が多いでしょう。しかし、お別れの悲しみはいつ訪れるかわからないものです。 お寺や葬儀社のサ...
法事でのマナー

初七日の法要。喪主がやるべき準備とは

初七日は本来、死亡した日にちを1日目と数え、そこから7日目に行われる法要のことをいいます。 しかし葬儀の後、参列者(特に遠方からの近親者)が再び7日目に集まるのが困難なこともあり、最近では、葬儀当日の遺骨迎えの法要(還骨勤行)と合わせて行うことが多くなっています。 また、告別式のお経のあとに続けて、初七...
法事でのマナー

初七日法要の行い方。当日までに喪主が進める準備と方法

初七日法要とは、故人が「亡くなられた日を1日目として、その日から7日目に行う法要」のことです(亡くなられた前日を1日目とする地方もあります)。 仏教では亡くなられてから7日ごとに7回、故人の生前の行いに対する裁きが行われるとされています。初七日はまさに「最初の審判」の日ですので、無事に三途の川を渡って冥土に行...
葬式マナーについて

初七日法要はいつ行う?葬儀後の流れと準備すること

どなたか親しい人が亡くなった時に、「初七日」という儀式に参列したことがあるという人も、きっといますよね。場合によっては、葬儀に参加したらその場で初七日の法要まで一緒に行った、という状況もあるでしょう。 ですが、この儀式を何のために行うのかは、実はあまり知られていません。誰かが亡くなるとどうしてもバタバタとして...
社会人としてのマナー

初七日とは?知っておきたいお葬式の基礎知識

お葬式のことはある程度分かっていても、「初七日」となると分からないことも多いですよね。お通夜、告別式、精進落としや直会(なおらい)、初七日、四十九日…いったいどこまで参列するものなのでしょう。 お通夜や告別式には参列したことがあるけれど、初七日、四十九日ともなると参列した記憶がない方が多く、家族や親戚でない限...
法事でのマナー

初七日の当日の流れとは。喪主が抑える7つのマナー

初七日は、人の死後七日目にあたる日に行う法要のことで、亡くなられた方が無事に極楽へ行けるように、読経したり焼香したりします。 初七日の数え方は、亡くなられた当日を1日目と数えるところが多いですが、地域によっては亡くなる前日を1日目と数えるところもあるようですので、数え方には注意が必要です。 初七日を行う...
法事でのマナー

初七日を執り行うために。喪主が押さえるべき7つの手順

初七日は、故人が亡くなってから7日目に行う法要だということは、喪主をつとめたことがない人でも、何となく知っていますよね。 確かに初七日は、亡くなった日から7日目に執り行う故人を供養するための法要のことです。ただ、「なぜするのかや、どういった段取りで行うものなのかまでは、詳しく知らない…。」という人もいるのでは...
タイトルとURLをコピーしました